リュック・ベッソン

2016年03月18日

レオン日記 究極の純愛編

20160309「LUCY」で見事に監督としてキレ味の良い作品を見せてくれたリュック・ベッソン…そんな彼の代表作と言えば今更どうこう語ることはないほど有名な1994年名作「レオン」…初めて見たのは自分が相当若い頃…しかもテレビ放送という中途半端な状況だったわ。

当時は特にナタリー・ポートマンの愛くるしさとジャン・レノの渋さとビジュアル的な部分が際立ち、未だこの作品を模倣したものがあちこちに見受けられる。それほどまでに多大な影響力を与えた所以を確認すべく20年の時を越えじっくり鑑賞…そして、とんでもない神作だと改めて思い知らされたわよ。

物語は皆さんもよくご存じの通り、プロの殺し屋レオンと彼のアパートの隣に住む12歳の少女マチルダが主人公…マチルダは父親と継母、継姉、そして唯一心を許していた弟と暮らしていたけれど、ある日父親が麻薬を横領したことから皆殺しに…買い物に出ていたマチルダは難を逃れ機転を利かし隣室のレオンに助けを求め、彼はマチルダを保護…こうして彼女は弟の復讐を生き甲斐にレオンに殺しの技術を学びたいと訴えたの。

まだ少女であるマチルダの申し出に困惑するレオンだったけれど精神年齢が高い彼女に翻弄されいつしか二人はお互いを必要とするようになる・・・これこそ究極の純愛!!としか言いようのない素晴らしいラブストーリーだわ。

物語は描けたとしても、このキャスティングは神のお導きとしか思えない程の完璧さ…彼ら及び「ダークナイト」のゴードン警部でもお馴染みゲイリー・オールドマン演じる敵スタンフィールドの怪演ぶりも素晴らしいわ。フランス・アメリカ合同作品ではあるけれどフランス映画らしい小粋な匂い、どことなくノスタルジックな色など良い”加減”でミックスされているのも特筆すべき点ね。

何よりも12歳のマチルダの震え立つような女の色香…セリフひとつひとつが大人びていてもそれが彼女の言葉として熟し発せられ、背伸びをしていない。もしかしたら彼女は何百年も年をとらない妖精か魔女の類いなのか・・・と思ってしまうほど神秘的な存在。

そして対するはイタリア系移民で学校にも行けず日々暗殺の仕事をこなすレオン…無口で友人は観葉植物のみという孤独な生活を送っていたという設定が非常に母性にグッとくる。年だけをとっても少年のまま、と本人がマチルダに語っていたけれど殺しという残忍な行為を行っているのに本人は無垢である・・・という対極な設定もお見事。

レオンの愚鈍さ無骨さ、というのは表面的な表現で内面が実に繊細であるという点がこれまた切なくて良い…二人が逃げるシーンで彼らの足がクローズアップされるのだけど、レオンがマチルダを椅子から抱き上げ、彼女の足だけ宙に浮くという演出に彼らの年齢差や信頼、愛情など様々なものが凝縮されていて最も印象深いシーンとなったわよ。

更にマチルダがレオンに「あんたのことが好きみたい・・・」とベットに横たわるシーンで両手を広げ十字架の様なポーズをしたり、更に別のシーンでは十字架とマリア像が飾られていたりと宗教的な部分も加えられているのも見事…見直してみると更に色々な解釈が出来るのも名作である事の証と言うべきかしら。

どのシーンを切り抜いてもポストカードのように絵になる、役者のひと仕草、表情だけでいくつもの感情を感じ入られるシーン毎に独自の色味を帯びている…そんな力量の高さを見せつけられた「レオン」・・・今世紀最大のラブ・ストーリーは今なお人々の奥底にある感情を搔き立ててやまないわ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年09月08日

ルーシー日記3 リュック・ベッソン復活編

20140915映画でとても大切な事は、先ず見たいなぁ~と思わせる事…その点、この「LUCY」の米でのパブリシティは良かったですね。特に予告編が素晴らしかったです。

米での興行成績は当初の倍の数字を出し予想外のスマッシュヒットと騒がれていましたが、こちらからすると予想外と表現する方が予想外で、出るべくして出た結果だと確信してます。国内でも先月末から公開中なのでTOHOシネマズ日本橋のTCXスクリーンで再確認してきましたよ。

なぜ「LUCY」の予告編が素晴らしかったかと言いますと、話としては奇想天外なんですが、表現をシンプルにまとめ、目覚めた女性がスーパーパワーで復讐劇か!?と思わせる内容になってますよね。それを演じるスカーレット・ヨハンソのやり過ぎない表情のカットが「LUCY」のヒットを既に決定づけていたのです。

実際のお話は、腹を切開され運び屋にされた主人公ルーシー(スカーレット・ヨハンソ)のブツが漏れて薬物の大量摂取で脳細胞が超覚醒して最終的には宇宙の真理をビッグバンまでさかのぼって完全理解してしまい、どうなってしまうのか・・な展開なんですが、久々リュック・ベッソン監督のジメジメしてないカラッとした演出が楽しめましたね。

