子連れ狼

2014年01月18日

新子連れ狼日記 ちゃんからてちょへ・・・編

20140115

名作「子連れ狼」の続編である「新・子連れ狼」…噂には聞いていたけれど、まだ読んだことがなかったので愛蔵版リリースを機に一気に大人買いして読み切ったわ。

原作は勿論、前回に引き続き小池一夫氏、作画は今回、森秀樹氏が担当よ。物語は八丁河岸での拜一刀と柳生烈堂の死闘後からスタート。父の亡骸の前で力尽きてしまった大五郎は、偶然通りかかった元薩摩藩士の東郷重位に助けられ、父と烈堂を荼毘に付す事が出来たの。

重位は武者修行で全国を旅していたのだけれど、自分と一刀の愛刀が同じ同太貫であり、一刀の鞘に自分の刀が寸分狂わず納まること、大五郎の幼いながらも武士魂を持つ姿勢に因縁を感じ、共に旅することになったわ。重位は薩摩示現流の開祖で、薩摩藩の藩主・島津光久の剣術指南役を務めていたほどの名手で、大五郎は道々彼からスパルタ的指導を受けながら剣士として成長していくのよ。

そんな中、島津家を断絶させようとする老中松平伊豆守の陰謀に巻き込まれ、新たに親子となった2人は再び冥府魔道の道を歩むことになったわ。今回は己の性を自在に変幻可能の能力を持つ忍、自分の顔を焼き切り息子を刺客にしてまで自分の欲を満たそうとする松平伊豆守、敵を愛し老いても尚その愛を貫いた女剣士など、登場人物たちの悲しく過酷な人生がたっぷりと描かれているのだけど、前作の様に個々に際立った感じはない気がするのよね。

登場するロシア人女性のネーミングもミラ・ジョボビッチ、となんだか直球すぎる感も否めない。しかしながら、前作の小島剛夕氏の作画スタイルを踏襲しているかのような森氏の劇画タッチと構成力は圧巻よ!両雄とも筆と墨の魔術師と言って良いほど、このアイテムだけでダイナミックに躍動感溢れる線を表現しているのよね。

小島氏は筆で大胆さとスピードを、森氏は大胆な中にも細やかな美しさと度肝を抜く構図と、腹立たしい程のレベルの高さよ。相も変わらず穏やかな生活を送ることを許されない大五郎・・・またもや刺客に狙われる日々を送るわけだけど、"ちゃん"である一刀は無口で身を以て剣のなんたるかを教えるのに対し、"てちょ"になった重位はよく話し、厳しいながらも最後は大五郎を暖かく包んでくれる。

同じく過酷な境遇ではあるけれど、今回、本当の親子の様に感情をぶつけ合っている2人を見てなんだかほっとしてしまったわ・・・心なしか大五郎の表情も明るい気がするの。重位の武士としての姿勢は一刀同様筋が通っており、剣を持つ者としての重さや魂の部分は、現在をただ安穏と生きてしまっている自分に渇を入れてくれるわ。「子連れ狼」は自分にとって人生のバイブルであり、ものづくり刺激剤でもあるのよね。

今作のラストは又もや・・・の結末だけど、次のシリーズに繋がるエンディングなのでまた大人買いしちゃおうかしら。大五郎!とにかく幸せになって。お母さんは心配です・・・。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)

2014年01月17日

子連れ狼日記6 愛蔵版は人生のバイブル編

20140114

名作と謳われる作品には幾つかの特徴があるもの。それはストーリーであったり登場人物であったり、様々な要素が挙げられるけれど、特に重要なのは「如何に物語の中でキャラクター達が生きているか」という事に尽きる気がしてならないのよね。

このブログで幾度となくご紹介してきた名作「子連れ狼」…その映像の素晴らしさは勿論だけど、その源である原作は日本の財産と言うべきか・・・。ストーリーも見事ながら、その作画力は驚異としか言いようが無い。

ページをめくる度、キャラクター達の息遣いが感じられるほど"生きて"いるのよ!原作はお馴染みの小池一夫氏、そして作画は小島剛夕氏というゴールデンコンビ。小島氏に関しては殆ど存じ上げなかったけれど、筆を駆使した大胆なタッチとスピード感、そして太い筆遣いの中にキラリと光る艶に一瞬にして魅了されてしまうわ。

個人的に好きな白土三平氏の作画に酷似している部分もあるな、と思っていたら白土氏の代表作である「カムイ伝」の作画も担当していた時期もあったと知り、ビックリ!小島氏は紙芝居から貸本屋、そして青年漫画とまさに漫画の生き証人のような作家であり、その遍歴が本作により深みと命を与えたのだと痛感したわよ。

