暗黒面

2015年09月12日

大人の紙芝居日記 厚紙に潜むダークサイド編

20150906数年前、新橋の古本市で40年以上前に使われた紙芝居を2冊手に入れたの…作品を作る際参考にしようと購入したのだけど、これが子供向けとは思えない恐ろしくも重い内容だったのよ。

1冊目は「いきている おにんぎょう」…物語は生まれたばかりの妹の面倒をみなくてはいけない幼い少女が主人公…少女は妹の面倒に辟易し隣の子と遊びに行ってしまうの。

その時隣の子が持っていた人形が欲しくなり母親にねだると、母親は彼女に「うちにはこんなに可愛いお人形がいるのだから可愛がってあげなさい」と言ったわ…それから度重なる母の言葉により少女は姉としての自覚が芽生え妹を愛しく思うようになったのよ。

教育的なストーリーだから仕方ないけれど実際にこんな事はあり得ないわね。少女は初めて嫉妬という感情を抱き、これから憎しみや悲しみ、そして欲望にどっぷりと冒されていく・・・それが自然な姿だわ。母親が子供を洗脳すべく発した言葉をタイトルにするとは・・・背筋がぞっとするわね。

2冊目は「ともちゃんととうめいにんげん」…少年ともちゃんは自己中心的な性格で己の傍若無人な振る舞いを透明人間のせいにしてきたの。

ある日本物の透明人間が現れて彼の友人達に悪戯をし友人達はそれがとも少年の仕業だと思い彼を村八分にしてしまったわ。やがて透明人間の魔の手から友人を救ったとも少年は信頼は取り戻し大団円…透明人間は新たな仲間を探しに旅立っていったの。

このストーリーも単純ながらぞっとさせられたわ。幼い子供達に猜疑心が芽生え当たり前のように存在していた信頼が失われた時、それぞれがどんな行動をするのかという点は考えさせられる。しかもラストで透明人間は新たな仲間を探しにいくのだから、ブラックな結末よ。

ふと見ると、紙芝居の裏に印刷された”お話のねらい”という欄に「ともちゃんのわんぱくぶりや透明人間と決別する場面を強調しないように」という注意書きが・・・教育的な見地からすると納得出来るけれど、この点を強調することで大人用になるのではないかしら??

どちらも優しい切り絵的な画風であるけれど根底に大人のどす黒さが見え隠れしてついほくそ笑んでしまう…大人になって改めて読んでみると納得させられると同時にレイヤーの様に重なる負の感情を楽しめる。

これらの作品は今後様々な人間関係の渦に巻き込まれていく子供達にとって「暗黒バイブル」と言えるでしょうね…以前紹介した「火山人間」も同様、紙芝居に秘められたダークサイドを昔の子供達はどう感じ取ったかしら?あ、自分もその子供のひとりか・・・うーむ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年07月12日

エイジ・オブ・ウルトロン日記3 ヒーロー達の暗黒面編

20150707日本での公開を待ちに待った「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」…ディズニーJPの日本版ポスターの稚拙さや、宣伝とは言えないネタばれぶりにファンは激怒したわ!!特にコピー文句は愛のバーゲンセールかと言いたくなるほどの安っぽさ・・・。

ですが本編は前回のスケールの大きな戦いの流れを汲みつつ各ヒーロー達の内面の奥深さが見事に描かれた心に残る1本となっていたので大満足よ。

登場するキャラクターすべてが愛を重んじているのは当然ながら、己の中に潜む弱い部分を向き合うというのが大きなテーマになっているの。

物語はロキの杖を使い人体実験をしているヒドラの残党をアベンジャーズが見つけ、杖を取り返すところから始まる。その実験で特殊能力を得た双子はアベンジャーズを襲い、バートンが負傷してしまうけれど一命を取り留めたわ。

目的を果たした一行はNYに戻り、スタークは杖の先に人工知能を見つけバナーと共にウルトロン計画をメンバーに内緒で進めてしまう…しかしこのウルトロンは自我に目覚めスタークの人工知能ジャービスを破壊し鉄の軍団を生みだし世界を破滅させようとするの。

双子のうちの1人であるワンダ…人の脳に入り込み苦悩やトラウマを見せる能力があり、この力でアベンジャーズのメンバーは己の弱点と対峙することになってしまう。ここで面白いと思うのは、ウルトロンはよくある勧善懲悪ストーリーに登場する悪の権化ではなく、ウルトロン自身が世界の出来事やアベンジャーズの情報を検索した結果、地球を救うためには人類を根絶させなくてはいけないという結論に達したからなのよ。

確かに人類の血塗られた闘いを見れば果たして真の平和が訪れるのか・・・と考えるのも当然かもしれない。そんなウルトロンは人工の肉体を手に入れアイアンマンの如く単純な表情をしているのだけれど、双子を説得したりナターシャに話を聞かせたりとその表情の豊かさが素晴らしく驚かされたわ。

更に今回の見所は祝宴パーティでの各自のオフショット…そしてバートンのプライベート、ナターシャの女性的な一面かしら。ナターシャは常に冷静沈着で完璧な女性だけど、敵を追跡中市民に注意を促す際「ピーピー」と口で警報を発したり、親友の妻が身籠もった子供が男子と知り「リトル・ナターシャじゃない、裏切り者」と言い放ち、生まれたばかりの映像を見ては「おデブね」と可愛く罵っていたのよ。

彼女は自分のその過酷な運命故に子供を持つことが許されず使命を全うするという重責を負っている…だからこそどこかドライに言い放つこのふたつのシーンには大納得だわ。自分もそうだけれど、仕事を優先させる女性にとって家庭や子供というのは範疇外なのよね。細やかな演出ではあるけれどそういう部分もきちんと描かれているというのは本当に感心したの。

