スタジオ

2012年03月10日

シンフォニック日記part-2 ロンドンRecording編

20120314さてPart2はレコーディング編。ここからは参加したスタッフからレポートで。

昨年の二月のレコーディングは前回のアビーロードスタジオと同じくロンドンで…と言っても全てのパートではなくてシンフォニックの核となるオーケストレーションを中心に行われました。

5年前のアビーRECは素晴らしい仕上がりで、やっぱりアビーは違うなぁ~って実感したのでしたが、今回は全く別のアンビエンスを持ってるエンジェルStudio。ここのスタジオ名のエンジェルなんですが、実は建物自体が元々大聖堂でそれを改修してスタジオになったのです。ですのでその名残が要所要所にあってと言うか活かした設計。スタジオ奥には当時の巨大なパイプオルガンがドーンと鎮座し、天井高はどんだけ~って感じで、楽器を鳴らさなくてもそのアンビエンスへの期待で胸が高鳴ったのです。もちろんこのパイプオルガンの音も重要なとこで出てきますよ。

そしてオーケストラが入りレコーディング開始・・アビーが量的アートな響きとするとここは正しく空に抜けるような時代的アンビエンスとでも言いましょうか、決して機械的なシミュレーションでは得る事の出来ないスタジオのなです。今回の作品は打楽器がとても重要な役割を果たしているので、その打撃音が綺麗に抜けていく現場はテクニカル的に圧巻。オーケストラ、パート、コーラスとレコーディングは数日続き、微細なマイキングによる効果音の収録で終了・・インターバルを置いて自国のフィンランドのFinnvox Studioに戻って全てを仕上げて行くのでした。

オーケストラの響きとアンプ系の歪み音のMIXは前作のノウハウを更に進化させ本当のシンフォニックをパッケージングしたと関係者共々自負しているのです。

それにしても毎度感じるのが、日本の音楽業界はデジタル化の短所ばかりを利用してコンテンツを手軽に生み出すことばかりに集中して本来の音の豊かな部分の再現と創造性を無駄な工程としてカットしている・・そして音楽が売れないと言い更なる負のスパイラルに陥っている。この状況では作り手も育たず、アーティストも送り出す事もできない・・メジャーはメジャーならではのパワーで様々な試みが重要なのに手段ばっかり追っかけてどうするって感じです。

以上、スタッフによるロンドンレポートでした。明日のPart3はこの音源を元にした映画制作のお話をお届けするわね!ちなみにレコーディングの詳細は後日webでって言ってます(^_^)

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0)

2012年02月12日

アンドレア日記 起動編

20120212ママがやたらと新しく機材を買いまくってるので、何事かなぁ~って思ってたら、どうやら自分のアルバムを制作するらしくて準備をしているらしいニャー。

新作のレコーディング話は色々あったけど、何だか人間関係が複雑で大分遅れたって言ってるニャーよ。

何でも今度のアルバムは物語が先にあるらしくって、今から脚本書くって・・どんな話になるのかなぁ~「ミーも出てくるのかぁ?」って聞いたら・・あっさり、「ない!」って。

じゃ~鰹節食って見てるニャー(=^..^=)


pipopipotv at 10:43|PermalinkComments(0)

2012年02月10日

アンドレア日記 ここにスタジオ!?編

20120122以前からママがスタジオにもできる超高層マンション探してるけど、良い候補が見つかったからって一緒に見に行ってきたニャー。

赤坂に三年ぐらい前にできたタワーで、隣の敷地が赤坂御所のでかい緑地なので立地としては最高って言ってる。

36Fのお部屋は珍しく扇状の間取りで機材を設置するにはスクエアーよりも良いらしいくて、景色も驚きの眺望だったニャー。

眺望も驚きだけどお値段も驚きニャーよ。ここでは言えないけど大きな一戸建てを買ってもおつりがきそうな勢いだったニャー。

何かディーラーの人とママの会話を聞いてると、ここはどこって感じがしてきたから部屋を探訪してたら変なもの見つけたニャーよ・・自分の部屋なのにベランダに出る鍵にセンサーが付いてて、勝手にバルコニーに出ると下の防災センターに連絡が行くらしくて、何でも、お隣の御所を見下ろす位置にあるから出る時は事前に連絡が必要とか言われてビックリだニャー!!

ところで、ママはここを買うのかニャー・・。

pipopipotv at 22:54|PermalinkComments(2)