音楽

2017年03月13日

高音日記 恋の甘さも耳次第・・・?編

20170304人間には様々な感覚があり全てが何かしら影響し合っているもの…面白い事に、人は高い音の音楽を聴くと食べ物を甘く感じ、低音では苦みを多く感じるのだそう。何故聴覚が味覚に影響を与えるのか・・・。

近年その「多感覚知覚」についての研究が進められているわ…この知覚は誰もが経験するもので決して特殊なものではないの…食べ物の味を判断するのは舌にある”味蕾”だけではなく食べ物を口に入れた際口から得た信号を脳がどう解釈するかで変わってくるんですって。

食べ物の色、歯ごたえや形、照明などあらゆるものから影響を受けるのよ…照明をコントロールして、何を注文するか、注文した食べ物をどう感じるかが変わってくるのだとすればビジネスに活かせるわね。

ある実験で濃いコーヒーを好む人は明るい照明下で、薄いコーヒーを好む人は薄暗い照明下で飲むとコーヒーの量が増えることがわかったの。更にこの関連から、高い音の音楽は甘みを引き出し、低い音の音楽は苦みを引き出すことが判明したわ。

専門家はこれを「ソニック・シーズニング(音による味付け)」と呼んでいるそう…最新の多感覚研究では、私達の目が開いていて耳から音が入ってくる時、脳は入って来る情報を全て同時に処理していると判明。

複数の感覚器が絶えず脳に信号を送り続けているけれどその中で重要な情報が選ばれるので、結果私達の見るものは耳に入る音に大きく影響されてしまうの…専門家の言葉を借りるなら「音色には味わいがあり、味わいには音色がある」・・・なるほど。

お食事をする時ムードは大事、といわれる所以はこういった生態学的裏付けがあったからなのね…まず主役のお料理を完璧にする為に音楽と照明はしっかりセッティングしなければ!!…そして、デートを成功させた後も多感覚をフル稼働よ…アヌーシュカ・シャンカールでもBGMに男性陣、頑張って!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)

2014年03月25日

ITと音楽日記 インフォメーション・オンガクスキー編

20140322「IT業界には音楽活動の経験者が多い」という事を聞いたことがある?…あるリサーチ会社ではそれを実証すべく、20代から50代の男女584名に意識調査したんですって。

音楽を好きかという問いでは、好きと答えたのは全体の87%なのだけど、IT経験者で比較すると、未経験者は84%、経験者は92%とややリード。



PCで作曲、編集を行う経験に関しては、業界未経験者が17%、経験者が30%と差が開いてきたわ…そして演奏や歌う事を好きだと答えたのは、未経験者が30%、経験者が42%という結果よ。



次いで演奏好きの人が楽器を始めたキッカケとして、男性はミュージシャンに憧れた、曲に感動したという理由が多かったけど、女性は習い事と答える人がダントツというから面白いわね…しかもそのうちの5%がメジャーデビューを目指した事があるんですって!



ITというとどこか根気強くコツコツ仕事を行うイメージがあるし、音楽も自分の表現を音という手段を使って作り上げていくものだから今回のこの集計結果は頷けるのよね…例え人前に出たとしてもNetworkから発信しても、何かを伝えたいという思いは必ず通じると思う今日この頃です(^_^)v

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年11月01日

フィンランド日記 ムーミンの里はメタル聖地だった編

20121106最近Twitterでも何かと話題のフィンランド。その音楽性が気になって詳しい方々にリサーチしたら驚きの事実が判明したのよ!

手始めに、今のフィンランドの音楽事情からまいりましょうか!
(驚きその1)
人口約520万人のうち、約6万人のヤングが音楽スクールに通い、3万程がプロ・ミュージシャンとして活動している。そしてメタル系バンドだけでも3.000以上とか・・。
(驚きその2)
音楽チャートの殆どがメタル系で、40代の大人からティーンまで幅広く浸透している。
(驚きその3)
例えばNightwishのリーダーが国から、彼の書くロック音楽が国の広報役となって国の経済に貢献したことが評価され経済賞を授与される。
(驚きその4)
自国周辺だけで大きな音楽ビジネスが成立つので、英米系を意識せずにオリジナルな世界を追求できる。

等々、フィンランドは国策としてメタル聖地と化していたのですね~。そう言えば最近の世界メタルMapでも北欧は赤く染まっていたわね(; ̄O ̄)

フィンランド・ノルウェー・スウェーデン等、北欧系の文化に詳しい方に伺ったら、意外な答えが変えってきたわ。「冬が長く夜も長く日照時間も限られ、天候変化も激しいから、鬱に悩まされる人が多いんですよ。その結果自殺者も多い傾向で…その対策の1つとして夜間イベントを積極的に推進して、スポーツイベントもナイター、音楽やその他の文化的イベントも闇を感じさせない取組みがなされてる。だから、日光はとても貴重で、夏の音楽フェス等は想像以上に盛上る・・」との事。歴史的な背景からも、国の存続・個人の生死に関わる物語が伝説共に脈々と受継がれ、それを表現する媒体としての音楽に奥行きがあり、独特の世界観を素直に描けるのだとか。

その中でも、メタル系が日常を席巻しているフィンランド!恐るべし!!

【メタルfromフィンランドweb】
http://www.metalfromfinland.com

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)