石ノ森章太郎

2015年01月28日

マンガ黄金時代日記 人間臭さと個性の衝突編

20150124漫画が"生もの"として特に息づいていたのは、60~70年代ではないかしらね。

その時代の作品を集めようとすると時間もお金もかかってしまうけれど、素敵なオムニバス本をオークションで見つけたの…その名も「マンガ黄金時代 60年代傑作集」よ!!

手塚治虫、つげ義春、石ノ森章太郎は勿論、マニアックな作家の作品がズラリ…内容も時代を反映したものから、シュールなものまで読みごたえ抜群。

特に気になったのは楠勝平氏の「おせん」という作品。

家族の為に朝晩働き、貧乏長屋で暮らす"おせん"は気っぷが良くて明るい町娘。大工の"安"はそんな彼女の優しさに魅かれ、自分の気持ちを伝える為家に呼ぶのよ。実は安の実家は大金持ち・・しかし、事態が飲み込めずはしゃぐおせんはふとした事から部屋にあった高価な花瓶を割ってしまい、弁償できない恐怖から「私じゃない!」と叫んで逃げてしまう。

安はそんな彼女の態度に激怒するの。でも彼の父親は『おせんの行動は彼女の本質でなく、貧しさからきたものなのだから理解しろ』と諭したわ。幼い頃から苦労知らずに育ってきた安に、おせんの行動は理解できなかったのよ。雨の中、おせんは安の後ろ姿を見ながら涙する・・・というストーリーよ。

話自体はシンプルだけれど、シンプルであればあるほど難しいものよね。人の心の描写が実にお見事で、お金を巡り育った環境や考え方の相違がこれほどリアルに描かれているなんて、本当に良い時代だったのだなと痛感。今の時代だと差別だの、派手さが足りないなどと出版に持ち込むことすら難しいかもしれないもの。

どの作品も「誰誰風」などと画風が被るものはひとつも存在せず、内容もキャラクターの個性も主張しあって暑苦しいくらいよ!これだけの密度の高い作品が生まれ続けた60年代・・諸先輩方の挑戦にどう立ち向かうべきか、あとに続く私達は方向でさえ見失っているような気がするわ。

紙面から漂うインクの香りは人間くささそのもの・・・さて、PCの画面からもその匂いを漂わせることは出来るのかしら?

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年01月27日

サイボーグ009日記 誰がために戦う編

20150122石ノ森章太郎が人生の殆どを費やし制作した「サイボーグ009」…この完結編の構想ノートが有明のパナソニックセンターで数年前に「サイボーグ009"守れ地球の未来"展」で初公開されていたのね。

この展覧会では、環境問題に対しての各分野の取り組みや最新ロボット技術等を009のキャラクターにうまくなぞらえて紹介していたの。でも、目的は構想ノート!そして、石ノ森氏が作詞した主題歌『誰がために』の幻の2番の歌詞!!

『轟く雷鳴よく似合う 機械の戦士と人の言う 
だが9人は熱き血を緑野に咲かす愛の花
怒りで駈る闇の森 泣いて曇らす青い空』

とまあ、これがAメロからサビ前の部分なんだけど、ちょっと文章的だから歌い辛い感は否めないかも。

どの歌い出しも009達を形容する言葉が重い・・彼らの過酷な運命を示しているからなのだろうけど、石ノ森氏のキャラに対する思い入れが凄く伝わってくるわ。夥しい数のクロッキー帳とキャンパスノートには、石ノ森氏の思うまま綴られた文字の嵐!2012年までの構想とテーマや、キャラクター毎のストーリーがノート1冊単位で書かれていたのよ。

もし自分が『PIPO PIPO TV』のキャラクター毎にストーリーを書いたとしてもノート1冊は・・今は厳しいかも。その他にもラフな設定資料や原画も展示されていて、改めて"石ノ森ライン"の細やかな美しさを再認識したわ。鉛筆やペンは描く人の個性がそのまま出るから、どんなに取り繕っても本質が見えてしまうのかもしれない。

PC時代の現代だからこそ、その部分を見つめ直さなくっちゃ。石ノ森氏の作品は、背景や骨組みがこれだけきちんと作られていたから、時代を超え不朽の名作になったのね。後世まで残る作品作りとは、やはり並大抵の事ではないなと思い知らされたわ。

食い入るように展示物を見ていると、係員の方が「あの・・直筆の幕の方でしたら、撮影大丈夫ですよ」と声をかけてくれたので、パシャッと1枚…ふふ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(3)

2014年02月22日

フランク・ハーバート日記1 読破への道編

20140219先日ご案内した「ポドロフスキーのDUNE」の原作で、SFの古典的長編名作と称賛されるフランク・ハーバートの「砂の惑星」…1984年にデヴィッド・リンチによって映画化され、近年では米TVシリーズとして「砂の惑星-砂丘の子供たち-」も映像化されているわ。

3年ほど前に、ふと原作を読みたくなってamazon中古本を検索してみたのよ…そこで¥1と表示のあった中から、文書の丁寧なshopを選び購入…後日届いた包みを開封してビックリ・・な、な、なんと初期の版で表紙と挿絵が石ノ森章太郎だったの!!特に挿絵のインパクトには驚きよ。

「サイボーグ009」を彷彿とさせる点描で描かれた挿絵はどれも懐かしさを抱かせるものばかりで、まさかこの作品で石ノ森ワールドを堪能出来るとは二度、いや三度おいしいとしか言いようが無いわ。このshopはこの本を¥1で提供して良かったのか!?と、肝心の中身より挿絵に驚いてしまったわけですね。

で、その全貌なんですが「砂の惑星」は1965~85年に全6部構成で出版されていて、終わりそうで終わらないこの物語は、彼の死後、子供のブライアン・ハーバートによって引き継がれて「DUNEへの道」として今も描かれ続けているわ。

実は若い頃に一度読み始めた事があったのだけど、表現の難しさとあまりにも先が長いので断念…今度は全巻読破してやるつもりよ!!…でも石ノ森バージョンがいいなぁ~。

SFマニアではこれを読破した人は"神"扱いされるとの事…PIPOKOが神になったらまたご紹介するわね・・と言って既に3年が経過してますが…(*_*;;)

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)