ヘッドドレス

2016年11月04日

MISA HARADA日記3 海の香り漂う展示会にて・・・編

20161103

当ブログでお馴染みの帽子デザイナー原田美紗さんのブランド『MISA HARADA LONDON』2017年春夏展示会にご招待され早速初日にお伺い。

MISAさんは素敵なレースのワンピース姿で登場・・・6年前にお会いした時と変わらず可憐で笑顔が印象的だったわ…ご本人と関係者の方々にご挨拶後、展示会場であるギャラリーに並べられたMISAさんの新作とご対面!!

今シーズンのテーマは「Underwater Love」・・・海や砂浜、花や鳥などがモチーフとなり、それはそれは色鮮やかなコレクションが会場を華やかに彩っていたの。

これまでのMISAさんの作品は女性らしさの中に尖った部分を秘めているという印象が強かったのだけれど、今回はガラッと変わり軽やかで自然体。ご本人サーフィンをされると聞いていたので、きっと海や海中の中に息づく生命体、太陽や風などを作品に投影されたのかもしれない・・・と思いながら、ひとつひとつじっくり拝見したわ。

パナマ帽にフレンチレースや蜂の巣のようなベール、鮮やかな配色のスパンコールで出来た鳥のアップリケなどポップな作品が目白押しよ…どれもMISAさんらしさ満載で飾って置いても楽しくなってしまうし、実際被ってみると相も変わらず頭にしっくりはまる被りやすさ。

20161104ヘッドドレスも同様に楽しい色遣いで、中でも特に目を惹いたのは「ANEMONE」というガチョウの羽で海のロイヤルブルーと珊瑚のオレンジを表現したヘッドドレスね。

身につけるとアフロの様に見えるのだろうけれど、この配色の美しさと華やかさは海の中で輝きを放つ珊瑚そのもの。ブランドのタグにも使われているMISAさんが撮影した線香花火の燃え上がった瞬間の美しさをも彷彿とさせるわ。

今回帽子自体に使われている青は所謂ブルーではなく、シアンの優しい色合いに近くて上品なのよ。

ストローハットでこういう色合いを出すのはなかなか難しいのではないかと感心していると、関係者も同じくこの青の美しさに魅せられたそう。

20161102今シーズンはMISAさんとイラストレーターの及川キーダさんとのコラボレーションもあり、キーダさんがアクリル絵の具で直接帽子に描き込むというオリジナル作品が登場よ。

会場ではライブ・ペインティングのパフォーマンスが行われペインティング中も気さくにお話させて頂けて楽しかったわ。

手描きのお帽子というのは希少価値だし、キーダさんが描き出すこれまた鮮やかな色合いは今回のテーマにぴったり…意外にも彼女とはあるミュージシャンが共通のお知り合いだったりして御縁を感じてしまった。

東京はこれから冬を迎えるけれどMISAさんワールドは海の香りが漂う夏全開!!次にお迎えする帽子はどれにしようかしら・・・楽しみ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年10月29日

ファッション・チェック日記2 ペギー・カーター編

20161014

シーズン2が待ち遠しいTVシリーズ「エージェント・カーター」…前回は主人公ペギーを狙う女性工作員ドッティの素敵なファッションをご紹介したけれど、今回は我らが主人公、ペギー・カーター嬢の知的なマニッシュ・スタイルをご紹介するわ。

最も印象的なのは第1話の出勤スタイル…男性は中折れ帽、女性はヘットドレスを着用する事が主流の時代にペギーは赤の中折れを角度をつけて被りこなし登場よ…常にショールカラーやトライアングルカラーといった比較的男性的な襟のシャツにスーツを合わせカチッとした印象を与えているのよね。

赤と青という衝撃的な色合いにも関わらず、くっきりカールさせたサイドと前髪…彼女のシンボルである赤い口紅がフェミニンな部分を担い実に粋なスタイルに纏めているわ…朝の男性陣の出勤の波に逆らって一人突き進むその姿は戦後のNYを舞台に男性上位社会への反発であり彼女自身の葛藤を見事に表現している。

他の女性陣がレースや柄スカート、カーディガンを好んで着用する中、彼女はそんな甘さを秘めたアイテムは決して選ばず、サファリ・ジャケットやタイトなニットワンピースなどをチョイスしているのが実に素敵なの…靴はボトムの色に合わせたものが多くヒールのあるストラップシューズなのでスカートでもパンツでも相性が良い…あまり流行廃りのないデザインなので今でも好んで履く人が多いわね。

