東京湾

2015年06月29日

2015夏至日記2 627は凄かった編

昨日(6/27)の夕空の写真が見たいとのリクエストにお応えしてアップいたしますよ~。

先ずは日の入りは火山噴火口のようにも見える雲とのコントラストから始まって、何やらただならぬ気配!!
20150621

この時期は丁度ヒルズに日が入り美しいのです
20150622

日が沈み始めると、なんと雲がゴールドに。
20150623

やがてだんだん赤と言うよりピンクに近い輝きで反射する海の色がピンクゴールドじゃありませんか!!20150624

空のコントラストは見事なグラデーションで視界を圧倒!!20150625

最後に東京タワーがライトアップされる頃には深みのあるワインレッドがアートなSKYLINEを描いていました。20150626

驚きの空模様にtweetも大賑わい…美を感動共有できるのっていいですよね!!







pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(4)

2015年06月28日

2015夏至日記1 夕暮れに包まれて編

20150619日頃からあまり空をまじまじ見る事はあまりなかったのだけど、新居に越して毎日ある景色に感動してるのよ…それは夕焼けのお空。

今見える景色は空だけでなく、それが反射する海面が実に綺麗…丁度6/22は夏至なので1年で最も昼間が長い時期…特に超高層ビルの都市の夕焼けは見事よ。

天候の影響で決して同じ景色は存在しない一期一会な自然との出会いよ!!…写真はその中でも最も焼けた日でtweetでは『怖い!!』と表現されてる方が多かったわ。

ここでは空だけで無く海もご覧のように真っ赤に反射するので何とも言えない光景ね。

その時の富士山はこれまた有名な富嶽三十六景の赤富士に迫る美しさ。

時には柔らかな雲がお菓子のように東京を包み込む淡い夕焼けは本当に心を癒やしてくれます…つくづくこのお家を買って良かったなぁ~思う日々なのでした…フフ。

明日はリクエストが多かった昨日の驚きの空をお届けしますよ〜。


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)

2015年06月09日

東京湾日記5 豪華客船美編

20150606

新居に越して何が面白いって、色んな船が往来してる東京湾の面白さね。特に美しいのが晴海埠頭に寄港する豪華客船よ。今まで豪華客船とかには全く興味がなかったのだけど、実際のそのスケールと優美さを直に見てしまうと一度ぐらいはこれで旅に出てみたいと感じてしまうのです。

上の写真はあの有名なクリスタル・シンフォニー…名前は聞いたことあるけど見るのは初めて・・・それにしてもでかいじゃないですか。船を立てたら軽くタワーレベルの高さ・・・驚きです。

そして、下はオランダ客船「ヴォーレンダム」…うぉ~オランダのイメージそものですね。風の強い国ならではの突き進む感全開のデザインじゃないですか。自分的にはオランダと言うとシンフォニックバンドEPICAの故郷ですから、赤毛のシモーネに敬意を表してシモーネ号と勝手にネーミングに(笑)!!

他にもリーズナブルな世界一周ができる日本の「ピースボート」や「日本丸」なども寄港していて船好きな方には申し訳ないほど楽しんでます。

何しろでかい船なので、ゆっくりと後引き的に出航する時の華麗な動きは美しいの一言…特に東京湾からレインボーブリッジをくぐり抜けるお姿は時の流れがスローに感じられ、きっとこれが船旅の良いとこなのだろうと毎回感じますね…あぁー猫と一緒に連れてって~。
20150607


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年06月06日

戦艦日記 平和を求めて編

201506045/23.24に晴海で開催されてた「東京みなと祭」…その派手なパフォーマンスは先日お伝えした通りだけど、同時に開催されてた珍しい船への乗船見学があって、とても気になる船が一隻あったの・・・それは戦艦!!

戦艦は一般には映画などの世界でしか見る事ができないけど、これは本物を触るいい機会だなと感じ早速GO!!

一般公開されたのは護衛艦の「夕霧」…護衛艦ですから防衛と海上交通の保護が主任務ですが、やっぱり武器をリアルで見ると凄い。護衛艦といえども、速射砲やミサイルランチャーに魚雷…その内部の精密さに独特の美的な何かを感じたわ。

そして、お越しのお客さまがユニークでこれも楽しかった…旧日本軍の軍服に身を包み丁寧に乗員に挨拶をしてる方もいれば、あきらかに武器マニアっぽい人が船員に専門的な質問をしているし、歴女っぽい女性も結構確認…勿論ファミリー層も多いのだけど、独自の空気感が漂っていたのでした。

実戦ならではの注意プレートの内容が凄くて、【総員離艦安全守則】なるものを発見!!…7つの注意事項があって「あわてるな」「衣服を着用せよ」「救命胴衣を装着せよ」「早く艦から遠ざかれ」「集団を作れ」「無理な泳ぎはするな」そして、最後が強烈…「水中爆発及びサメに注意せよ」

以前ピックアップした名作戦争映画「眼下の敵」が頭をよぎったわ…戦艦ですから離艦はすなわち敵襲想定でしょうからこのプレートにとてつもなく重みを感じたのよ。今日本は平和だからこうやって一般公開を楽しむレジャーの一環だけど、いつまでもこの状況が続いてくれるよう願うばかりです。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年05月26日

