妖怪

2015年04月08日

どろろ日記 48ヶ所の優越感編

20150405「どろろ」といえば、手塚治虫作品の中で最高傑作といえるわ…戦国時代を背景に描かれた妖怪もの、というと何だか軽々しく聞こえてしまうけれど、1960年代にこれほどまでに重く強いメッセージ性をもつ作品が生まれていたなんて身震いしてしまう。

連載当時あまりの内容の暗さに打ち切られるという状況に陥りながらも、最終的にアニメ化に至ったわ。しかしながら、あの可愛らしい手塚タッチのキャラクター達が己と対峙し戦い続ける様は今なお読み手の心を捉えて放さない。

8年ほど前に人気俳優を起用して映画化されたけれど、VFXばかりがピックアップされ作品の主題は薄められてしまうという残念な結果になってしまったのよね。

物語は、天下を執ろうとする実の父の企てにより体の48カ所を魔物に奪われた少年・百鬼丸が、魔物を倒し己の体を取り戻すというものよ。ひょんな事で盗賊の子供・どろろを救い共に旅をすることになるのだけれど、どろろ自身不遇な身の上であるにも関わらず前向きで、その強さが百鬼丸を救ったと言えるかも。しかもどろろは女の子・・・「リボンの騎士」の如き甘い展開があるかも、という期待を匂わせながらも本編のテーマをどっしりと貫く手塚マジックには脱帽よ。

最大のテーマは「差別」…本当に恐ろしいのは魔物ではない。不自由な体を好奇の目で見たり蔑む「人間」こそが最も恐ろしい存在だと言うことを手塚先生は強く訴えている。人は必ず他人と自分を比較し、優越感や劣等感を抱くものよね。世間体を重んじ、普通というレールから外れてはいないか、より高い場所に登れているか、そんな事ばかりを考えてしまう。

自分自身も知らず知らずのうちにそんな状況に陥ることもあるし、特に日本に於いてはその傾向は強い気がしてならないわ。最終的に百鬼丸は完全に体を取り戻すのだけれど、彼の真の戦いはここから・・・!これまでの苦難を糧にして生身で世の中と渡り合う事こそが最も酷なことなのかもしれない。

改めて原作を読み返してみて、なんとも重くモヤモヤした気持ちになるというのは、まだまだ優越感を捨て切れていないから・・・?さてさて、このリトマス試験作品、是非皆さんもチャレンジしてみて下さい。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(4)

2014年08月15日

妖怪・幽霊日記2 夏の夜の如き絡む女の念・・・編

20140818お盆ですね…先月から太田記念美術館で開催中の「江戸妖怪大図鑑」…遂に、お待ちかねの第2弾企画『幽霊編』がスタートしたわ。

館内は背筋も凍るような数々の錦絵が展示され、外の激しい日差しもどこへやら。なるべく人の少ない平日を選んだのだけれど、海外からのお客様でごった返していてびっくりよ。

こういった日本の伝統的な作品は、彼らにミステリアスな印象を与えるのかしらね…そんな事を考えながら、自分も彼ら同様じっくり鑑賞開始。

タイトルどおり"幽霊"をピックアップしているのだけど、やはり幽霊と言えば女性!そして男女間の恋愛のもつれをテーマにしたものが殆どね。ドロドロ恋愛の代表作と言えばまず「四谷怪談」のお岩さん!珍しい作品としては、豊原国周と揚州周延の両雄が描いた仕掛け錦絵だわ。

大きな提灯が描かれているかと思いきや、紙をずらすとその中にお岩の恨めしい顔が描かれていたり、お岩の夫伊右衛門が小平という男を殺し板にくくりつける場面で板の部分をめくればお岩の死体になっていたりとなかなか凝っているの。

後は歌川国芳作の「蛇山庵室での夢の場面」では、美しい娘の姿で伊右衛門の前に現れたお岩が情事の後正体を現すという場面を描いているのだけど、美女と骸骨のようなお岩の姿がレイヤーの様に重なり合って美しく・・・恐ろしい。今作をテーマにした作品は多々あれど、こういう視点で描くなんて素晴らしいわ。続いて「累が淵」で有名な累(かさね)。

姉の祟りで醜くなった娘、累が夫に殺されるという物語なのだけど、注目すべきはこの当時の醜女の定義なの。下ぶくれ、唇が分厚い、鼻孔が広い、などなど。

歌川豊国が描いた作品では、そんなルックスの累が非情にも叩き殺されているわ。もしこの時代に生まれていたら・・・考えるのはやめておこう。

続いては男性の登場で「木幡小平次」よ。幽霊を演じたら超一流の役者小平次が、女房のおとわを手に入れんとする間男と女房に裏切られ殺されるというお話なの。葛飾北斎の幽霊になって裏切り者達の閨に登場する作品は有名だけれど、歌川国貞は小平次が間男にリンチに遭い魂が離れかけている向こうで、おとわがほくそ笑みながらその様子をこっそり見ているという場面を描いていて、物語を瞬時に把握出来るわ。

別作品では、閨に現れた小平次の霊はまだ人間の風体を保っており、すやすや眠るおとわをじっと見つめている・・・どちらも人間の生々しい部分が描かれていてゾッとする。続いて登場する男性は「清玄」。清玄という僧侶が桜姫に恋をしストーカーの如くつきまとうのだけど、姫の家の者に殺害されてしまう。幽霊になった彼はなおも姫に執着するというお話なの。

ここで登場するのがモダンな構図と画法の魔術師、月岡芳年よ!画面の下方にリラックス気味の桜姫が妖艶に描かれ、彼女の身につけている着物は一部の柄がエンボス加工になっているの。清玄自身は背後にある襖にシルエットだけで表現されているのも憎い。更に付け加えるのなら、画面の外枠がわざとギザギザなデザインで破れているかの様に描かれているのも秀逸よ。ここまで細部にまでこだわるとはさすがだわ・・・!