ペギーは有能であっても女性であるが故に認められない事に憤りを感じており、男性と対等に仕事が出来るという意思表示がこのファッションに繋がっている。唯一の女性らしい部分は赤い口紅のみ…この時代の赤い口紅はマットなものしか存在しないけれど白人女性の白い肌を更に美しく際立たせるには十分よ。

現代はグロスで艶を出したりシャドウでグラデーションをつけたりして立体的だけれど、この時代のシンプルでマットならではの二次元的美粧は”メイクらしいメイク”と言えるのではないかしら…日本的な感覚だとスーツのシルエットもスカート丈もどこかバスガイド的で色っぽくはないけれどペギーの内面から溢れ出る自信とその強い意志が美しさを増幅させているのよね。

服は着る人のセンスだけでなくその人自身を表現するもの・・・このドラマを見て改めてファッションの重要さを痛感させられてしまったわ…ハイエンドな服を身につけると物怖じして”着られて”しまう場合もあるけれど、それはその時の自分の表現が異なるだけにすぎないのかも…まずはペギーを見習い中折れ帽コレクションを箱から出すことにしよう。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年10月18日

MISA HARADA日記2 直感を信じて、進め。編

20161009帽子コレクションを始めるキッカケとなったブランド「MISA HARADA LONDON」の帽子デザイナー原田美砂さん。

MISAさんの作品については何度かピックアップさせて頂いているけれど、彼女が英国を代表する帽子デザイナーの地位を確立するまでの経緯は誰もが知りたいことなのではないかしら?

そんなパワフル且つ人間らしい一面を垣間見る事の出来る自伝的エッセイ…「直感を信じて、進め。」を改めて読み直してみたわ。

丁度この本が発売される前、ご本人にお会いする機会を得たのだけれど本当に華奢で素敵な方だなという印象が残っているの…でも作品のオリジナリティは言うまでもなく、その男気溢れる潔さやフェミニンさには今も惚れ込んでいるわ。

10代で「海外で一旗揚げてやる!!」とロンドンに…そこから「帽子デザイナーとして成功する!!」という目標を達成するまでの努力や行動力、そして信念は並外れたパワーに裏打ちされているのよ。

読み進めていくうち女神の前髪を掴む人は目標へのベクトルが揺るぎないのだなと痛感…階級制度が色濃く自己主張がスタンダードという保守的なイギリスで外国人である彼女が、フィリップ・トレイシーなど数々のアーティストを送り出した名門ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学ぶ権利を取得し、更にデザイナーとして仕事をしていく事がどれほど大変だったか想像もつかない。

虐めに対してもユーモアで返し自分の考えをきちんと相手に伝えるという”郷に入れば・・・”をきちんと実践…全ては自分の毎日のお洒落にプラスαになる良質な帽子を提案する為の「自分のブランド」…そして「帽子文化を絶対廃れさせない」という信念。

人生面白いもので何かに突き進んでいる時は敵も現れるが強力な指導者も登場するもの・・・家族などのプライベートな問題もタイミング悪く起きてしまいがち…それらを乗り越えることで精神力も鍛えられていくのよね。

パワーを持つ人の周りには同じ周波数の人が集まるし己の道を切り開いていけばチャンスを得る事が出来る…本編で彼女自身「ものを作る人は孤独であり二兎を追うことは出来ないと痛感した時期があった…」と語っているのだけれど、まさにその通りだと思う…でも信念を貫き走り続けて行くことは本当に素晴らしい事だわ。


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年10月15日

ファッション・チェック日記1 ドッティ編

20161007待ちに待ったTVシリーズ「エージェント・カーター」・・・今ようやくシーズン1を鑑賞している最中よ…キャスティングは勿論、その内容も期待以上の素晴らしさで大興奮!!…本編については次週に…今回はその時代背景を忠実に再現しているファッションに焦点を当ててご紹介。

この物語は1946年のニューヨークが舞台なので、男性は中折れに短めのタイにサスペンダー、女性はヘッドドレスやワンピースというスタイルが主流よ…まずは主役のペギー・カーターのスタイルから・・・と思ったけれど、このところその存在感が際立つドロシーことブリジット・リーガン演じる”ドッティ”をご紹介。

