日野日出志を読む

2015年06月14日

日野日出志日記6 母胎回帰編

20150612清水正「日野日出志を読む」…本書は、漫画家日野日出志の作品について著者の漫画論を述べたものよ。読み進めていくうち、著者がどれだけ彼の作品を愛しているのか窺い知れるし、これまで未読の作品を紹介してくれているのも嬉しい限り。

自分自身日野作品を網羅していないので、その中から気に入ったものを更に探し出すという楽しみも享受できるわ。そういう意味でも、日野作品に馴染みの無い人が読んでも十分に楽しめる構成になっているかも。

個人的に最も気になった作品は「水の中」…魚好きの少年が事故に遭い、酷いケガを負って母の世話なしには生きられなくなってしまうという冒頭から壮絶なストーリーよ。

父も亡くなり、経済的に切迫した家計を支えるべく母は水商売を始めたわ。最初は少年の世話を焼き優しかった母が、次第に"女"へと変化し少年に辛く当たるようになるのよ。ある夜母は男と一緒に帰ってきたものの、朝になると男の姿はなく冷たくなった母の姿だけが・・・。

少年はやっと自分の元に帰ってきた母の側で嬉しそうに添い寝をするの。しかし不思議なことに親子の姿は忽然と消えてしまう。近所の人が姿が見えない親子を心配して警察を呼ぶけれど、警察も事件性の無さにただ首をかしげるばかり。しかし水槽の中では幸せそうな親子の姿が・・・というファンタジー作品で、決してホラーではないのよ。

何より親子は”共に生きる事”に一生懸命だっただけで、途中それを維持するために歪みが出来てしまっただけにすぎない。これほどまでに現実は幻想の世界よりも過酷であり、生きるということはこれほどまでに悲しい事であると思い知らされたわ。この「水の中」はそれ以来自分の中に大きな波紋をもたらし、寝ても覚めてもこの作品の事を考える日々が続いたの。

清水氏曰く…『日野作品はオイディプス的願望が色濃く出ている』と論じているけど、その考えには同感!恐らく少年は母と一体化したかったに違いない。男性の殆どは深層心理の中でそう思っているはずだし、あれだけ大事にしていた母が水商売の為美しくなるのは少年にとって裏切り行為であり、男達と関係を持たれるくらいなら死して自分の元に戻ってきた事が喜びだったに違いないわ。少年の部屋にある水槽は母胎回帰の現れであり、少年は再び母の羊水の中に帰っていったのかも・・・。

これほどまでに人間の奥底に潜む感情や衝動を暴く事の出来る漫画家がいるだろうか?…改めて言えることは、日野日出志先生はホラー作家では無く、あくまで表現方法として漫画を用いただけ。彼こそが”人間作家”であるということをここに強く訴えたいわ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)