007

2016年01月22日

007日記6 カジノ・ロワイヤル、飾り結びは両結び・・・編

20160108最新作「スペクター」より前の007シリーズを逆行しダニエル・クレイグ初ボンドである2006年「カジノ・ロワイヤル」を鑑賞…やはり特筆すべきは、ボンドガールにエヴァ・グリーンという最強キャスティングかしら。

ダニエルボンドガールズの中で「スカイフォール」の”M”に匹敵する存在感の強さ・・・あの大きな瞳に魅入られたら最後、ボンドもイチコロよ。

以降ボンドガールの影が薄かっただけに、あの抜きん出たエヴァの美貌と知的さは007シリーズの中で伝説となり得るわ。彼女あっての新007幕開けといっても過言では無いかも・・・。

ストーリーは殺しのライセンスを得た若き日のボンドを描いたものよ…彼は国際テロ組織の資金運用ネットワークを絶つという任務を受け調査をすすめていくうち、ル・シッフルという男に行き当たるの。ボンドの横やりで資金を回すことが出来なくなった彼はモンテネグロのカジノで得意のポーカーにより資金を増やそうと目論むのだけど、そこにボンドと財務省のヴェスパーが乗り込みゲームに挑むいう007シリーズらしいゴージャスな内容になっているわ。

あれほどポーカーフェイスで洒落者であるというボンド像が”きちんと”初々しく描かれているのも本編の魅力のひとつかしら…人を信用し、愛を信じ、仕事に一生懸命打ち込む姿は、格好よさというよりも母性をくすぐられるひたむきさを感じるわ。

カーチェイスなどのアクションやポーカー対決などエンターテインメントな見どころは幾つもあるけれど、やはり見どころはボンドの純粋な愛情ね・・・エヴァ演じるヴェスパーへの好意を抱く冒頭のやり取りから生涯忘れられない愛へと移りゆく様は切ない。

ボンドに対しクールに対応していたヴェスパー・・・そんな彼女が銃撃戦後動揺し膝を抱え服のままシャワーに打たれ、そこに彼女を気遣うボンドがそっと彼女の横に寄り添うというシーンがあるのだけど、ロマンスの要素が強いこのシリーズでは必要な演出だろうし”一般的”にも気障すぎない美しいシーンなのだろうけれど・・・彼らの状況や内面を考えると少女漫画ぽい雰囲気を感じてしまったかも。

幸い自分のダニエルボンドは「スカイフォール」が初見なので、どうしてもボンド達の内面を掘り下げて見たいと思ってしまう。そういう意味合いで、伝統的な007らしい演出はちょっと鼻につく部分があるけど、ボンドのタキシードの着こなしと肉体美、ヴェスパーの外見だけではない真のゴージャスさは圧巻!!…そして彼女の大きな瞳と知的な口元が優美に物語る感情・・・美と魅力を具現化するというのはまさにこのことかもしれないわ。

ボンドが007を辞してまで愛を貫きたいと決心させたヴェスパー・・・それは決して若気の至りでは無く、運命としか言い様が無い…最終的にボンドは彼女と最も苦しい決別をする事になってしまうけれど、それがクールな007を生んだ要因だとするとかなり切ないわ・・・最後にMが母親のようにさり気なくボンドを気遣うのが良い感じなのよね。

ヴェスパーの身につけていた愛の飾り結びは真実を突きとめるためのヒントとなるのだけど、決して片結びではなかったという事が救いかも…この恋はボンドにとって生涯忘れられ得ぬものであり、教訓であり、傷であり、安らぎなのかもしれないわね・・・ふぅ。

この後180度旋回し、あの「300:帝国の進撃」では見事残忍な女王を演じたエヴァ・グリーン…ボンドの後はギリシャの猛者を堕とした模様よ…これからも彼女から目が離せないわ!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年01月07日

007日記5 タイムスリップしたブロフェルドの猫!!!編

20160102007最新作「スペクター」を見てから熱冷めやらず・・・と関連商品を見ていたら、なんとSwatchの粋な企画を発見!