彼女は第3話から登場しペギーの住む女性専用のグリフィスホテルに引っ越してくるのだけど、実はロシアの工作員で彼女の命を狙っているのよ…普段はその美しい金髪をカールさせブラウスにカーディガン、フレアスカートというガーリーなスタイル。

しかし本業に戻ってからはそのスタイルは激変・・・深紅のインナーに襟と袖に大振りなボーダーが施されたミリタリージャケットにパンツスーツというスタイリッシュな装いに

このスーツ姿はとにかく格好良すぎて、この時代特有のウエストがくびれた細身のシルエットが非常にモダンな印象を与えているの…戦争中から女性もパンツを着用するようになってきたけれど、やはり工作員としてハードな任務をこなすにはパンツの方が良いかも。

20161008更に注目すべきは、このスーツに合わせたクロシェね…髪を後ろで編み込んで纏め、プリムの幅が狭く頭にピッタリとはまるクロシェは更に彼女のスマートさを強調していて美しいわ。

面白い事にこの時のドッティの配色は第1話のペギーの配色と酷似じていて、女性が仕事をやり切る自信とプライドが服装から垣間見える気がしてならないのよ…このスタイルだったら今でも十分格好良い・・・今でこそこういうスタイルで通勤する人が増えるべきではないかしら。

マニッシュではあるけれど、どことなく女性らしい可愛らしさと華やかさが融合していて素敵だもの…本編の面白さもさることながら女性陣のファッションにも目が離せません!!…という事で次回ピポ子のファッションチェックをお楽しみに!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年07月21日

帽子日記5 ヘッドドレス編

20160711数年ほど前から趣味で南カリフォルニアの帽子職人さんを通じ、ヴィンテージ・ヘッドドレスを集め始めたの。

主に1940年代から1950年代の北米で使われていたものが中心。

頭に乗せるタイプのものからピンで固定するタイプなど形は様々・・・その色合いの美しさとデザインの素晴らしさには目を奪われてしまう…被って楽しむのは勿論だけどは飾っておくだけでもアートなのよ。

集め始めたきっかけは元々自分が帽子好き、というのが理由だけど当時の女性達の身だしなみであったこの装飾品が時を越え、今なお私達の髪を華やかに彩ってくれるなんてロマンティックだと思ったから…シンプルなワンピースやシャツを身につけてもヘッドドレスを装着するだけで瞬時に可愛らしくゴージャスな印象に変わるのも魅力のひとつだわ。

コレクションの中で特にお気に入りは鳥の羽を染色して組みあわせたハット…”バブルハット”と呼ばれる、被るのでは無く乗せるタイプは、まるで頭から茸が生えたような形状がとてもユニーク…角度によってだいぶ表情が変わるので、その時合わせる服の色やデザインによって羽の方を前にしたりリボンの方を前にしたりするの。

そして非常に珍しいのが、ネットに鳥のモチーフが施されたベールハット…元々ヘッドドレスには前方に顔に掛かる位のネットが付いている事が多いのよね。これは式典などで女性の嘆き悲しむ表情が見えないように考慮されたらしいのだけど、色も長さも柄もかなりの種類があるのよ。

20160712この鳥ベールの場合平面的なデザインなので頭の方をピンで留めて前方に垂らすと面白いかもしれないわ。コレクションの中でも最も繊細でアートな作品なので戸棚に飾ってしまっているけれど、いつかお着物に合わせてみたいと思っているの。

この時代はお花や葉やリボンなど女性らしいモチーフが多く、鮮やかな色目のものばかりと思いきや意外に渋めの色合いものが目につく…ヴィンテージならではの色褪せだけではないので落ち着いた色合いは逆にモダンと言えるわ。こういった渋い配色は昔のレディ達の肌や髪の色にはさぞかし映えたでしょう・・・でも、現代に於いては逆に使いやすくて合わせやすいという利点になっているのが有り難い。

個人的には、夏は渋めな色のヘッドドレスにアメコミ柄のTシャツ、冬はカラフルなヘッドドレスにモード系のワンピースやパンツなどを合わせるつもりなのだけど、なかなかお出かけするタイミングが・・・とほほ。昔のレディ達のエレガントさには及ばないけれど、ヘッドドレスをさりげなく使いこなして近所に買い物に行けるようになったら真のお洒落さんと言えるのではないかしら!!その日までコレクションを増やしていこうっと。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)