絵コンテ

2016年06月01日

300-The Art Of The Film日記 何度も楽しめるあと味編

20160601

ザック・スナイダー監督が世界に注目された作品「300」…何度鑑賞しても血湧き肉躍る感動を覚えてしまう。特に2007年公開の第1作目はストーリーも演出もビジュアルも重厚で、生きる為に戦う意味を改めて考えさせられたわ。

そんな神作を映像で楽しむのも良いけれど制作過程はどうなっているのか知りたくて「300-The Art Of The Film」を入手…大判の横長のサイズで見やすく英語の解説も非常に理解しやすいの。

シーン毎のイメージスケッチ、メインキャラクターの衣装デザインも見応え十分…元々フランク・ミラーのグラフィック・ノベルだけど紙面に描かれた瞬間からあの壮絶な世界観が確立されているのだと痛感したわ。

冒頭スパルタの少年が猛獣を倒すシーンではてっきり猛獣がCGだと思い込んでいたのだけれど実際は獣の前面のみ作られており、手動で4人、デジタル操作で2人という大仕掛けで撮影されていたのよ…最終的にザック監督お得意の独特の色味が緊迫したシーンを盛り上げていたけれど、このデジタルとアナログの絶妙な融合の賜だったとは・・・!!そのこだわりと手法を知る事で更に楽しめるわ。

その他にも「Tree Of The Dead」という人間の死体で構成された樹が登場するのだけど、こちらも実際にミニチュアの人形で作られたと知り驚愕…さほど大きくないサイズにも関わらず、その1体1体のリアルさ・・・血や臓器の生々しさには目を見張ってしまうわ。劇中ではリアルなサイズで登場したけれど、これほど精密に作られているのでサイズ感は全く感じられず・・・これはもう国宝ものの腕ね。

20160602そして最大の見どころは絵コンテ!!…しかも左ページいっぱいに絵コンテ、右ページに実際の映像が構成されているの…絵コンテはラフなものだけど、そのシーンの雰囲気や躍動感が見事にパッケージされていて直球で伝わってくるわ。

先日ある日本人若手映画監督の絵コンテを拝見したのだけれど、ただ一定のコマ割りの漫画を見ている様でそこでどんな映像を捉えたいのかは全く伝わってこなかったわ…しかしこうして改めて世界レベルのものを見れば絵コンテ本来の意味というのも理解出来る…簡略ではあっても”線が全てを語る”という感じかしらね。

映画では異形の者やモンスターが多く登場し、デザイン画を見ているとその形状の秀逸さは溜息ものよ…架空のものは一歩間違えればリアル感を失い浮き立ってしまいがち。だけど、やはりその背景にあるものを汲み取って丁寧に作られているからこそ物語の世界観にシンクロするのだという事も痛感…丁寧に描かれたデザインは見ているだけで飽きないし、紙面から香りさえ漂ってくるようよ。

最近このアートブックを使ってデッサンのトレーニングを始めたのだけれど、どのシーンも描き応えがあって練習には最適なの…素晴らしい映画はどのシーンを切り取っても絵として完成しているので、このアートブックは色んな意味で楽しめるわ。さ、今日は王妃のシーンから読み直して描こうかしら。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)