ペギー・カーター

2016年10月29日

ファッション・チェック日記2 ペギー・カーター編

20161014

シーズン2が待ち遠しいTVシリーズ「エージェント・カーター」…前回は主人公ペギーを狙う女性工作員ドッティの素敵なファッションをご紹介したけれど、今回は我らが主人公、ペギー・カーター嬢の知的なマニッシュ・スタイルをご紹介するわ。

最も印象的なのは第1話の出勤スタイル…男性は中折れ帽、女性はヘットドレスを着用する事が主流の時代にペギーは赤の中折れを角度をつけて被りこなし登場よ…常にショールカラーやトライアングルカラーといった比較的男性的な襟のシャツにスーツを合わせカチッとした印象を与えているのよね。

赤と青という衝撃的な色合いにも関わらず、くっきりカールさせたサイドと前髪…彼女のシンボルである赤い口紅がフェミニンな部分を担い実に粋なスタイルに纏めているわ…朝の男性陣の出勤の波に逆らって一人突き進むその姿は戦後のNYを舞台に男性上位社会への反発であり彼女自身の葛藤を見事に表現している。

他の女性陣がレースや柄スカート、カーディガンを好んで着用する中、彼女はそんな甘さを秘めたアイテムは決して選ばず、サファリ・ジャケットやタイトなニットワンピースなどをチョイスしているのが実に素敵なの…靴はボトムの色に合わせたものが多くヒールのあるストラップシューズなのでスカートでもパンツでも相性が良い…あまり流行廃りのないデザインなので今でも好んで履く人が多いわね。

ペギーは有能であっても女性であるが故に認められない事に憤りを感じており、男性と対等に仕事が出来るという意思表示がこのファッションに繋がっている。唯一の女性らしい部分は赤い口紅のみ…この時代の赤い口紅はマットなものしか存在しないけれど白人女性の白い肌を更に美しく際立たせるには十分よ。

現代はグロスで艶を出したりシャドウでグラデーションをつけたりして立体的だけれど、この時代のシンプルでマットならではの二次元的美粧は”メイクらしいメイク”と言えるのではないかしら…日本的な感覚だとスーツのシルエットもスカート丈もどこかバスガイド的で色っぽくはないけれどペギーの内面から溢れ出る自信とその強い意志が美しさを増幅させているのよね。

服は着る人のセンスだけでなくその人自身を表現するもの・・・このドラマを見て改めてファッションの重要さを痛感させられてしまったわ…ハイエンドな服を身につけると物怖じして”着られて”しまう場合もあるけれど、それはその時の自分の表現が異なるだけにすぎないのかも…まずはペギーを見習い中折れ帽コレクションを箱から出すことにしよう。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年09月22日

自分の器日記 ダメ!絶対!言っちゃダメ!編

20140923つい感情的になって発してしまった言葉が、自分の格を下げてしまう。後で思い返してしまった!と思ってもあとの祭りなのよね。最悪、その事に気付かないという事も多いわ…気付けば周りの友達は1人減り2人減り・・・淋しい老後を迎えないためにも幾つかのポイントを抑えておきたいものよね。

まずは自分が忙しくても「忙しいと言わない」こと…誰でも仕事は忙しくて当たり前よね。それを全面に出すのは見苦しいし信頼を失いかねないわ。以前ある経営者がこんな発言をして、企業のイメージを下げてしまった事件があったけれどなかなか見苦しいものよ。

次に大事なのが「知ってると言わない」こと…年をとればとるほど、「それはなに?」「教えて」と言えないもの。自分は常に好奇心から知らないことは聞いてしまうタイプなので反対だけど、これまでの経験上、男性の上司などは勝ち負けで考えがちなので聞こうとしない場合が多い気がする。大抵こういった態度をとる人は自信がなくコンプレックスの裏返しなので、逆にその点を汲んで話すと良いかもね。

続いては「時間を返せと言わない」こと…よくクレーマーの方が発する言葉だけど、最近自分自身も発してしまい、ちょっと反省。どんなに辛い経験を積んでしまったとしても、その悲劇に酔うのでは無く生きる糧に変えないといけないわ。経験から、学ぶ…結局は受け手の度量という事なのよね。

あとは「私を誰だと思ってる、と言わない」こと…これも仕事の現場で聞くことがあり辟易しているのだけど、反対意見を言うにあたり自分の役職や地位を誇示して圧力をかけるのよね。大切なのはアイディアであって発言する人の立ち位置ではないはず・・・この言葉は一気にその人の器を下げるワースト・ワードかも。

そして最も大事なのは「環境に不満を言わない」ことね…外に出れば必ず聞こえてくる、お金がない、時間が無い、景気が悪い・・・などなど。自分が結果を出せないから大義名分を探すというのは悪質だわ。環境に対する不満をいくら呟いたところで非生産的よね。武士は食わねど、ぐらいの勢いを持っていれば自ずとその方向に導かれるものだわ。

改めてこれらの格下げワードを気にしたいところだけれど、もし気になる異性が発しているならば警戒警報よ。忙しくて良い人が見つからない?おっと、それもNGですよ。

ちなみに、器が大きいと言えば「キャプテン・アメリカ」のペギー・カーターかしらね…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)