彼の別作品で、「安珍清姫」の清姫が愛しい安珍を追って日高川を渡りこれから蛇に変化する場面を描いたものがあるの。手を前にかがんだ体勢で濡れた髪まとわりついている姿は、まさに1秒後には蛇になるといった息遣いが感じられる。まるでコピックを使って描いたのか?と思う様な質感にもただただ驚かされたわ。とにかく登場するどの女性も男性も美しく、皆恋することに正直よ。

自分の思うがままに人を愛し、憎み、悲しむ・・・そんな人間の欲や執念が"幽霊"という形を借りて表現されているのがお見事ね。幽霊はついグロテスクな容貌に囚われがちだけど、その背景にある人間の悲しみや苦しみ、そしてちょっぴりのユーモラスさは感慨深いものがあるわ。だからこそ生きている者は彼らに惹かれるのかもしれない。

ねっとりと絡みつくような夏の夜、ふと彼らの物語と自分の物語を照らし合わせてみれば・・・本当に恐ろしいのは自分自身の念だということに気付くかしら?き・・・きゃーっ!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年07月14日

妖怪・幽霊日記1 江戸を彩る夏のあやかし編

20140711「江戸妖怪大図鑑」…なんとも興味をそそられるタイトルではありませんか…7/1から表参道の太田記念美術館で開催されている展覧会なのだけれど、平日にも関わらず沢山の人が訪れていたわ。

会期は9/25までで、期間中「化け物」「幽霊」「妖術使い」という3つのカテゴリーに分けるそう。

今回は初回の「化け物」編よ…作品を傷めないために落とされた照明の中に、ぼんやりと浮かぶあやかし達は迫力満点!・・・目を剥き、大口を開け、じいっとこちらを見つめているわ。1700年代から1800年代に描かれた錦絵 (浮世絵の多色刷り木版画)を集めたもので、天保の改革以降幕末にかけて、不安な世相を暗示したり風刺しているものも多いの。

この当時の化け物は、鬼、土蜘蛛、天狗、河童、化け猫が代表格で、必ず武者とセットになっているのよ。まず目についたのは、歌川国芳作「梅初春 五拾三次」と「源頼光公館 土蜘蛛妖怪之図」ね。前者は立ち姿の役者を背景に手ぬぐいをまいて踊る猫や、猫顔のアップ、行燈シルエットの猫などが描かれ実にポップな印象。

後者は四天王が頼光の屋敷で囲碁を打ち宿直している背後で、巻物の模様のように描かれた妖怪達が忍び寄り、どこか現代的なの。どちらも今でいうところのポスターの様な構成で、インパクト大ね。その隣には恐怖に目を奪われてしまう、歌川芳艶作「土蜘蛛」がど迫力で鎮座よ。

中央に大胆に描かれた土蜘蛛は、その体に小さな蜘蛛を模様のように施した上、生々しい蛇たちを触手のように巻き付けているの。緑の目は何かに飢えたように冴え渡り、その形相は蜘蛛というより異形の怪物そのもの。今までこれほど怖い蜘蛛を見たことがあるかしら・・・夢に出そうよ。

構図で面白いものとしては、これまた国芳作「鵺 大尾」と勝川春章作「羅生門」ね。前者は頼政の鵺退治を描いたもので、中央に大きく暴れる鵺、そして肝心の頼政は画面右下に顔も見えないほど小さく描かれているの。この対比で鵺の巨大ぶりが理解出来るけれどなんとも大胆だわ。

一方「羅生門」は劇画タッチの上に、この時代には珍しい縦絵の構図。更に上部のベタフラッシュの様なラインが、鬼が高いところから渡辺綱に襲いかかるという緊迫感を表現しているわ。現代的といえば、特に秀でていたのは、月岡芳年の作品ね。しなやかな細身のラインはどこか色っぽく、真っ黒な僧侶のあやかしをコントラストを変えて描き、レイヤーの様に塗りわけているのも現代の手法を暗示しているよう。

特に驚かされたのは、「不知やぶ八幡実怪」という、水戸黄門が下総国の八幡藪という禁足地で妖怪に出会うという作品なの。あやかしのボスはどこから見てもゼウスそのものだし、右手に登場する2番手あやかしはホビット、左手の黒髪のあやかし美女は西洋の女神といった具合。

この作品が100年以上も昔に描かれたなんて信じられないモダンさよ。その他にも河童の4コマ漫画風や、薬と病気を擬人化した合戦、ウルトラQの如くシルエットであやかしをデザイン的に配列した作品など、そのアイディアと着眼点にはただただ驚かされるばかり!この時点で、日本のデザインの様々なアイディアが出尽くしてしまったのではないか・・・と思う程だわ。

どの作品も生命力に溢れ、これぞ、エンターテインメント!と言わしめる逸品ばかり。まだまだ紹介したりないけれど、是非皆さんの目で確かめて頂きたいわ。蒸し暑い梅雨、頭も体もクールにしたいのならお薦めよ!ヒュ~・・・どろろろ~ん。

【太田記念美術館】
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/H26070809-edoyokaidaizukan.html

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)