寿命

2017年01月30日

寿命日記 生きるか、生かされるか編

201701010

日本でご長寿と言えば、きんさんぎんさん・・・当時、100歳を超えてもそのお元気な姿にビックリしたものよね…人間の寿命は永遠のテーマだけど一体最高幾つまで生きられるものなのかしら?

米の医科大学最新研究によれば最高寿命の上昇は1990年代にその終点に到達していることがわかったの…因みに最高寿命は1997年に122歳と164日でなくなったフランス人女性で、その後は横ばい状態が続いているんですって。

最近は医療、栄養、生活状態が向上し平均寿命が伸び続けているものの群を抜いて長寿命の人は以前ほど高齢に達していないそう。

専門家によれば今後長生きする人もいるかもしれないけれど125歳まで生きる確率は1万分の1に満たないのだとか…そもそも”寿命”は個体が生存する期間がどのくらいかを表し”最高寿命”はある生物種に即する最も町名の個体が到達する年齢を指すの…そして”平均寿命”はある年齢層の人々は持つ読み込まれる余命の平均値で、社会福祉の尺度となっているわ。

調査によると平均寿命は19世紀以降全世界に於いて連続的に上昇しているそうよ…これはやはり医学の進歩と生活の質の上昇によってもたらされたと言って良いのかもね…そう考えると自然な状態とは言えないし悪く言えば生きながらえさせている状態なのかもしれない。

今回の研究で改めて人間の最高寿命は限定されており自然の成約を受けるものであるということがわかった訳だけれど、不老長寿に果てしないロマンを求める人類にとっては絶望的・・・しかしここから従来型の医学の進歩に依存せず新たな方法を見出そうとする猛者が登場するかもしれないわ。

個人的には寿命を延ばすより日々人生の締め切りに追われると仮定して精一杯生きていたいと思うのよね…だっていつ何時何が起こるかわからないし、生きている間は自分なりに意味のある時間を刻んでいたいから・・・命あるもの、終わりがあるからこそ美しい。

そう言えば人に堕落する事で寿命を得た「city of angels」…それは堕落で無く生きる価値だったのよね。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年08月24日

日光浴日記 シミか寿命か・・・編

20150812引越してきてからというもの、日中は燦々とした太陽の光を堪能しているの。お肌のことを考えて必ず日焼け止めは塗るようにして、ベランダで読書をするのが最近の楽しみ・・・やはり太陽光線は気持ちの良いものよね。

よく母親がインドア派の子供に「外に出て遊びなさい!!」と叱る光景を目にするけれど、生っ白い肌の子供というのはどこか不健康な印象を抱いてしまう。

やはり黒々とした肌で走り回る子供の方が健康的に見えるものだわ…それを裏付けるかの如く、最近エディンバラ大学の皮膚学者が「太陽の日を日常的に浴びている人の方が寿命が長い」という論説を発表したの!!

博士曰く…まず太陽の光を浴びないと様々な病気にかかるそう。そう言えば私達の祖先は1日の大半を屋外で過ごしていたんですものね。日焼けは皮膚癌のもとではあるけれど発生率は非常に低く容易に治療できるから、まずは日を浴びるところから始めるべき。

次に太陽光を浴びる時間が長い人ほど寿命が長く、例え皮膚癌にかかっても平均寿命より長く生きる傾向が大きいんですって。実際に3万人のスウェーデン女性を対象にした調査では日常的に日光浴している人の方が平均でも20年も寿命が長かったそうよ。

日光浴が体に良いのはビタミンDの影響もあるけれど一酸化窒素の働きも重要なのだとか。日光を浴びた肌は血管内に一酸化窒素を放出させ、血圧を下げてくれるの。しかも血流アップさせるだけでなく新しい血管を作る作用があって、心疾患のリスクを下げてくれるという優れもの!!但しビタミンDや一酸化窒素系のサプリを飲んだとしても、日の光を浴びなければダメージはリカバリーできないそうよ。それにこれらが不足すれば、紫外線のダメージよりも肌が荒れるという恐ろしい結果が待っているわ。

他にも皮膚に悪性腫瘍が出来たとき日を浴びていないと悪化するなど、お日様の光がもたらす効果は実にたくさんあるものね。これほどまでに日を浴びることが大事だったなんて!!今日も家の近くのビーチでは、水着姿の外国人が日焼けしているわ…彼らは習慣なのか、それともこの事実を知っているのか・・・いずれにせよ、見習いたいところだわね…先ずはベランダで夕日から徐々に。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年08月05日

おすわり日記 立って兜の緒を締めよ!!編

20150802仕事上座りっぱなし…というのは現代人にとって当たり前のこと。しかしこの状況が寿命を縮めるという事実が様々な研究で判明したそうよ!

動かないので太る、喫煙が増える、添加物だらけの食品を絶えず口にする・・・座りっぱなしでいるとどうしてもこういった負の要因が増えがち。実際自分も座りっぱなしで作業する日々が続いていた日は体調が思わしくなかったわ。

長時間背もたれに身を預けると、筋肉の脂肪燃焼量が少なくなり心疾患や高血圧になるリスクが高いそうよ。更に運動不足で使われない筋肉がインスリンの刺激を受けにくくブドウ糖の取り込み能力が低下し糖尿病に繋がる可能性もあるの。最も恐ろしいのは乳がんと結腸がんの有無にも影響し、活性酸素が増えて老化を加速するんですって!

適度な運動が癌細胞をや活性酸素撲滅に必要だと聞いてしまえば、もう座っていられない。座るという行為は確かに楽ではあるけれど、まさか死へのカウントダウンを発動していたとは・・・確かにそのままの姿勢でいるとストレスもたまるし、一体どうしたらいいのかしら?研究によれば、勤務中毎日少なくとも2時間は席を立ち、そのうち4時間くらいに増やしていくのがベストなんだとか。

専門家によると2時間が健康の分岐点であり、2時間を超えると立っている時間が1時間増える毎に病気や死亡のリスクが軽減されるそうよ。米の大手企業では「立ち机」なるものが開発され、立ったまま仕事を行う状態を作っているとか・・・凄い。

ただ立ちっぱなしも辛いので、立つ時間と座る時間を半々にするのが最も良い方法なんですって…自分自身最近は立つ時間の方が長いから状況が逆転してしまったけれど、立ちっぱなしも腰に来るお年頃なので気をつけたいわ。

何よりもストレスをためずにちょこちょこ動いたり休んだりする…という事が何よりも長生きに繋がるのかもね…まずは机の上のおやつを片付けなくては・・・。そう言えばApple Watchは1時間以上座りっぱなしだと「さぁ!!スタンドのお時間です!!・・・」て、お知らせしてくれるのよ…これで長生きできるかしら!?…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)