不快感

2017年07月04日

自慢日記 スマートなプレゼン編

20170706周囲に必ず存在する「自慢屋」さん…不思議なもので、この自慢はいつどのように行うかで他人の自分に対する印象が変わってくる。

自分の話にそれを裏付ける証拠があれば有能であると認識され好印象…しかし単に誇張しているだけの勘違い自慢だとすれば最悪よね…自分の実績について口を閉ざせば謙虚な人だと見られるけれど、海外ではやや能力に劣るという評価もされかねないわ。

自慢にはリスクが伴い、悪く言えばナルシストか品性が無いと見られがち・・・更に順応性に欠け人間関係にも難があると見られ女性の方が男性より厳しい目で見られることが多い。

「自慢」を掘り下げるべくブラウン大学で面白い実験が行われたわ…18歳から65歳までの198人を対象に、試験を受けた男性が自分の成績をどう予想したか調査したの。

被験者は”良い成績を予想しその通りだった人””良いと思ったが実際には悪い””失敗したと思ったのに結果良かった””失敗したと思ったらその通りだった”という4つのパターンに別れたそうよ。

その結果心理学者が”謙虚の矛盾”と呼ぶ相反する心理が存在することがわかったの…自慢屋はそうで無い人に比べて能力は高く、品性はあまりないと見られるがそれは裏付けがある場合のみ。

裏付けが無い場合、自慢屋は能力が無く品性も無いと見られてしまう…自慢しない人は品性はあるけれど、能力は低いと見られる・・・冒頭でのお話が立証されたわ。

ここで焦点となるのが、”能力があると見られたい”か”品性があると見られたい”か、よ。仕事の時は裏付けがあるなら自慢することは必要ね…でもデートや好きな相手の前なら控えめでいる方が良いはず。

専門家は、自慢を上手に行うなら状況を選び手柄の横取りや嘘はつかず大袈裟に言わない…人を飽きさせないよう話の中に価値の在る自慢を混ぜて聞かせる”私”という主語を使いすぎないというポイントを挙げたわ。

確かにこれらは納得出来るわよね…でもこういう風に相手に不快感を与えないように伝えるというのは慣れしかない。生きていく上で自分のプレゼンは必須だけど、どうスマートに自慢するかが今後の自分に大きく影響してくるわ…まずは猫自慢からはじめよう・・・。

そうそう、いくら自慢てんこ盛りでも嘘つきは御法度よ、居るでしょ、トランプって言う大嘘つきが…( ̄ー ̄)フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(1)