過去の007シリーズの悪役をイメージした腕時計が販売されるとのことで「ドクター・ノオ」のドクター・ノオから「ゴールドフィンガー」のオッド「女王陛下の007」のブロフェルドなどなど、彼らのイメージを彷彿とさせるデザインが目白押し。

そして最も目を引いたのは「007は二度死ぬ」のブロフェルドの猫バージョン!!…やはり旬のブロフェルドは良いけれど、あのフサフサペルシャ猫をイメージするなんて、なんてセンスが良いのかしらと感心してしまったわ。

世界限定200個のコンプリートセットもあり、そこに付属されてる小冊子の表紙がやはりブロフェルドの猫!!思わず触手が動いてしまった。

因みに猫バージョンはその白い毛並みがモチーフで憎いことにスペクターの紋章付きのチャームが揺れる仕組みになっているニャーン。あああら、失礼

文字盤には1時の部分に肉球マークがついていて、女性が身につければ可愛いらしい印象・・・でもブロフェルドの猫だニャーン、なんて自慢のひと品になることは間違いない!!と思いSwatchサイトを見ても情報が全くなし。

オメガの店頭ではあれほどダニエル様が宣伝されているのにおかしい・・・しかもよく見ると「スカイフォール」のシルヴァのバージョンが見当たらない・・・と、よくよく見てみると・・・・・・なんと今から7年前2008年の記事だということが判明・・・これはもう既に世界的に完売済みで入手不可。

悲しみに暮れながらそんな前の記事を挙げてくれるなとSwatchを逆恨みしていると、なんとSwatchコレクターの方から猫時計を譲って頂けるという連絡が・・・!!人生悪いことばかりではない…海外便と聞いてワクワクソワソワ・・・そして遂に家に到着よ!

パッケージはやはりあの白猫ちゃんニャーン!!そして時計は思った通りキュートなデザインで真っ白なバンドは腕にピッタリの細いタイプ。スペクターのタコ紋章のチャームが揺れて実にチャーミングよ。外で使うと汚したりチャームを無くしたりしてしまいそうなので特別な日にだけ使うことにして後は戸棚に飾って毎日見ているのよ・・・ふふふ。

しかし物というものは欲しい人の所へ届く物なのかしら…こうやって猫時計が家に来てくれたのも何か縁があるからに違いないものね…遂に自分の時計コレクションの中でも最も貴重な1本を手に入れたことだし、あとはいつ身につけて出かけようかしら・・・ニャーン。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年12月19日

007日記4 スペクター編

20151210007最新作「スペクター」…前作「スカイフォール」では鬼才サム・メンデスがボンドの人間らしい部分を掘り下げ”大人の007”を見事に創り上げたわ。

そんな彼が描く最新作はどんなボンド・ワールドなのか・・・監督は今回もサム・メンデスと公開前から興奮状態…堪能後の感想としては、よくもこれだけ多くの要因をエンターテインメントとして纏められたものだ!!と感心したというのが正直なところね。

王道007スタイルやジョークの取り込み、更にオメガやビールや車等々のタイアップが以前にも増して目立ち、セリフの一部がそのまま時計の宣伝に使えるような「時を刻む・・・」などと、大人の事情が見え隠れしたわ…主題歌もちょっと。。。

物語の深み、というよりはエンターテインメント性を重視した、これまでの007シリーズを踏襲した感は否めないけどアクション・シーンの見ごたえは十分…お決まりのボンド・ガールとの関係はメンデス監督らしいさっぱりとした描写になっていたのが好感を持てたわ…一方でレア・セドゥ演じるボンドガールの印象は非常に薄く残念・・・。

物語はMの死後ある男を調査し殺害してほしいというMからの極秘メッセージがボンドの元へ届き、彼はメキシコ・ローマへ渡り調査を開始。その頃ロンドンでは国家安全保障局のトップに就任したデンビがMI6は過去の遺物であると主張しその存在を消し去ろうとしていたの。

ボンドはQ、マネーペニーはボンドの協力を得てM悲願の悪の組織スペクターの存在を突きとめる事が出来たが、そこで思いがけない自分との関係を知る事になるのよ。007シリーズで欠かせない「スペクター」のトップである”ブロフェルド”の存在・・・白い猫に指輪がトレードマーク…歴代の演じ手の中では「刑事コロンボ/別れのワイン」で怪演を見せつけたドナルド・プレザンスの印象が特に強いわ。

