ミッドライフ・クライシス

2014年12月05日

ミッドライフ・クライシス日記 人生の折り返し地点編

20141205「ミッドライフ・クライシス」という言葉をご存じかしら?中年期に訪れる、人生の心理的危機を指すの。30代から40代以降の男女に多く、いわゆる中年期の思春期なんだとか・・・。

これまで仕事もプライベートも順調だと思っていたのに、突如このままでいいのかという迷いが出てくるのだそう…欧米では、この心理的葛藤が社会問題として認知されているわ。

人生に迷いが出てきた、これまで価値を見出していたものが急に無意味に思えた、そんな理由で突然家を出て行ってしまったご主人の話を聞いたことがあるけれど、これも「ミッドライフ・クライシス」の症状なのかもしれないわ。

確かに20代の頃と違い、30代、40代に入れば肉体的にも無理がきかなくなってくるもの。そうなると、肉体的にも精神的にも日々焦りが芽生えてくるわよね。男女それぞれ症状が異なり、男性は急にジムに通ったり若い女性に現を抜かしたりし始めるのだそうよ!

男性としての誇りや権威を持ち続けたいという雄ならではの欲求が仕事やプライベートに向かない場合、性的なものに走りやすくなるの。夜の銀座で若いホステスさんを執拗に口説いたりするという”おじさまの愚行”には、こんな理由が隠されていたのね。

その他にも自分の容姿に手をかけ始める、転職や起業を考える、新しいスポーツを始める、海外に滞在したいと思う、FBやTwitterを始めるなど一見前向きで良いと思うけれど、これがMCの兆候だというから驚きよ。

さて、女性の場合。キャリアを選択した場合は家庭を重視しなかった自分に疑問を持ち、家庭を選択した人は仕事を選ばなかったことに後悔するのだそう。高齢出産が可能とはいえ、やはり女性は出産のタイムリミットを考えてしまうわ。キャリアと家計の折り合いをどう付けるか、キャリアを諦め子供つくったことで全ベクトルを向けてしまい子離れが出来なくなるなど、問題は山積みよ。

でも、こう考えられるわ。若いときはただ突き進む事で精一杯だったけれど、年を経て自分と向き合うことが出来て色々なものが見えてきたのね。心理学者のユングも、これまで見えてこなかった問題や欲求に直面する時期がやって来たのは正常なことであり、これを”生の転換期”であると言っているの。

中年期は人生の折り返し地点・・・そこで悔やんだりしても仕方が無いわ。自分を理解出来るのは自分でしか無いし、他人と比較してもただ辛いだけ。これまでの自分の人生を肯定し逆に症状を逆手にとって、今まで出来なかったようなお洒落を楽しんだりムキムキ・ボディを作る事に専念するのも素敵よね。

まぁ、同じ中年でもダニエル・クレイグならOKだけど、若い女性のお尻を追いかけてばかりは・・・ダメよ!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)