Modiste

2013年08月27日

帽子日記1 華咲く麦藁たちModiste編

20130815最近仲良くさせて頂いている、素敵な雑貨屋「C'EMOST(セモア)」さん…青山ベルコモンズ1階で、フランス直輸入の小物やオリジナルのアクセサリーを置いているお店なのだけれど、こちらの店長とスタッフの方は美人揃いでセンス抜群なの。

一歩店内に足を踏み入れれば、小粋な小物やアクセサリーが絵画のように並び、見ているだけでお洒落なパリジェンヌになった気さえしてくるわ。こちらのお店でセレクトされた作品は点数が少ないので、一目惚れしたらすぐ家に連れ帰らないと後悔してしまう・・・で、早速一期一会の出会いが待っていたわ!それが「Modiste」の帽子なの!!

こちらの作品はフランスで帽子のお勉強をされた谷口さんという女性アーティストのもので、ひとつひとつが手作り。そっと掛けて置いたとき、被った時のフォルムが実に女性らしくて美しいの。何度か見ているうちに「これは家に連れて帰らないと・・・!」という欲望が募り、なんと何度か通い3つもお買い上げ!自分のコレクションに麦藁帽子が無かったので、今年は1つくらいと思っていた矢先にこんな素敵な出会いがあり破産寸前よ。

1つ目は被った時に波打つラインが非常に美しいつば広のタイプで、縁のレースと中央のリボンが黒のアクセントになっていて実にエレガント。日差し除けとして申し分ないし、とにかくその優雅さはうっとりしてしまう。レースのワンピースを合わせてしゃなりしゃなりと歩けば、マドモアゼルの完成よ。

2つ目は普段使い用に…凝った黒のリボンレースがアクセントになっているパナマタイプなの。前者がかなりエレガントなので、大好きなスタトレTシャツにパンツスタイルに合わせても格好良いものと思ってお持ち帰り。頭が入るクラウンの部分の高さが丁度良く、丸顔が全く目立たないという優れものなのよ。これはまるで特別発注したみたいよ!店長が私に凄く似合うと特に薦めてくれたのだけど、大正解!

3つめはこれまたつば広だけどクラウンがやや低く、大胆な臙脂のリボンが付いているもの。1つ目のエレガントさと2つ目のクールさを足した感じね。こちらも個性的で、Tシャツでもワンピースでも相性抜群よ。

デザインや細かいディテールのさることながら、額にあたる部分に布が貼ってあったり、作品の世界を壊さないように細い紐が付いていたりとお気遣いも素晴らしいの。愛でても、被っても、長くお付き合いできるように至る所に創意工夫が・・・実にお見事!

今年の猛暑はこの3つの作品が大活躍しているのよ!麦藁を格好良くこなすように出来たら本当のお洒落よね。秋口から「Modist」はヘッドドレスやカチューシャなど新作が次々お目見えするそうなので凄く楽しみよ!是非皆さんも夏を楽しんでくださいね!

【Modiste】
http://atelier-dartisane.com

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)