低音

2017年05月10日

低音日記 大統領も夢じゃない??編

20170507私達が投票する際決め手となるのは支持する政党や政策、候補者の印象など実に様々…立候補演説などで話上手な人は「何かやってくれそう」という期待を抱かせてくれるわよね…でも実は候補者自身の声が重要な役割を担っているんですって。

声のピッチの好き嫌いが当選の明暗を分ける・・・しかも低い声の候補者の方が選挙で勝てる可能性が高い…という事がある研究でわかったのよ。

マイアミ大学の政治学者によると、声に含まれた信号を分析すればどの投票者が選ばれるか理由を部分的に説明することが出来るのだとか…支持政党やある問題に対しての自分の考えが大きな要因にはなるけれど判断材料が少ない投票者は候補者の顔色などを手がかりに投票する傾向があるそう。

こうした生物学的な手がかりは見聞きした時間が数秒でも後々まで印象に残り続けるというから興味深いわ。でも人間がある人物について判断を下す際、最も重要なのは声なの…低音の男性も女性も一般的に魅力的とみなされ低い声の方が高い声より社会的な影響力が強いと思われる傾向が強いんですって。

確かに高音でまくし立てられるより低音でじっくり話される方が伝わるし安心感もあるわよね…研究チームは男性37名、女性46名の大学生を対象に架空の選挙を開催し誰に投票するかを調査…候補者は4人で声の高い人と低い人を1人ずつ含めて「私に投票して下さい」というメッセージを聞かせたところ、男女とも声の低い人の方が20%も得票率が高いという結果に。

更に通りすがりの男性女性210人に聞き取り調査をしても結果は同じだったそうよ…理由として声の低い候補者の方が能力や強さの点で勝り、より信頼がおけると答えた人が多かったの…アメリカ大統領選は悲劇としか言えない結果になってしまったけれど、これは様々な差別や歴史的背景が大きく影響してしまったからだわ。

ヒラリーの声も低い方であるけれど、もし「LA LA LAND」のエマ・ストーンが出馬したら良い線いくかも・・・??…そう言えば声じゃないけどメタリカの重低音担当ロベルト・トゥルヒーヨも今年でメタリカのベースとして在籍年数更新したのよね!! 低音大事!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年03月21日

ベース日記 低音はサウンドの父!!編

20170307バンド・サウンドの屋台骨といえば、やはりベースとドラム。…長年音作りをしてきて、このパートが最も重要あるという事はよく理解しているわ。

以前自分のユニットで強靱なベースとドラマーが参加していた頃は”鉄壁のリズム夫婦”と呼ばれ、どんなタイプの楽曲であっても抜群の安定感をもたらしたものよ…それ故に、どんな冒険をしようとどんな音を乗せようと浮き立たず軽くならない。

バンドの中でギターは花形的存在かもしれないけれど真の花形はベース・ドラムであることは間違いないわね…実はこの認識、最近科学的にも証明されんですって!!

科学ジャーナル誌のサイトによると「低音の楽器がリズムを刻むと優れた時間認識になり、低音域がそれを説明する」という趣旨の研究報告が掲載されたの…人間の脳は低音で流れるリズムに気付きやすく理解しやすい構造になっている・・・というのがその根拠だそうよ。

その為音楽を聴いて手足でリズムを取ったり踊ったりするのはベースが刻むリズムに合わせているからなんですって…耳の構造に於いても低音域は脳に届きやすいのでリズムを捉えやすく、その上に高音域を乗せると音楽が成立すると解明・・・やはり自分が考えていたことは渦巻管の力学でも立証されたわ。

更なる研究ではべースを聞いた聴衆は力や自信が湧いてくると感じる効果もあるそうよ…立ち位置的には地味であってもその存在は音同様に重く、全てのサウンドの生死に関わるポジションである事は間違いない…バンドを始めるならまずベースをお薦めしたいところね。

いつもお世話になっている日本を代表するベーシスト富倉安生さん、依知川伸一さんが率いる「日本プロベーシストの会:ベースメント・パーティ」も今年で17年目…ライブも60回を越す勢いで継続しているわ。

不思議なものでお会いするとどのベーシストの方も決して自己中心的でなく優しくて頼りがいのあるお父さん的な方ばかりなのよね…性格も大きく影響しているのかしら・・・この研究結果を踏まえ、諸先輩方、日本の若者達にベースの素晴らしさを伝え続けて下さい!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年12月04日

低音日記 声が低けりゃ世界制覇も夢じゃない!?編

20141204「低音の魅力」とはよくいったもので、男性の低音は落ち着いた印象を人に与えるわ…聞いていると、どこか威厳に満ちて説得力もある。

名作TVドラマ「刑事コロンボ」を演じたピーター・フォーク氏本人の声はやや高めの声だけど、吹替の小池朝雄氏の低音があまりにもしっくりきた為、日本ではオリジナルの声の方が違和感があると言われた程よ。それほどまでに低音の声というのは安心感を与えるものなのかもしれない。

ある新しい研究で、低音の声と成功の関係性について調査したところ実に面白いことがわかったの。

まず、男性のパートナーを選ぶ際にバリー・ホワイトの様な低音の声が好まれ、選挙での有権者は低音ボイスの政治家を支持するという結果に。

最新の調査では、決算報告や投資家へのプレゼンテーションにおけるCEOの声の基本周波数を調査し、彼らの企業規模や報酬、在職期間などから成功度合いを計ったの。その結果声の周波数が125.5ヘルツで報酬は370万ドル(約3億6500万円)、時価総額24億ドルの企業で年齢は56歳という中間値が算出されたわ。

より低い声を持つCEOは平均で18万7000ドル報酬が多く、経営する企業資産が4億4000万ドルも多いそうよ!あくまで研究者達は人の特徴と相関関係を調べただけで、その因果関係を示しているわけでは無いと発言しているけれど、非常に興味深い事よね。

更に女性CEOに関しての調査も気になるところ・・・ただ、名だたる500社もの会社が存在しても、女性CEOはわずか21社に過ぎず統計学上の意味を持つだけの人数が存在しないというのが現状なの。うーん、ようやく女性も台頭してきたと思えどまだまだなのね。

もしかしたら今後は、銀座のママばりに低音の女性CEOが世界の舞台を賑やかすことになるのかしら。そういえば、私も低音ボイスの持ち主・・・まずは1曲、聴いていただこうかしら?勿論、暗黒面を支配したベーダー卿には負けますが・・。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)