六本木ヒルズ

2017年06月28日

マーベル展日記 歴史に彩られたヒーロー達編

20170609開催告知から予定は立てていたものの結局閉幕ギリギリで駆け込む事になってしまった「マーベル展:時代が創造したヒーローの世界」・・・場所は以前お仕事で何度も訪れた六本木ヒルズの52階という事もあり、こんな風な展示がされるのではと思いを巡らせていたの。

予想通りではあったけれどエントランスの高さ5メートルにも及ぶアイアンマンは見応え十分!!…東京シティビューから一望…あの素晴らしい景観と見事リンク。

展示は幾つかのセクションに別れていて1930年に創刊されたマーベルの前身であるタイムリー・コミックスの「マーベル・コミックス」から始まり「キャプテン・アメリカ」「アイアンマン」そして「ドクターストレンジ」から「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーズ」に至るまで各キャラクターの詳細や位置付けなどをじっくり理解する事が出来たの。

個人的には「アベンジャーズ」「ガーディアンズ」にも登場する凶悪ヴィランである”サノス”の存在が不明瞭だったのだけど今回の展示でようやく理解出来たのよね…彼は元々平和を愛するタイタン人だったのだけど、死の女神デスを愛してしまい彼女をふり向かせようと「エイジ・オブ・ウルトロン」でも描かれた魂…時間などを支配する宝石「インフィニティストーン」を使って全宇宙の生命体の半分を消去させたのよ…という事はサノスの横恋慕が世界を、そして宇宙を困惑させたのか・・・!?そう考えるとなかなか人間的で面白いわよね。

展示物は貴重なものが多く、あまりにも線が美しすぎて凝視してしまう生原稿や扉絵などの展示にはガラスに鼻が付くほど見入ってしまった…いやぁ~修正している部分が殆ど無い潔い線、フリーハンドなのに製図!?と驚愕する程の一定の筆圧・・・クオリティの高さにただただ口をあんぐりよ。

20170608更に精巧で垂涎もののフィギュア、映画で使われた各キャラクターの衣装の展示も実に興味深かったわ…男性陣の衣装の素材の細やさやディテールも素晴らしい…質感、ビジュアルは勿論のこと実用性があるものが多く、あのハードなシーンを演じきる為には数々のアイディアが捻られていたのだと痛感させられたわ。

別の意味で驚いたのは”ブラック・ウィドウ”の完璧なプロポーション・・・!!衣装から腰の細さ、脚の長さを垣間見ることが出来、文字通り彼女が魔女であると確信よ…そして歴代アイアンマンが一同に会するコーナーも圧巻だったけれど中でも映画「アイアンマン」で登場した初号機「マーク1」の姿には興奮してしまったわ。

ちょっと物足りなかったのは日本の漫画家やイラストレーターによる「マーベル・アート」と物販ね…寺田克也氏の作品ははまっていたけれど日本開催だからといって企画しなくても良かったのではと思ったりして…物販はツボを突いたものがなかなか無く「ガーディアンズ」のロケットとヨンドゥのグッズが欲しくて探したけれどポスターしか見当たらず・・・で、お買い上げ。

平日にも関わらず来場者は多くコスプレの人や展示物を素通りせずしっかり読む人が多く、実に勤勉でマニアックな方が多かったわ…他の来場者を気遣って声を立てたくないのか、近距離でメールで会話するファンもいたりして模範的・・・兎にも角にも色々な意味で楽しめたわ…グッズをこれでもかと用意する商魂のたくましさに呆れつつ欲しい物がないので油断していると階下で「キャプテン・アメリカ」のお弁当箱を発見!!最後の最後で箸箱とセットで持ち帰りました、とさ・・・恐るべしマーベル・パワー!!!


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年08月07日

真夏の積乱雲日記 ヒルズのお山は滅びの山!?編

20150705毎日暑い日が続き熱中症で運ばれる人も多数なこの数日。

東京でもエアコンを入れないと部屋の中が40度近くまで上昇してしまうと言う人も・・・。そんな最中、昨日の日没から巨大な積乱雲がモクモクと漂いはじめ音も無く物凄い閃光が・・・。

それが丁度、六本木ヒルズの上空近辺だったので撮影してみると、幾度もヒルズの方角に閃光が走るではありませんか。

その時、ふと思ったのが、ヒルズの上に「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくる悪の親玉、サウロンの目を乗っけてみたらそれっぽくなるかと・・・。

合成してみると、いい感じでサウロン・ヒルズタワーの目に滅びの山からの閃光が…そうかやっぱり六本木ヒルズはサウロンだったのかと(笑)

閃光は30分ほどだったのですが、雷的な音は無く、ただ光がダークな雲を照らし出す様は素晴らしいアートで驚きでしたよ。このようなダイナミックな光景を目にするとしないとでは確実に自分の色彩感覚が違ってきますよね。自然は最高の先生です!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年03月13日

レスタジ日記 特別な日に・・・編

20130310お天気の良い日はテラスでシャンパン、なんていうロケーションにはうってつけのイタリアン・レストラン「レスタジ」

ここは六本木ヒルズの敷地内、けやき坂ゲートタワーの中にあるので、隠れ家的な落ち着いたレストランなの。打ち合わせ帰りにディナーをと思い予約を入れたのだけど、ここはデートや記念日に訪れるべきところよ。

書斎をイメージしたウェイティングは落ち着いた雰囲気で何時間でもいたくなるし、回廊の先にあるワインセラーは圧巻。100坪もある外のテラスには白いテーブルクロスのかかったテーブルが点在し、非日常の空間を演出していたわ。

魅力的な要素は多々あれど、最大の目的は、大好きな牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ風のディナー・コース!まずはウニ、イベリコの生ハム、パプリカのアミューズからスタートよ。とにかくお皿全体に花が咲いたような美しさ…コースはやはり華々しく始まるのが嬉しいわ。

その後は珍しくスカンピが入荷しているというので注文し、その可愛らしい身体を一気に食したわ。そして鰤のカルパッチョを白ワインと共にペロリ。そして「バッカラ・マンテカート」と呼ばれる干し鱈のペーストに温野菜、それをポレンタと呼ばれるスクランブルエッグのようなものと一緒に頂いたわ。

このお皿は全てがイタリアの伝統的なものばかりでとても優しい味わい。続いてモチモチの生パスタにシンプルな魚介類と楽しみ、遂にメインの牛フィレとフォアグラが登場よ!贅沢にも黒トリュフを加え香りも楽しんだわ。

ロッシーニは大好物なのだけど、こんなに美味しいのは久しぶり…もう少し食べたい、という適度な匙加減がお行儀良い。デザートはフルーツとキャラメルのアイスクリーム…これまたフルーツの甘みを活かしたキャラメルの絶妙な甘さで「やられた!」という感じよ。

どのお皿も文句無しに二重丸!ゆっくりと贅沢にディナーを楽しむなら、間違いなくこのお店をお薦めするわ。もう少し暖かくなったらテラス席でランチを楽しむのも良いかも・・・その前に、お仕事頑張らなくては!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)