コマ割りは非常にシンプルながら、その枠内では留まらない奥行きと重厚感に引き込まれるわ。勿論スクリーントーンはほぼ使用せず、陰影も大胆な描き込みで無駄の無い美しさ。こんな線が描けるようになったら・・・出来るなら、生涯かけて追求したいものだわ。愛蔵版は全部で20巻有り、当然のことながら全巻揃えたのだけれど、それぞれの表紙絵もレイアウトも素晴らしくてため息もの。

しかもよくもまあ、これだけのストーリーと余すところなく表現出来るものなのだなと、ただただ感心するばかり。前回もご紹介したけれど、主人公・拜一刀の敵方の一人であった阿部頼母が切腹するシーンは壮絶ね。僅か数ページで切腹という行為への怯え、刑を敢行させようとする周囲の武士への怒り、一刀に諭され死を受け入れるまでの頼母の心の推移が心に響き伝わって来るの。

紙と墨、このモノクロの世界がこれほどまでに人の心の明暗を描き出せるなんて…まさに神業よ!1度読み始めたらページをめくる手が止まらなくなるわ。最早「子連れ狼」は人生のバイブル…1家族に1セット必須になる日は近い。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年09月16日

子連れ狼日記5 不滅の父と子シーズン3後編

20130912阿部頼母…別名"阿部怪異”…その醜悪なルックスは一見しただけで忘れられないし、利己主義でずる賢く、しかしユーモラスな行動は子供そのもの。

一刀と烈堂を陥れようと画策するも、最期は烈堂の策にはまり切腹する事になるの。毒薬を使って人を死に追い込んでおきながら自分の死を恐れ、自分が愛した女達に縋り、「死にたくなーい」と泣きわめく姿は実に人間らしい。

不思議なことに頼母の周囲にいる女性達は皆、醜悪な彼を愛しその命まで差し出したのよ・・・これってきっと頼母にとって女達はこの世で唯一信じられる存在であり、誠心誠意彼女達に愛を捧げてきたなのかも。そう思うと憎めないわ。

切腹の段で、頼母は時世の句を詠まず、泣きながら自分がよく口ずさむ"毒屋の子の歌"を歌い、切腹に立ち会った大名達は武士らしからぬその姿を冷笑したけれど、この姿がとにかく切ないなんてもんじゃない。一刀や烈堂の1本筋の通った武士道に憧れつつも、自分はそれが理解出来ない、でもずっと自由に楽しく生きていたい、そんなジレンマの中で生き続けた頼母の心の闇と光を求める悲鳴のような叫び…この役はやはり金田氏以外演じるのは不可能よ。

生に執着する頼母は暴れ、切腹の席は大名達の血の海と化したけれど、最期は元公儀介錯人である一刀の手にかかるの。頼母は「お前の手に掛かるとはな・・・」と呟くものの、これが頼母にとって救いであり、恐らく憧憬を抱く一刀の手に掛かったことが本望と言えるわ。この回の映像は、日本のエンターテインメント史上語り継ぐべき名シーンよ。

さて、頼母の死後、ようやく一刀と烈堂は様々な犠牲と試練を乗り越え八丁河原で対決するのだけど、父は愛する子に川を前に最後のメッセージを残す。

「人の命は波と同じで耐えることは無い、生まれ変わっても自分達は父と子なのだ・・・」と。

この時萬屋錦之介は疑うこと無き「拜一刀」その人なのだと改めて痛感したわ。この言葉を文字にしている今も涙が止まらないのよ。どれだけこの親子の絆が深いのか、命とはなんて強く儚いものなのか・・・自分の愛する人の命の灯が消えようとする時、そんな風に思えたらどんなに良いだろう。

竹阿弥が死の直前「死とは恐ろしいものではない・・・ほら、私の顔は笑ってますでしょう?」と大五郎に笑って見せた姿を自分自身いつまでも脳裏に焼き付けておきたいと思ったわ。

長い因縁という言葉では片付けられない死闘は幕を閉じたけれど、一刀の武士としての気高く誇り高い姿は、日本人が失ってしまったもの全てを体現している。この戦いは勝敗どうこうではなく、人間はどう生きるべきなのか、どうあるべきなのかという問題提起の様な気がするわ。

この世は全て表裏一体・・・拜一刀、柳生烈堂、この2人を通して生の反対側に位置する死についてもう一度ゆっくり考えてみたいものね。とにもかくにもこんな素晴らしい作品に出会えた事に深く感謝したい。よっ!萬屋!最高!!(完)

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年09月15日

子連れ狼日記4 不滅の父と子シーズン3前編

20130911「子連れ狼」…この作品が母国で産声をあげたというのは、日本人として本当に誇らしいこと。これまでシーズン1と2を簡単にご紹介してきたけれど、いよいよ怒濤のシーズン3をご紹介するわ。

