ミート・ローフ

2016年11月18日

ソーセージ・パーティ日記2 知的ありき過激編

20161110

今年最も見たかったR指定映画「ソーセージ・パーティ」・・・先日も熱くご紹介したけれど、やはりこれは語るより見るべし!!というべき強力な作品よ。

張り切って初日に出かけてみればほぼ満席状態にも関わらず上映館数は少ない上にパンフレットすら作られていないという日本サイドの期待度の低さにはガッカリ…入口で間に合わせ風味満載ではあるけれど、限定1111冊のジャポニカ学習帳を模した「ソーセージ手帳」を頂いて少しテンションが上がったわ。

主人公はソーセージ、ガールフレンドはホットドックを挟むバンズ・・・この設定だけでも吹き出しそうなのに、そのキャラクター&デザインは一度見たら忘れられなくなるほど”そのもの”でありながら超キュート…公開前はその過激な設定や表現がピックアップされがちだったけれど、キャスティングを含め映画や音楽をこよなく愛する制作陣の知的さがあちこちで際立っているわ。

物語はスーパーの外の世界で生きる事を夢見る食材たちが、彼らの”神”である人間に選ばれようと躍起になる日常からスタート…ソーセージのフランク、ガールフレンドのバンズ、ブレンダはひとつのホットドックになる事をずっと望んでいたけれど、遂に念願叶う日が訪れたの。しかしアクシデントによりフランクはソーセージ仲間と別れ店内に残る羽目になりブレンダも彼を追う。やがて2人は店内の様々な食品たちと出会い、店内に長く置かれた加工食品たちから店外に出た食物の末路の真実を知らされ驚愕…フランクは食材たちと力を合わせ、実は悪魔的存在だった人間と自分を逆恨みする凶悪なビデと戦う事に。

ストーリーは一見単純な様に思えても、そこに登場する食材たちが宗教や人種などをシニカルに表現しているのはさすが…もうひとつ単純といえばそれぞれの形状にも要注目。ソーセージにバンズにタコスにマスタード・・・どれもアウトラインしっかりでありながら、女性食材のメイク、靴、手や目の細やかな動きなどは実に繊細で名優揃いなの。

一番のお気に入りは実力派女優クリステン・ウィグ演じるバンズのブレンダだけど、注目株はサルマ・ハエック演じるレズビアンのタコス・テレサ!!…ブレンダが傷付いたときそっと彼女の尻を撫でたり、フランクと結ばれたブレンダを大きな瞳を輝かせて見つめた後・・・(自粛)だったりとなかなかの情熱家…タコスの裾から民族衣装のフリル袖やお洒落なストッキングを着用していたりしているのも可愛すぎるわ。

20161111女優陣とキャラクターたちはルックス的にも酷似しているので美人揃い、でもそこがまた笑えるツボだったりする。その他にもホーキンス博士を彷彿とさせる天才ガムが登場するのだけど、これまた彼の研究にちなんだ演出が良く考えられてる。

笑いの沸点はあのミート・ローフがミートローフとして登場したところね…しかも彼のアルバムジャケットそのままに登場・・・やはり制作サイドはよくわかっているなと改めて感心させられてしまった。

最後までわからなかったのは発酵食品の中にいた腹黒そうな白髪の可愛い坊や…トレイラーでフランクに「Have a Fun!」と口づけるシーンが印象的で、最後は発酵食品のおじさまたちに可愛がられ・・・(更に自粛)気になる。

見どころがあまりにもあり過ぎ、見る度に細やかな演出を発見出来るのでDVD購入は必須ね…食材たちが外界へ出たいが為の人間へのプレゼンテーション、神であると信じていた人間の正体を知った後の半端ない報復、自由を得てからの酒池肉林状態・・・どれもこれもが実に生々しく人間らしい生き様で素晴らしい!!

映画が始まってからすぐ劇場内は笑いに包まれ後半はほぼ大爆笑の連続…映画館でこんなに大笑いしたのは初めてじゃないかしら。しかし、「ソーセージ・パーティ」を見てから食材はもしかしたら意志を持っているのかもしれないと思えてきて、落としたクッキーが怯えていないか、おかずを残したら彼らに対し無情な行為なのか、など考えてしまったわ。

ここ数年でこれほどまでに衝撃的な作品は存在しなかったし全てにおいてクオリティが高い!!…歴史的な1作になることは間違いないわよ。自分にしては珍しくキャラクターのフィギュアを全部集めたいけれど、日本ではグッズが皆無なので海外サイトで探さなくては。さぁ、皆さんも臆すること無くパーティに参加してはいかが!?…Have a Fun!!、あ、子供は見ちゃダメよ!!

【ps】
日本でも小規模上映ながら大ヒット中らしく、東京ではTOHOシネマズ六本木でも大きなスクリーンに移行して大人達を抱腹絶倒させてるとのこと…米ではSONY PのTOPが次回アカデミー賞ノミネートに向けて全力キャンペーン展開宣言…19億円の制作費で既に150億円に手が届きそうな気配…カテゴリーとしては長編アニメですが歌曲賞も狙うそうです…因みに「The Great Beyond」はディズニー作品で8つのオスカーゲットの作曲家アラン・メンケン…本気ですから…フフ。

【Sausage Party USA web】
http://www.sausagepartymovie.com/site/

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年08月08日

ベジタリアン日記 年をとったら肉を食え!!編

20160804年々脂肪は体から離れにくくなってくるもの…気に入ったお洋服を着ようと鏡に映った己の姿に思わず愕然・・・そして決意表明「ダイエットしなくちゃ!!」自分の知り合いでダイエットをきっかけにベジタリアンに転向した年上の女性がいるのだけれど自己流でベジタリアンになるのは非常に危険な事なんですって!!