東京湾日記4 港はにぎやか編

20150520

季節はすっかり夏!! 殆ど春を感じないままに夏に突入したような感じ…眼下の東京湾もいつになくお祭りモードなんですが、5/23.24と晴海港で「東京みなと祭」が行われていたのよ。

実はこのお祭り、今年で何と67回目なんですが、ここの越してきて初めてゆりかもめ車内広告で知ったのです。港の祭りですから普段なじみのない船にも乗船できたりとファミリーにはお楽しみな二日間。

その中でも派手なイベントがあってそれは海の消防隊による「水の消防ページェント」…消防艇やヘリコプターや消防庁音楽隊を交えての映画撮影レベルの規模なのよね。

でも、場所特典で既にリハーサルから見ていたので遂に本番って感じなんですね…段取りが分かっていたので思わずGH4で4K撮影よ。

本番はどことなく消防隊も緊張気味なのが伝わってきたわ…ヘリからの海面への人命救助や爆発した船からの救助他…決めのラストは5色放水とヘリコプターの低空飛行によるショーアップ。

何が凄いって見ている自分のポジションがタワー高層階なので飛来するヘリと目線がほぼ一緒でタワー側面からヘリが爆音で迫ってくるあたりは確実に「ブルーサンダー」の世界…もしくは「地獄の黙示録」のワルキューレの騎行が脳内でリピートしたわよ。

リアルな音像は本当に凄くて「ただでこんなショーを見させてもらってありがとうございます」と御礼したいぐらい。

時間があったらこの様子を4K撮影した作品をyoutubeにアップしたいのだけど、その前に気になる情報が・・・戦艦が目の前に寄港しててイベント期間中乗船できるって、これは行くしかないな…この続きはまた後日に…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年05月07日

東京湾日記3 海の火消し編

20150507

先日の東京湾の夕焼けに引き続き、毎日とても美しいイベントが東京湾で行われているのよ…それは海の火消しこと東京消防庁の湾岸隊(正式名称は知りません)。

ほぼ毎日東京湾内で訓練が行われていて、特に見物なのが放水訓練…全艦隊が一斉放水するのだけど、休日だったのかGWはショウアップされた放水訓練で「海の安全をめざして」をスローガンにカラー放水が始まったのよ。

そしてなんと、空からは消防庁のヘリコプターが三機がうちのタワー越しに低空飛行で現れてそのまま放水現場まで更に下降…ベランダ見ていたらさながら映画の撮影かよって感じでしたよ。

消防艦隊の皆さまは毎日こうやって訓練なさってるので、是非ベランダから「ご苦労様」って手旗信号で覚えたいわね…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年05月06日

東京湾日記2 夕焼け日々是絶景編

20150505

こどもの日の休日、お休みの無いエンタメ世界でお家での癒やしタイムはとても重要…日が昇り、日が沈み、月の輝く闇の世界が繰り返されますが、なかでも夕日は格別に心を癒やしてくれますね。

この時期ちょうど北西側に日が暮れて行くので、新居のからの夕日が格別なんです。その表情に同じ物はなく、どちらかと言うと少し雲があったほうがとてもアーティスティックな世界が展開されます。

特に東京の高層ビル群に沈む太陽は幻想的で、数分間じっと見入ってしまいます。昨日は雲の流れも速く黄金に輝く空(下写真)はお見事としか言いようがありません。

やっぱ自然って偉大だわ…フフ。

20150506


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年04月20日

東京湾日記1 自然は最強のアーティスト編

20150412

新居に引越して何とか日常のペースに戻そうと努力するも、中々戻れないのが現実…そんなバタバタした日々の中、ふと外の景色を見てびっくり。

丁度三日ほど前でしょうか…急な低気圧と寒気でブルブルだった日、夕方から晴れ間がちらほらしてきた頃、東京駅近辺から西は晴れ東は雷雨…その時の写真なんですね。東の雲は低くよどみ、西は夕暮れの光がベイサイドのビル群を照らすような総天然色な世界。

カメラはiPhoneなので今一な感じですが、それでもこの絵巻物的な色彩は生で見ると圧倒されました。刻々と色も変化し10分後ぐらいにはまるでCGのような質感(下写真)…うーむ、一眼レフで撮りたかったです。こんな総天然色な景色を毎日見る事で疲れも吹っ飛び、自然の力は凄いなぁ~と感じるのでした。

因みに写真に写ってる多数のクレーンは工事中の築地新市場なのですが、残念な事に「千客万来」と銘打った観光用の施設運営をスポンサードしていた大和ハウスが一部市場関係者と道路の使用を巡って亀裂が生じ、企画運営から降りてしまい、残りの一社も再検討中と発表され暗礁に乗り上がった状況になってしまいました。

いつからか日本は人を招く事が苦手な文化になってしまったようで、行政としてビジネスの両輪に育てる姿勢が無いのが残念ですね。映画のロケ地でも交通の邪魔になると全然許可が出ないのと似ています。

いずれにしても、五輪を控えてもっとポジティブな思考を期待したいと、自然のダイナミックな様を見て感じる今日この頃です(笑)。
20150413


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)