今回演じたクリストフ・ヴァルツも独特で良いけれど、どこか物足りない気がするのよね…前作で登場したシルヴァと今作のブロフェルドは同じ組織に属し偏執的な愛情を極めるという共通点があるけれどシルヴァの印象深さの方が脳裏に焼き付いているわ…おまけにダニエル版007主要キャラ総決算という一部写真であっても豪華な出演陣を纏める苦労もそこここに窺える。

ですが今回も活き活きとダンディズム・メーターを振り切ったボンドには拍手ね!!…そして世界の女子が狂喜乱舞するQとの絡みも増え、そこここ見どころ満載でとにかく飽きない。

白いタキシード姿のボンドは美女をエスコートし最新鋭の車をぶっ壊し、とどのつまりは颯爽とアストンマーチンで去る・・・絵空事のような色男アイコンを完璧に演じきったダニエル・クレイグはやはり格好良い!!のひと言よ。次作でもその艶姿は拝めるかしら!?。

因みにポスターは北米IMAXシアター用で印象的なオープニングのメキシコの『死者の日』ヴァージョン…ガイコツダンスが素敵です…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年10月15日

007日記3 シャーリーからポールまで音楽編

20151007映画007シリーズに於いて、もうひとつの主役はやはりテーマ曲。

最近作アデル「スカイフォール」は素晴らしいけれど、歴代の作品を彩るテーマ曲も歴史的名曲ばかり…その作品を集めた1989年発売の「THE BEST OF BOND」(写真は最近の50周年物)を改めて聴いてみたわ。

かの有名なMonty Norman Orchestraの「James Bond Theme」から始まり、実力派アーティスト達が描き出すボンド・ワールドに満腹状態よ…でもやはり不動の1曲はシャーリー・バッシーの「Goldfinger」かしら。

恐らく当時はオケに歌一発録りの時代、若きシャーリーの声量が並外れていた事とマイクの性能が起因してとてつもない迫力あるボーカルに仕上がっているのよね。近年、音楽祭でシャーリーがキーを下げて歌っていたけれど、その威厳に満ちた歌声は今なお健在で素晴らしかった。

彼女は「Moonraker」や「Diamonds Are Forever」でスロー且つダイナミックな楽曲を歌い上げ、007を代表するディーヴァと言えるわね…濃厚且つ攻撃的な声質の中に深い情愛を感じずにはいられない。

男性アーティストではまずトム・ジョーンズの「Thunderball」…とにかく声が若い!!のだけれど、やはりホーンセクションに埋もれることの無いパワフル・ボイスとレンジの広さは圧巻、いや圧聴ね。

そして初期のシリーズでオーケストレーションの見事さと渋いボーカルで唸らせられたのはマット・モンローの「From Russia With Love」よ…この低音の魅力には参ってしまうけれど、映画が映画らしくあった良き時代の香りが感じられ、展開もメロディーラインも王道ながら耳に残るわ。

そして近代ではポール・マッカートニーの「LIVE AND LET DIE」が印象深いわね…実はこの曲を初めて聴いたのは、GUN’Sバージョンだったのよ。この楽曲の肝はやはり展開の面白さ・・・!ポール・マッカートニーはさほど興味は無かったけれど、この1曲でメロディーメーカーとしての才能を改めて思い知らされたわ。

こうして様々な年代の作品を聴いていると、それぞれの良さが際立って面白い。

この後もアリシアやアデルなど素晴らしいアーティスト達が007を引き継いでいき、更に歴史が紡がれていくのね。ひとつ残念なのは、故エイミー・ワインハウスの楽曲が実現していたら・・・ということよ。きっと彼女なら渋くてクールなボンドさながらの世界観を創り上げたに違いないもの。

でもここからは、若き次世代のアーティストに頑張ってもらわなくては!そしてダニエル・クレイグのあとを引き継ぐのは・・・やはり・・・。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)

2014年07月21日

007日記2 Never Say Never Again編

20140718007最新作「スカーフォール」から遡ること29年…ショーン・コネリーがボンドを演じた最後の作品である1983年公開「ネバーセイ・ネバーアゲイン」を鑑賞。

