紙芝居

2015年10月24日

吉田光彦日記 おやつ片手に紙芝居!!編

20151011行きつけの銀座のギャラリーで「紙芝居」が開催されると聞いて行ったのは今から8年ほど前のことかしら。

挿絵画家である吉田光彦氏の書き下ろしということで期待したけれど、そのライブパフォーマンスを含め大変素晴らしかったのを覚えている…吉田氏は元々新聞や雑誌の挿絵を手掛けており、寺山修司の舞台ポスターなど多岐に渡り活躍しているわ。

画風は非常にレトロ・・・というと少々陳腐な表現になるけれど、日本ならではのノスタルジックさ、そしてエロティックさを兼ね備えているの…殆ど水彩の作品でありながら重なる滲みが全く無くて職人技とも言うべき正確さで色づけされていたわ。陰影の部分を見ても本当は水彩だけでは無くリキテックスなど混ぜているのではないか・・・と思えどもやはり水彩なのが凄い。

お待ちかねの紙芝居の題材は「髑髏鬼」…源頼光が悪さをする酒呑童子を、安倍晴明操る髑髏鬼を使って退治するというストーリーよ。ボール紙1枚1枚に丁寧に描かれた絵はとにかく美しく、物語を途中から見ても理解出来るようにわかりやすく構成されていたわ。これほどの画力があればどんな題材でもこなせてしまうな・・・と感心する中、拍子木を使いストーリーの緩急を演出するパフォーマンスにもうっとりよ。

幼少期、実際に紙芝居を見る機会がなかった自分にとっては至極新鮮であり、これほどまでに視覚、聴覚共に夢中にさせるコンテンツが昔の日本に存在していたなんて、なんとも誇らしい気分になったわ。しかもギャラリーの粋な計らいで、おせんにキャラメルを楽しみながら鑑賞という当時の習わしを踏襲し最高に良い雰囲気!!…昔の子供達はこうしてお菓子片手に紙芝居を楽しんだのね。娯楽が少ない時代だからこそ、こうしてアイディアに富んだ素晴らしいイベントを楽しんでいたのでしょうね・・・羨ましい。

ギャラリーに集まった人達は拍手喝采!!・・・実に楽しい夜になったわ。公演後吉田氏と少しお話をしたのだけど、今でも最後の印象的なひと言を思い出す…「今でこそ僕はイラストレーターと呼ばれるのかもしれないけど、敢えて言うなら・・・挿絵作家だね」これだと思うことを突き進んできた人の言葉はずっしりと心に響くものね。

技術は身についていくものだけど、それを継続させるのは自分の情熱であり自信しかない・・・御年60歳の人生の師に諭され今一度、この言葉の重みを噛み締めるのでありました。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)

2015年09月12日

大人の紙芝居日記 厚紙に潜むダークサイド編

20150906数年前、新橋の古本市で40年以上前に使われた紙芝居を2冊手に入れたの…作品を作る際参考にしようと購入したのだけど、これが子供向けとは思えない恐ろしくも重い内容だったのよ。

1冊目は「いきている おにんぎょう」…物語は生まれたばかりの妹の面倒をみなくてはいけない幼い少女が主人公…少女は妹の面倒に辟易し隣の子と遊びに行ってしまうの。

その時隣の子が持っていた人形が欲しくなり母親にねだると、母親は彼女に「うちにはこんなに可愛いお人形がいるのだから可愛がってあげなさい」と言ったわ…それから度重なる母の言葉により少女は姉としての自覚が芽生え妹を愛しく思うようになったのよ。

教育的なストーリーだから仕方ないけれど実際にこんな事はあり得ないわね。少女は初めて嫉妬という感情を抱き、これから憎しみや悲しみ、そして欲望にどっぷりと冒されていく・・・それが自然な姿だわ。母親が子供を洗脳すべく発した言葉をタイトルにするとは・・・背筋がぞっとするわね。

2冊目は「ともちゃんととうめいにんげん」…少年ともちゃんは自己中心的な性格で己の傍若無人な振る舞いを透明人間のせいにしてきたの。

ある日本物の透明人間が現れて彼の友人達に悪戯をし友人達はそれがとも少年の仕業だと思い彼を村八分にしてしまったわ。やがて透明人間の魔の手から友人を救ったとも少年は信頼は取り戻し大団円…透明人間は新たな仲間を探しに旅立っていったの。

このストーリーも単純ながらぞっとさせられたわ。幼い子供達に猜疑心が芽生え当たり前のように存在していた信頼が失われた時、それぞれがどんな行動をするのかという点は考えさせられる。しかもラストで透明人間は新たな仲間を探しにいくのだから、ブラックな結末よ。

ふと見ると、紙芝居の裏に印刷された”お話のねらい”という欄に「ともちゃんのわんぱくぶりや透明人間と決別する場面を強調しないように」という注意書きが・・・教育的な見地からすると納得出来るけれど、この点を強調することで大人用になるのではないかしら??

どちらも優しい切り絵的な画風であるけれど根底に大人のどす黒さが見え隠れしてついほくそ笑んでしまう…大人になって改めて読んでみると納得させられると同時にレイヤーの様に重なる負の感情を楽しめる。

これらの作品は今後様々な人間関係の渦に巻き込まれていく子供達にとって「暗黒バイブル」と言えるでしょうね…以前紹介した「火山人間」も同様、紙芝居に秘められたダークサイドを昔の子供達はどう感じ取ったかしら?あ、自分もその子供のひとりか・・・うーむ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年03月29日

紙芝居日記 ただいま執筆中!編

20120322ピポ子のUSTREAM「PIPOPIPO TV」で名物コーナーになっている『ダークファンタジー紙芝居』。

3月現在で第5弾目になるのだけど、毎回スケッチブックに油性ペンで大胆に描いていくので家のスケッチブックが急に増えたわ。

思いつきでどんどん絵を描き、放送の時にアドリブでストーリーを付けていくというスタイルだから、1回に使う絵の数は結構多いの。

その時々でTLに参加して下さったお客様の意見も取り入れるから、結末がどうなるか予測不能で楽しい。表紙のデザインはピポ子が物心ついた頃から変わらなくて、どことなくほっとする色合いなのよね。こういうアナログ文具は、この先もずっと変わらずにいて欲しいわ・・・。

2011okabeそして昨年USTでゲストにお迎えした、ビューティ・サイエンティストで大のマイケル・シェンカー好きの岡部美代治さん。とってもダンディで優しく、放送中はとにかく笑いが絶えなかったわ。

フォロワーさん達の質問ひとつひとつを丁寧に答えて下さり、普段雑誌では余り取り上げられない、不規則な生活を送る女性の肌のメカニズムと対応や大事な日の前日にトラブルが起きてしまった時の対処など事細かに教えて下さったの。放送終了後も反響が大きく、第2弾を企画中よ!

Mr.シェンカー曰く「日常を楽しむこと、大好きなものを見つけることが化粧品の効果を最大限に引き出す」だそう。なるほど、なるほどやはりアンチエイジングは"萌え"なのね!

【ピポ子のUSTREAM】
http://www.ustream.tv/channel/pipopipotv

【岡部さんWeb-ビューティサイエンスの庭-】
http://www.kt.rim.or.jp/~miyoharu/

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0)