脂肪率

2016年08月15日

ぽっこりお腹日記 死へのカウントダウン編

20160807何だか最近お腹だけぽっこり・・・食べ過ぎだから、年のせいだからなんて思ってない?実はこの腹部の脂肪、死亡率を高めてしまうんですって!!…特に体重過多ではない人がお腹ぽっこりの場合は要注意だそうよ。

最新の研究によると内臓脂肪は心臓脈管系の病気を進行させ、肥満に比べ早く死亡する確率を50%も高めるというから驚きよ。

実はこの研究は14年に渡り、普通の人か体重過多か肥満、ウエストとヒップの比率が高いか否かで分類された2500人の被験者を元に行われたの…14年のうち殆どの人が亡くなったのだけれど、年齢や喫煙の有無、高血圧や糖尿病などは度外視してウエストとヒップの比率は普通でも胴体の脂肪が高い人が多いという事がわかったのよ。

更に調査すると「体重は普通だがお腹ぽっこり」のグループは他の部位の脂肪が多い人に比べ2倍も死亡リスクが高かったそう…因みに肥満の場合のリスクは1.4倍で、「お腹ぽっこり」の方が圧倒的という恐ろしい結果に。

何故お腹についた脂肪はこれほど危険なのかしら?

既に明らかになっているのは腹部の脂肪は他の脂肪と比べて新陳代謝が異なっており、構成する細胞はインスリン抵抗性を促進するホルモンを分泌している可能性があるんですって…これは糖尿病をもたらし炎症を引き起こす状態だというから危険極まりないわ。

更に仮説として腹部に多く脂肪を抱える人は運動をしない為筋肉量が少ない…筋肉は私達が摂取する脂肪を消費してくれるので、その味方が少ないとなれば・・・脂肪の無法地帯となる訳よね。

いずれにせよ、お腹ぽっこり状態は危険のバロメーターであることは明らかだわ…一見痩せて見えても内臓脂肪を蓄えていたら死へのカウントダウンが始まってしまう…まずは大食いは禁止、きちんと野菜を摂り有酸素運動を続けること、まずはここからかしら。お父さん達、お腹を叩いて「こまわり君~」なんてふざける前に家族のためにもまずお腹周りの脂肪をやっつけましょうね!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)