倫理的配慮から肉食をやめるという人も多いけれど、年をとってからベジタリアンになるというのはあまり良い選択肢とは言えないみたい…しかし幾つかのメリットがあるのも事実よ…肥満や心臓脈管系疾患のリスクが低くなり血圧も低下、糖尿病や何種かの癌のリスクも低くなるわ。

特に有効な料理は地中海式食生活で、もともと動物由来の食品の消費が少なく適切な栄養バランスを兼ね備え肥満や癌、糖尿病などに予防的な効果を保証しているの。

更にインド人の人口の約3割は何世紀も続くベジタリアンで肉の代替品に豆を使うなどその知識とレシピは計り知れず。この双方ならば歴史も長くベジタリアンとして確立出来そうだけど、始めるのであればじっくり勉強しないと危険ね。

独学でありがちなのが肉や魚をチーズに変えただけで満足し、結果カロリーや脂肪の摂取を増加させてしまうというパターン・・・これでは本末転倒よ。

リスクとしては、高齢になればなるほど筋肉量が減少する「サルコペニア」に対し適正量のタンパク質が摂れなくなるという事ね。最近の研究では高齢者の多くが僅かなタンパク質しか摂取しておらず、2~16%の人々が栄養失調と言われているの。

となると、ベジタリアンになることで更に十分な栄養を摂ることが出来なくなるわ…どうしてもなりたいというなら専門家のサポートが必要になってくるけれど、なかなかそこまでお金をかけるというのも難しい…やはり独学で取り組むというのは色々なリスクが伴うわね・・・知り合いにやめるよう言わなくては。

因みにうちの母は朝から肉を食し夜は野菜を多く食すという食生活で体だけは若者以上に元気よ…そう考えると野菜でダイエット云々というより肉を食べられなくなったら生命力が尽きてしまうという方が恐怖だわ!!さて、今日は肉厚ステーキにしよう・・・でも肉を食べ過ぎてミートローフみたいになってはダメダメ…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年12月14日

ミート・ローフ日記 実在した!?肉太郎編

20141214先日のジャック・ブラック主演映画「テネイシャスD」で見かけてから気になっていたミュージシャン…ミート・ローフのDVD「クラシック・アルバムズ/地獄のロックライダー」を見たわよ!

本編ではミート・ローフの初アルバムを作曲をしたジム・スタインマンが成功までの道のりを語り、本人やメンバー、スタッフが当時を語るというドキュメンタリー作品なの。

噂には聞いていたけど、若き日のミート・ローフはその名の通りどこもかしこもまんまるで、自作PODCAST「レジェンド・オブ・デブ」に出てくるミュージシャン"肉太郎"そのものなんで驚いたわ。

歌唱力も然る事ながらその表現力は素晴らしく、"ライブに生きる男"と言うべきかしら。物語仕立てになった楽曲をミートがオペラ風に歌い上げる…もともと役者だった彼は曲ごとに自分の演じる役を変えて歌い、ステージ上で思いっきりパフォーマンスをしていたそうよ。

その為舞台から降りると倒れてしまうほど疲労し、揚げ句の果てには声が出なくなってしまったんですって。この歌への取り組み方やパフォーマンス、更に喉を痛めるという状況迄以前のピポ子と全く同じで、お肉が沢山付いている事以外他人とは思えない。

今、時を超え彼の作品に触れるというのは、巡り合わせのような気がしてならないわ。当時唯一の理解者であるトッド・ラングレンによってレコーディングされたこのアルバムは何処へ行っても門前払いだったけど、ミート軍団達は諦めないで何年も売り込み続けたというのだからその根性は物凄いものがあるわ!

これだけ個性的なスタイルは今も昔も皆無だけど、作曲を担当したジムも相当の変り者みたいね。彼はバイク事故に対して異常な執着を持ち、その結果生まれたのがヒット曲「地獄のロックライダー」なんだそうよ。

事故について話す彼の顔は嬉しそうでちょっと怖い。当時細身のロッカーが奏でるロックが全盛期の中、この肉厚と個性的サウンドは見事時代の申し子となったわ!大成功を収め…脱落(破産)…そして這い上がったミート・ローフは今も歌い続けている…いつの世も、自分を信じて諦めず続けるという事が後の結果につながるのね。

これから色々な事に挑戦していこうという方に是非見て頂きたいDVDだわ…実写版「レジェンド・オブ・デブ」を作る時はオファーしたい…そう言えば彼は俳優としても、デヴィッド・フィンチャー監督の「ファイトクラブ」とか結構映画監督にリスペクトされてる存在なのよね。

あ、こちらのBLOGでは「PIPOPIPO TV_PODCAST」について何もお伝えしてませんでしたね…近日中に新作のお知らせをリリースいたしますから、しばらくお待ちになっててね…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)