他にも沢山語りたいことはあれどクリントが他のメンバーは特殊能力や武器で闘っているのに自分は弓矢で闘っているのだと自嘲気味にごちるシーンもなかなかよ。ヒーローとはいえ誰もが個々の人間であり、間違いや後悔に苛まれながらも自分の人生を歩んでいる。そんな彼らのふとした自然な一面や心の奥底にある暗黒面を垣間見れたことがファンとして嬉しい限りだわ。

個人的にはキャプテンの幸せを願わずにはいられない・・・最早母の気持ちかもしれないわね。どこを挙げても見所だらけのアベンジャーズ、ファンならずとも未体験の方は劇場へ!!マーベル作品を一から見直したくなりますよ!!

そうそう、ポスターは国内用のダサいのじゃなくて本国のIMAX用にデザインされたオフィシャルをお届けよ…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年01月06日

出世道日記 暗黒面はリーダーに不可欠!?編

201501042015年も明けて、やっぱり目標として出世を目指すのはどうかしら?

人間的には信頼できないが、仕事の出来る切れ者…どの会社でも、出世頭にそういったタイプの人が含まれるもの。個人的には付き合いたくないけれど安心して仕事を任せられるというのは、割り切って考えれば非常に効率が良いわよね。

心理学者の中では、こういった"有能な人物"が持ちあわせている「暗黒の要素」が出世に不可欠であるという研究が進められているそうよ。

タイプは3つ…まず、自分の利益の為に他人を操作するタイプね…お世辞を言って人を騙すけれど、交渉にたけ政治的同盟を構築するのを得意とするわ。カリスマ的な指導者になる可能性を秘めているので、雇用側はこういう人物を適切に配置することで更なる成果を挙げることが出来る。

次にナルシスト・タイプ…常に注目されたいという欲望を持ち、尊敬と地位を得ようと己の外見や魅力を利用するけれど、その熱意でアイディアを通し、初対面の人に好印象を与えるという武器を持つわ。やはり絶対的な自信は人を魅力的に見せるし、有望な人材としてみなされることも多い。

最後は他人の気持ちを気にしない反社会的人格者タイプ…衝動的且つスリルを欲し人と常に敵対するけれど、クリエイティブに考え限界を試す一匹狼、といったところかしら。私の周りにもこういうタイプの人がいて、非常に厳しく傲慢だけれど、その型にはまらない考え方やアイディアは非凡なのよ。

どのタイプも友人や恋人には絶対したくないし、出来る事なら仕事を離れたら他人でいたい人種ばかり。でも食べ物にしてもちょっとした刺激や癖がある方が美味しいし、薬も強い方が即効性があるもの・・・人間も全く同じで、人格者でも頼りないタイプより前述の暗黒部分を持つタイプの方が統率力があると言えるわ。

敢えて暗黒の部分をスキルとみなしその部分をうまく利用できるようになれば、本物のお代官様になれるかしら・・・モーフィアス様?

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年02月13日

寛容日記 聖母と鬼婆のはざまにて…編

20120214いつもニコニコ、何が起きてもイライラせず人を責めない・・・そんな聖母のような寛容な心で日々過ごしたいものよね。様々な調査で、寛容な人の方が一般的に幸せで健康、ストレスもコレステロール値が少ないという結果が出たんですって。

まぁ、納得よね。でもある調査によれば、寛容さにもマイナス面がある事が明らかにされたの!傷つけられた立場からすれば、怒りや恨みで心を解き放つ方が良い場合もあり、簡単に傷つけた相手を許してしまうと相手がまた同じ事を繰り返す可能性があるからだそうよ…これも納得ね。

それに本当に人許すって時間がかかることだし、直ぐに許すのは、どこか自分の中にわだかまりが出来そうで嫌だわ。米フロリダ大学では、この"寛容さのプラスマイナス面"を研究していて、2010年には135組の新婚カップルを対象に1週間の間毎日「あなたの配偶者はあなたの嫌がることをしたか?またそれをあなたは許したか?」という調査をしたんですって。

その結果、すぐ相手を許した人の方がその後の調査で"嫌なことをされた"と回答する率が6.5倍も高かったそう。これはかなりのわだかまりを貯蓄したとみなしていいかしらね。また別の研究で、いつもやられっぱなしの人が自分にどれだけ寛容か調べたところ、良い配偶者を持つ人は自分を良く思い、良い配偶者を持たない人は自分を良く思っていなかったの!

やはりパートナーの影響はかなり大きいということなのね。自分を傷つけた相手を許しても、その人との関係を継続する必要は無いし、自分を負の世界へ追いやる人と関わりを持たずにいる方が良い・・・でも世の中それでは成り立たないし、人間社会で生きて行くのは難しいわ。

では、どうするか。専門家によれば、まず自分が傷付いた理由を明確にするのが一番だそう。相手の言動か、我慢の限界だったのか・・・でも大抵相手には悪気は無いけど、自分の過去の経験から必要以上に動揺してしまったというケースも結構多いわね。

相手の立場に立ち、なぜそんなことを言うのか客観視してみることも大事だし、一番有効なのは相手に自分がなぜ傷付いたかを説明すること!相手にきちんと伝えるのも難しいけれど、せっかく人間として生まれて来たのだから、このコミュニケーション・ツールを最大限に使うべきなのかもしれない。

とはいえ・・・なかなか実行に移せないシャイな私。このままでは聖母の顔をした鬼婆になりかねないかもね。うふふふふふ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(4)