cityofangels

2017年01月30日

寿命日記 生きるか、生かされるか編

201701010

日本でご長寿と言えば、きんさんぎんさん・・・当時、100歳を超えてもそのお元気な姿にビックリしたものよね…人間の寿命は永遠のテーマだけど一体最高幾つまで生きられるものなのかしら?

米の医科大学最新研究によれば最高寿命の上昇は1990年代にその終点に到達していることがわかったの…因みに最高寿命は1997年に122歳と164日でなくなったフランス人女性で、その後は横ばい状態が続いているんですって。

最近は医療、栄養、生活状態が向上し平均寿命が伸び続けているものの群を抜いて長寿命の人は以前ほど高齢に達していないそう。

専門家によれば今後長生きする人もいるかもしれないけれど125歳まで生きる確率は1万分の1に満たないのだとか…そもそも”寿命”は個体が生存する期間がどのくらいかを表し”最高寿命”はある生物種に即する最も町名の個体が到達する年齢を指すの…そして”平均寿命”はある年齢層の人々は持つ読み込まれる余命の平均値で、社会福祉の尺度となっているわ。

調査によると平均寿命は19世紀以降全世界に於いて連続的に上昇しているそうよ…これはやはり医学の進歩と生活の質の上昇によってもたらされたと言って良いのかもね…そう考えると自然な状態とは言えないし悪く言えば生きながらえさせている状態なのかもしれない。

今回の研究で改めて人間の最高寿命は限定されており自然の成約を受けるものであるということがわかった訳だけれど、不老長寿に果てしないロマンを求める人類にとっては絶望的・・・しかしここから従来型の医学の進歩に依存せず新たな方法を見出そうとする猛者が登場するかもしれないわ。

個人的には寿命を延ばすより日々人生の締め切りに追われると仮定して精一杯生きていたいと思うのよね…だっていつ何時何が起こるかわからないし、生きている間は自分なりに意味のある時間を刻んでいたいから・・・命あるもの、終わりがあるからこそ美しい。

そう言えば人に堕落する事で寿命を得た「city of angels」…それは堕落で無く生きる価値だったのよね。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)