遂に拜一刀親子は賞金稼ぎや柳生の刺客と戦い、数多の苦難を乗り越えて江戸へ。

ここから登場するキャラクターは特に色濃く、一刀親子を私利私欲で付け狙う人物達より、身分の違いを超え一刀の生き様に共感する者、一族を絶やしても忍びとしての宿命を受け入れる者など、それぞれに「武士道」を貫き尊ぶという姿勢が物語全体に緊張感と悲哀を漂わせていたわ。

敵方である、柳生烈堂の配下である"草"の底知れぬ悲しみが存分に描かれているのも素晴らしい。一刀と烈堂が運命の八丁河原で死闘に臨むまで、とにかく心の奥底にある熱いものを引っ張り出されるようなエピソードが続くの。

死闘を前に白装束を依頼する一刀親子に反発するも、最後は一刀の信念を尊重した心優しい反物屋の夫婦・・・一刀を愛し、守り、彼の腕の中で女として最期を迎えたお酉・・・自らの命を絶って大五郎に「死は怖くない」と訴えた下僕の竹阿弥・・・これでもか!というクオリティと演技力に震えが来る。

このシーズンで忘れていけないのは金田龍之介演じる「阿部頼母」!彼は将軍のお毒味役という毒薬のプロフェッショナルなのだけど、原作で劇画を担当する小島剛夕氏が金田氏をモデルに描いたというエピソードがあり、キャスティングとしてはこれ以上のものは無い!!!!!!というぐらいのシンクロぶりよ。

そして不思議なことに物語の中盤あたりから彼の強烈なキャラが加速し、烈堂がどんどん良い人物に見えてくるという怪現象が起こり始めたの。この主役2人を完全に食ってしまった阿部頼母…一体何者??  明日につづく・・「ねんねん さいころ 毒屋の子 すり鉢もてこい 毒作ろ・・
20130913


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(3)

2013年01月10日

子連れ狼日記3 死闘!裏柳生シーズン2編

20130113お正月にじっくりと楽しみながら全シリーズを鑑賞中の萬屋錦之介TV版「子連れ狼」…シーズン2を見終わったわ!

衝撃のシーズン1に続き拝親子の過酷な旅は続く「子連れ狼」シーズン2…更に色濃くゲスト俳優も豪華になっていくけど、適材適所のキャスティングに大満足ね。

ストーリーが進むにつれ、聞き慣れない言葉や独特の造語が出てくるけど、秀逸だと思ったのは23話「生前香典」。公儀介錯人・雲に任命された者は死んだ者としてその使命を果たすべく生き、生きたまま葬式を行い香典は残された妻に委ねられるというもの。男としては名誉であっても残された家族にとってはたまったものではないわよね。しかし生きたまま卍布を付けて座り、葬儀が行われる様というのは非常に不気味だったわ。

24話「病い星」では、萬屋錦之介の実弟が以前登場した時とは真逆で人間味たっぷりの不肖の息子を演じているの。さすが萬屋!兄弟共演も引けを取らないわ。25話の「十三弦」では田島令子さんが男勝りのじゃじゃ馬姫を演じているけど、これがオスカルと被ってきて良い感じだし、余談だけど10話の「邪気をはらう日」では幼い杉田かおるさんが隠れキリシタンを演じ、友人の母上である入江若葉さんがその母を演じているのもナイス・キャスティング!

シーズン2は宿敵柳生列堂が様々な刺客を襲わせるも、拝親子はその絆と一念で倒していくの。大五郎も成長して生きることの過酷さを更に学び、一刀は一見非常に見えても、深い愛情を持って我が子に接している姿が心を打つわ。

最大の見所は烈堂が送った最大の刺客・愛娘の鞘香ね!演じる小川節子さんが実に美しく、一刀との決戦では現代的なブラトップ姿で対決するのだけど、これはサービスでなく編み出す技の状況から機能的であるということが理解出来るの。安っぽいドラマだと現代的アイテムは御法度だろうけど、必然で作られたのだなと見る側に理解させるのもお見事よね。

愛娘を殺人兵器に仕立てる父、それに全身全霊で応えようとする娘、自ら囮になる大五郎、子供を目くらましにしても守る拝一刀・・・どちらも歪な形ではあっても、そこには強い絆で結ばれた親子愛が確実に存在するわ。ますます過酷になっていくシーズン3・・・最終話は一体どうなっていくのかまたご紹介させて頂くわね!