原作の映画化権は買ったものの、権利関係のしがらみでオリジナル・シリーズとして含まれず、あくまでもスピン作品なインディペンデント作品として歴史に刻まれた本作。

そのアイディアの斬新さやエンターテインメント性はボンド作品として記憶に残る秀作と言えるわね。監督は「STAR WARS/帝国の逆襲」のアービン・カーシュナーよ。

ショーン・コネリーはハンサムでタフ、ウィットなジョークと美女を好むというシリアス且つコミカルなボンド像を確立したけれど、1971年公開「ダイヤモンドは永遠に」から12年を経た今作でもその魅力が溢れているわ。

物語は冷戦中、NATOの核ミサイルが犯罪組織スペクターに強奪されるの。この事件を解決すべく特命を受けたのが我らが007。丁度彼は、新任のMから怠惰になった体を鍛え直すよう治療施設に送られており、ここでスペクターの女殺し屋ファティマと遭遇。事件を追い地中海へ向かったボンドは、そこで大富豪ラルゴ、彼の愛人である美女ドミノと出会うのよ。ボンドはラルゴがスペクターのNo.1であり、ドミノの兄を己の陰謀のために殺害したことを暴き、遂にスペクターとボンドの戦いの火ぶたが切られたの。

とにかく面白いのは、ボンド・ガールが敵と味方に1人ずつ存在するということね。キム・ベイシンガー演じる悲劇のヒロイン、ドミノはその清楚な美しさが際立っていたけれど、ボンドを単タンゴを踊るシーン以外さほど印象に残らなかったわ。

しかしながら、バーバラ・カレラ演じるファティマの存在感は非常に大きく、まるで"悪の華"が咲きほこったような妖艶さ!モデルだけあって個性的で華やかな衣装の着こなしは抜群、しかも仕事においても、女としても非常に高いプライドを持つ悪女を見事に演じきっているわ。

最大の見所はボンドを追い詰めたファティマが落ちていた紙に「今までの女性の中で『ファティマが最高』と書け!」と命じるシーンね。ビニールのサルエルパンツにヒールで銃口を向け、理不尽な命令をする姿は格好良いなんてもんじゃない・・・痺れます!彼女ほどの美女でも、数々の浮き名を流した"ドン・ファン"ボンドは別格だったという事なのかしらね。

最終的に彼女はボンドのペン爆弾で爆発するという悲惨な最期を迎えたのに、どことなく潔さと爽快感を感じるのも魅力的よ。彼女の登場は靴に始まり、靴に終わる・・・これも心憎い演出だわ…「スカーフォール」にも体を鍛え直すボンド、ペン爆弾など今作の要素が盛り込まれているのも興味深い。

Blu-ray版では日本語吹替にフジテレビ版、テレビ朝日版が収録されているのだけど、やはりファティマは田島令子版がしっくりきて良いの。更に007テーマ曲使用が不可能な為、ラニ・ホールの歌う同タイトルのソフトなボーカル曲がオープニングとエンディングに流れるのも新たな切り口で面白い。

とにもかくにもオープニングから本編に入るまで007らしいフォーマットは皆無、度肝を抜かれる導入部分に良い意味で裏切られたのも見所のひとつかしら。しかもショーンのあの甘いマスクでウィンクして纏めたラストは、王道ながら文句無し。

こういった色男的所作や楚々と放つボンド・ジョークは彼だから成立するのだなと、王者の風格を堪能させてもらったわ。老いても新しきを以て去る・・・とでも言うべき心憎さよ…日本でも「ルパン3世」などの作品でボンドのような所作を真似たり、未だに悪役が猫を撫でて登場するスタイルは定番だし、影響力は計り知れないわね。さてさて、007はまだまだ続く・・・二度とゴメンだ、なんて言わないで下さいね。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)

2014年07月05日

007日記1 スカイフォール編

20140704「007」シリーズ…これまで老舗娯楽映画の代名詞というイメージが強かったわ。テーマ曲、派手なアクション、美貌のボンド・ガール…様々なフォーマットが定着し他作品にも影響を与えて続けているこのシリーズ。

おおよそストーリーの想像はつくので敢えて見ようとは思わなかったけれど、2012年「スカイフォール」はあのサム・メンデスが手掛けているという事もあり、じっくり鑑賞。

ロンドン五輪開会式でエリザベス女王と共に登場し名実共にボンドとなったダニエル・クレイグ第3作目であり、007シリーズ誕生50周年記念作品…これはただ事ではない!と期待大…その期待を上回る、これぞまさに「アメリカン・ビューティ」ならぬ「イングリッシュ・ビューティ」な秀作よ!