リュック・ベッソンは90年代の「ニキータ」「レオン」「フィフスエレメント」が代表作とされ、2000年以降はプロデュース作品が多くなり、監督作品は今一パッとしていませんでしたが、この「LUCY」で復活した感。

彼は「レオン」に代表されるように女性の撮り方に特徴があって、その特徴が良く出たのが「LUCY」…バストアップのショットが多いので女優の力量が無いととてもつまらない画になってしまうのですが、ヨハンソをキャスティングした時点で成功を手にしたのも同然です。

ヨハンソは同時期にマーベルのブラック・ウィドウのキャラで世界的にブレイクしましたが役者としてのキャリアは長く好評価でした。ルックスは勿論なんですが、実は彼女の魅力は声質なんですね…ちょっとこもった独特な響が良いのです。それを証明するかのように「her:世界でひとつの彼女」ではAIの声(siri的な感じ)を演じて放送映画批評家協会賞の助演女優賞にノミネートされるなど、ちょっと他の女優とは違う武器を持っているのですね。そう言えば、あのトム・ウェイツのカバーアルバムをリリースしてるのでよね!ちょっとビックリ。

ネタばれになるので、お話の詳細には触れませんが、超覚醒した脳は感情から脱皮してどこに行くのか・・果たして神の領域に踏み込むのか・・それともMr.スポックが目指したコリナーの境地を一夜にして習得とか!?…そこのサブ的な展開として予告にあるようなアクションがアクセントで盛り込まれてるのですが、わかりやすいエンタメ感満載な作品である事は間違いありません。

アクションシーンの見所の一つにパリでのカーアクションがあるのですが、これはあの「TAXi」を彷彿させる小気味良さで「ルパン三世」の実写はこっちだろって感じてしまいますね。

大袈裟に表現すれば精神的にも弱かったルーシーが自分のお役目を発見する24時間の物語とも言えますが、これはやはりスカーレット・ヨハンソの存在、そして脚本に沿って彼女を演出しきったリュック・ベッソンの勝利ですね…あ、モーガン・フリーマンも脳細胞覚醒研究第一人者として重要な役所なんですが、それはいつものポジションで(笑

リュック・ベッソン的ファンタジアがお好きな方は迷うこと無く劇場へ、科学的根拠にツッコミを入れたい方も是非劇場へ、タイアップしてるサムスンが好きな人も是非劇場へ、裏社会で拳銃美が好きな方も是非劇場へ、そして、スカーレット・ヨハンソ好きなあなたは毎週劇場へと、色々な視点から楽しめる「LUCY」でした。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年07月15日

ルーシー日記2 ベッソン的カーチェイス編

20140712米で間もなく公開される話題のリュック・ベッソン監督、スカーレット・ヨハンソン主演の超聴覚爆裂アクション「ルーシー」のカーチェイスの場面映像がリリースされてるのでご紹介。

ベッソンと言えば、パリ狭い街中のカーチェイスを撮らせたらピカイチなんですけど、今回もその才能を存分に発揮してるようですね

車を運転したことがないルーシーが超感覚で運転席をダッシュして敵を追っかけるのですが、ベッソン的カーチェイスですよ。

無表情なスカーレット・ヨハンソンはちょっと「キャプテンアメリカ2」ブラック・ウィドウとだぶる部分も多いですが、映像的に電波をを探るVFXはとてもセンスが良いですね。

このような場面は勿論合成ですけど、役者として撮影時は合成を前提として演じるので、近年の役者は今までとちょっと違った才能が必要になってきてます。特に何でも後付ができる今は、グリーンバックが細かく設置されて自分見失ってしまう役者も多いのです。

そんな中でスカーレット・ヨハンソンは同世代の女優のなかでもちょっと抜きに出たかもしれません。声だけの出演でもその存在感を出せる彼女は、正にこの作品とのマッチングは完璧ですね。この後に公開のSFスリラー「Under The Skin」も素晴らしいとの評判ですし。

リュック・ベッソンの新しい女殺し屋「ルーシー」楽しみです。


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(1)

2014年04月12日

ルーシー日記1 久々リュック・ベッソン世界編

20140412

1994年の「レオン」は衝撃的な作品でしたよね…リュック・ベッソンを知ったのもこの時でした…その後は「フィフス・エレメント」や「ジャンヌ・ダルク」で独自のSF感や歴史観で魅了し、監督業からプロデュース業へ軸足を移し、よりエンターテイメントな作品を提供してきたリュック・ベッソン。

そんな彼が久々にSF的要素満載のアクション映画を監督したのよ…それが「ルーシー」

主役はブラック・ウィドウで一躍グローバルに有名になったスカーレット・ヨハンソン…物語は強制的に薬の運び屋として利用…手術でお腹の中に薬物を仕込まれ運ばされるのですが、運ばれた先で手下のケリで薬物の入った袋が体内で破損…直接摂取された薬物により彼女は超能力を身につけてしまうのです。

その能力たるや、電波の盗視から瞬間即知力にマインドコントロール、更には痛みや苦悩も感じない完全なサイキック戦士に変貌してしまうのですね。

そのビジュアル表現が予告編を見る限りリュック・ベッソン全盛期を思わせるキレ味のある映像で期待が膨らみます。北米公開は8月…久々のリュック・ベッソン世界に浸りたいですね!


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(4)