ESCAPE

2016年11月01日

BMW films日記1 復活編

20161101

BMW filmsと聞いて、あ!と思った人はかなりの映画通…今から15年前の2001年にあの高級車BMWが自社の車をテーマにショート映画をリリースしたのよ。

BMWなので、綺麗に撮影された同社の車が煌びやかにCM的映像化されてると思ったらビックリ…登場するのは勿論BMW車なんですが、その扱いが実にシュール。何作品かあり、どれもが実に奥深い設定になっているのです。

当時、一番印象に残ったのが今は有名になってしまったガイリッチー監督作品。主演はマドンナ…もしかしたらコレをキッカケにお付き合いとか・・・。それはさておき、内容はマドンナがLIVE会場もしくはレセプション(記憶が定かではありませんが・・・)に時間通りに到着できそうになく、運転手に「定刻通りにつけろ」と命令します…ドライバーは冷静に「了解しました…」と、ここからが凄い。

もちろんその車はBMW…恐ろしいドライビングテクニックでタイヤをキーキー鳴らしながらショートカットで都市を右に左に疾走…もちろんマドンナはその都度車内で過酷なGに怯えおののき息をするヒマさえありません…そして、会場に見事定刻通りに到着・・・で、ドアマンがBMWの後部ドアを開けると、何とマドンナは失禁しているじゃありませんか・・・。

いやービックリしました…BMWの中でマドンナがおしっこお漏らしですから…これがオチになるわけですから素晴らし過ぎます。他にも、BMW車が戦争での棺がわりに兵士の死体を運ぶ作品があったり、正にゆりかごから墓場までの映像化ですよね。

あくまでもPR的な戦略なんですが決して車を美化するのではなく、道具として、家族として、時には犠牲的視点で物語を支えているのです。知る人ぞ知る作品集でカルト的に語りつがれ、今ではメジャーな監督の才能を見事に開花させたBMW filmsなのでした。

そんなBMW filmsが今年復活!!…その第一弾が10/28にオンラインでリリースされたのです…監督は「第9地区」ニール・ブロムカンプで「THE ESCAPE」…なにやら違法な人間クローン実験で生まれた女性をESCAPEさせるような展開…本編は是非オンラインでご覧になって下さいね。

当時YouTube等の映像メディアが無い時代に、いち早く配信での上映を試みたのですからたいしたものです…米ではNETFLIXやAmazonが市場を活性化してますが、相変わらず日本はダメダメですね。作り手も国内の仕様もない映画祭で肩書きを得ようとしてるインディペンデンス系監督も含め、自身で切り開く姿勢と意欲と知識が足りなすぎます…環境のせいにしてもダメダメ…スポンサーとクリエイティブが高次元で結びつくとこの様な作品を生み出せるという見本なのです。

「THE ESCAPE」についてはまた後ほど。

【BMW Films】
bmwfilms.com


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)