これだけ歴史のある大作になると、ジェームス・ボンドのイメージが定着しているから、新たなボンドを打ち出すため相当のクラッシュ&ビルトが必要だわ。しかし、ダニエル演じるボンドはより人間らしく、仕事に対するクールさやちょっとしたウィットさも絶妙で、「ボンドは実在する」と確信させられたわよ。

当時42歳という若さでありながら、男の悲哀と苦悩をがっちり演じきる渋面にノックアウト…久しぶりに"良い男"というものを魅せて頂いたと言えるわね。

ストーリーはMI6のエージェント、ジェームス・ボンドが、NATOの諜報部員の情報が記録されたハードドライブを取り返すべく組織を追い詰めるの。上司Mは同僚の保護より敵の追跡を最優先にと指示を出し、その結果ボンドはアシスタントのイヴのミスで撃たれてしまう。暫しの間、死人として休日を楽しむボンドだったけれど、MI6の本部が何者かに爆破され、Mが標的になっている事を知り帰還するの。

敵を追い上海で謎の美女セヴリンと接触し、ようやく黒幕が登場。何とその正体は元MI6のエージェント、シルヴァだった!シルヴァはMに忠誠を誓いながらも、任務で拷問を受けた際自決を図るも死ねずに顔が崩壊した事で彼女を憎み、執着していたの。最終決戦はボンドの生家「スカイフォール」が舞台となったわ。

ボンドはボンド家の管理人であるキンケイドと共に知恵を使い、シルヴァの強靱な武器に対抗し死闘を繰り返したわ。しかし最終的にMは「自分はひとつだけ正しかった」とボンドを復帰させた事に満足し、息を引き取ったの。

「スカイフォール」はイヴやセヴリンのボンド・ガールは単なるフォーマットであって、真の主役はMね!そしてMを中心に、ボンドとシルヴァの3人の関係が色濃く描かれている。

ジュディ・デンチ演じるMはさすがの風格だけど、ハピエル・パルデム演じるシルヴァは狂気に満ちた偏執ぶりは圧巻!左の鎖骨を失った為入れ歯を装着しているのだけれど、その為に鼻の穴の大きさが左右違っているという演出も見事よ。

個人的に好きなのは初めてボンドと対面した際、シルヴァがボンドの両足をスッと撫でるシーンね。欲しい物は手に入れる、そんな彼の考えの片鱗を垣間見れたし、ボンドガールとのやり取りよりセクシーだったわ。

更にMを追い詰めた際に彼女を「ママ」と呼び、銃撃戦で受けた彼女の傷を心配し、お互いのこめかみに銃を付け共に死のうと訴える姿には、男女や親子などの意識を超えた愛情を感じ切なさえ感じたの。悪役はやはり悲愴感があって初めて演じられるもの・・・素晴らしい!

本編だけでなくアデルが歌う「スカイフォール」もクールだったわ…丁度Mのクレジットの部分で十字架が重なる様になっているのよ。彼女が最期を迎えたのもスカイフォールの敷地内にある礼拝堂…この時点で彼女のラストを匂わす演出が施されていたとは憎すぎるわ。

他に武器担当のQがオタクな青年だったり、古きを温めて新しきを斬り込んでいくという方式には関心させられる。自分にとってこの007が最初なので、これから遡って見ていこうと目論見中なの。しかしながら、ダニエル・ボンドが今後半永久的に定着することを願わずにはいられないわ。日本男子諸君、スーツを格好良く着こなすにはまず体力作りから!ですな。

そして、今からボンドと言えばショーン・コネリーの007番外編「Nerver Say Never Again」を見るのです…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)