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)

2012年06月23日

子連れ狼日記2 シーズン1刺客街道編

20120623日本を代表するエンターテインメント作品「子連れ狼」。原作の素晴らしさは勿論だけど、1973年に放映されたテレビシリーズは脚本、演出、キャスティング・・・全てにおいてクオリティが高いわ。

当時は、映画を手がけている監督がテレビシリーズを手がけているとあって1本1本が映画の様に仕上がっているの。テレビは3シーズンで構成されているのだけど、どれもこれも秀逸。これからちょこちょこご紹介させて頂くのでよろしくお願いしますね。

さて、まずはこのストーリー、公儀介錯人の地位を持つ拝一刀は、裏柳生の策略にはまり妻も一族も全て殺されてしまうの。一刀は生き残った一子・大五郎を連れ、一殺五百両で刺客を請け負い、裏柳生に復讐しようと諸国をさすらう、というのが大筋ね。本編で幾度となく出てくる「冥府魔道」という言葉は原作者・小池一夫氏の造語なのだけど、一刀親子が復讐を成し遂げんと歩む道は険しく、人としての全ての幸せや欲を捨て修羅として生きる、という意味合いが伝わるし、語音も良いのよね。

しかしこれだけ重く辛いストーリーでありながら、ゴールデンタイムに放送されていたという粋さ!しかも当時の風習や人々の生活などの描写もきちんとなされているので歴史的に興味深い部分も多いわ。でもなにより根本であるストーリーがしっかりしているのと、拝一刀役を自らアピールして勝ち取った萬屋錦之介の神懸かった演技力にはひれ伏しかない!あぁ、リアルタイムで見た人は幸せね。

でも最近ようやくDVDを入手することが出来たので、毎日大事に見ているの。第一部で特に心臓をえぐり取られたのは、第4話の「刺客街道」で妻と一族を殺された一刀がその怒りを柳生烈堂にぶつけるシーン。歌舞伎の口上の様にセリフを語り出すと、怒りがギシギシと伝わって来て画面から目が離せないの。

歌舞伎役者である錦之介の見事な時代劇との融合・・・これは彼にしか出来ない、新しいスタイルを確立したと言っていいのではないかしら。一刀は公儀介錯人時代はまだあの青いシャドウのメイクではなかったけれど、この後から例の特徴的な青シャドウになっていくの。それは、彼が今まで公儀とはいえ命を奪っていた者達を弔うため祀っていた不動明王にそっくり・・・!という事は一刀が冥府魔道に生きる上で不動明王が守りについたという解釈になるわね。一歩間違えればこの斬新なメイクはコミカルに映ってしまいそうだけど、こういった意味合いをきちんと表現しているのよね・・・納得。

毎回登場するゲストの俳優陣も超豪華!シーズン1の主演女優賞は浜木綿子さんなの。第6話の「あんにゃとあねま」では穂積隆信さんや竹下景子さんも出演しているけど、浜さん演じる女郎を仕切る頭の酉蔵は際立っていたわ。女を捨てて男の着物をいなせに着流し、凛とした美しさは目を見張るものがあるもの。でもその中に女を捨てたほどの悲しさ、そして一刀の武士道を目の当たりにした後垣間見えた女としての部分が見事に演じられていたわ。

この回で登場した「ぷりぷり」という拷問シーンも見物よ!語り出したらまだまだ止まらないけど、一刀親子が冥府魔道を進むにつれてどこか神々しさを感じるようになったのはピポ子だけでは無いはず・・今度は改めてシーズン2のご紹介をさせて頂くわね。お付き合い下さい!

pipopipotv at 00:09|PermalinkComments(2)

2012年04月10日

子連れ狼日記1 冥府魔道コンプリート編

20120409うちのスタッフは色々国外の映画制作に関わってるので様々な情報な毎日入ってくるだけど、最近もあっと驚く情報が届いたらしいのよ。それは何と、あの「子連れ狼」が北米での映画化権をKamala Filmが獲得して脚本は「ブレードランナー」等で有名なチームが担当して映画化の話が進行中との事。

で、冥府魔道に生きるピポ子としてはこれは萬屋錦之介版のシリーズを全て見ておかないとと言う事で廉価版DVDをコンプリートしたわよ!

実は以前も見たいな思ってAmazonで探したのだけどBOXが結構なお値段で躊躇してたら、書籍じゃなくておもちゃのコーナーでシーズン毎に売ってるっていう情報を入手…早速探してみたら本当にあったじゃないですか!それも1シーズン\9300というリーズナブルなお値段で。

何でこのDVDがおもちゃのコーナーで売ってるのかは謎だけど、それはやっぱり冥府魔道って事で勝手に決着…通常のBOXとどこが違ったかというと本編の頭の主題歌の部分がカットされてるのよ…完全版を求める人には満足できないかもしれないけど自分的には全然OK!

今、シーズン2の頭を見てるけど凄すぎてあらためて「子連れ狼」はブログで語らせて頂くわね。うぅ!子役の杉田かおるが張り付けにされて刺されてる…今だったら絶対にNGシーンの連続よね!この救いの無さがたまらん!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0)