武蔵小山商店街

2015年06月05日

nemo日記 ムサコのパン魂編

20150603美味しいもの・楽しいもの・・・そんなワクワクするものが一堂に会すると言えば「武蔵小山商店街」

以前はこの近辺に住んでいたことがあるのだけど、最近は急激に開発が進みタワーの建設予定もあるということでお散歩がてら覗いてみたわ。

武蔵小山は美味しくて手頃なお店が多く、商店街を廻りきるには時間がかかってしまうの。ここ数年はお洒落なパン屋さんやケーキ屋さんも数が増え、大分雰囲気も変わったわ。

中でも商店街を外れたところにひっそりと佇むベーカリー「nemo」は人気店のひとつ…外観はパリの小さなカフェという可愛らしい風情で、平日にも関わらずレジに並ぶ人、奥のカフェでお茶と料理を楽しむ人達でごった返していたわ。

こちらのお店は数々の名店でベーカリーシェフを務め上げたパン職人、根本孝幸氏が商品毎に十種類の粉を使い分け、独自のブレンドにこだわったパン達が勢揃い。厳選された素材に季節ごとのアイディアを盛り込んだ芸術品の数々がトレイに並ぶ。

この日は黒と萌葱色藻鮮やかなオリーブのフォカッチャ、海藻を盛り込んだブール、生ハムとチーズのフォカッチャをチョイス。どれも生地がモチモチで、素材の味わいがほどよく主張していて上品なの。見た目通り、の美味しさと言うべきかしら・・・食べても胃が重くならないので、幾らでも食べてしまいそうなのが怖い。更に新商品の抹茶を織り込んだ食パンを頂いたのだけど、これまた焼くと程よく抹茶の風味がじわっと出てそのままでも十分美味しいのよ。

シンプルにバターを少し乗せてみたけれど、和とも洋とも言えない不思議な味わいが楽しめたわ。こちらではオリーブオイルも量り売りしているので、次回はパンにつける分だけ頂こうかしら、と考えながらレジ横のフィナンシェに目移りしてしまったりして・・・

奥のカフェではシンプルなトーストからサンドイッチ、クロックムッシュと多岐に渡るメニューが満載よ。この日は残念ながら満席だったので、次回スモークサーモンのサンドをスパークリングワインと一緒に頂こうと誓い帰途へ。昼だけでなく夜もお酒と一緒にパンを楽しめるので、仕事帰りお気に入りの本をお供に立ち寄るのも楽しそう。

しかしながら、有無を言わさずパンを楽しむ事に集中することになるのは間違いないけれど・・・パンと真剣に向かい合いお店は多々あれど、ふんわりとした優しい雰囲気の中に燃え上がるパン魂を見た気がするわ。皆さんも是非お試しあれ!

【nemo web】
http://www.nemo-bakery.jp

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)