スカーレット・ヨハンソン

2017年05月01日

SING日記2 嫌味のない豪華絢爛ショウ!!編

20170501最近見たいアニメ作品があってもキャスティングに納得のいかない吹替版が主流になりつつ食傷気味…「ペット」も楽しみにしていたけれど字幕版が公開されず涙をのんでスルー・・・しかし「ペット」同様、秀逸な3Dアニメを送り出すイルミネーション・エンターテインメントのミュージカル・アニメ「SING」を字幕版で見る事が出来たわ!!

当初トレイラーが公開された時、以前自分がPODCASTで発表した作品と被る部分が多かったので気になっていたのよね…自分は一人で何人も演じ歌わなくてはいけなかったので大変だったけれど本編は大好きなリース・ウィザースプーンスカーレット・ヨハンソンなどが出演しているので、彼らがどう演じ歌っているのか楽しみだったわ。

ストーリーはマシュー・マコノヒー演じる劇場主コアラのバスターが劇場の再起を賭け歌のオーディションを企画するところからスタート…劇場事務員のイグアナのミス・クローリーのミス(笑)により優勝賞金1000$を10万$と記載したチラシが風で街中にまかれオーディションを受けようと沢山の動物達が集結。

20170503
歌好きでギャングの世界から足を洗いたいと望むゴリラのジョニー、歌はずば抜けて上手いがあがり症の象ミーナ、「TED」でもお馴染みセス・マクファーレン演じる、プライドの高いストリートミュージシャンの鼠マイク、リース演じる子だくさんで地味な主婦なブタ、ロジー、ヨハンソン演じる彼氏に振られ傷心のパンクロッカーのヤマアラシ、アッシュと、それぞれ事情を抱えつつ大好きな歌で挑んでいくの…展開はありがちかと思いきや「エンタメの世界あるある」リアル事情がきちんと描かれているのが素晴らしい。

バスター自身、父親が自分の為に建立してくれた劇場を続けていきたい一心で銀行やスポンサーと渡り合ったり、象のミーナの引っ込み思案な性格に起因していると思われる家族の応援や期待、当初は彼氏と共にステージに立つもその才能を見出されソロになったアッシュの苦悩と彼氏の嫉妬、夢があっても現実の生活から抜け出すことの出来ないロジー、家業を継がなくてはいけないが好きなことを諦めきれず空回りのジョニー、才能や経験があるだけにプライドだけは高いマイク…などなど思い当たることが盛りだくさん。

彼らの背景があるからこそ現実味が増し単にドリーミィなサクセス・ストーリーではないのがヒットの要因でもあると思うわ…それぞれの動物達にぴったりの楽曲やパフォーマンスはまさに現代のアーティストを体現しており3匹のウサギ・ガールズユニットはお尻フリフリでセクシーなニッキー・ミナージュを、ロジーは家事をしながらテイラー・スウィフトにケィティ・ペリーと当たり前の選曲が彼らのキャラクターを代弁。

そして最も印象的だったのは5匹のレッサーパンダ・ガールズがきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲で踊り、呼ばれていないのに集団でどこでもそろって出てくる・・・これぞまさに日本を風刺していてお見事!!単に「日本の楽曲が用いられて凄い」なんて語る日本のライターもいるようだけど、どこでも笑顔、個々の実力より集団での行動…子供のように可愛らしいという日本のアーティストの軽薄さを表現しているという事に気付かないといけないわ。
20170502

更にスポンシングする立場のキャラが羊にリャマとふわふわ系の動物というのも面白い…そして登場してからずっと象のミーナの髪型がずっと気になっていていたけど、やっと思い出したわ!!性格、更に歌の実力という設定もまさに「スクール・オブ・ロック」のトミカそのもの…色々な音楽映画がオマージュされているから、こういった発見する楽しさもあるのよね

この作品は人間世界の世知辛さと滑稽さを動物に置き換えることで、コミカルでより直感的にテーマが伝わって来るわ…「LA LA LAND」同様、表面上の可愛らしさだけに目を向けるのではなく、その奥にあるシニカルな意味合いを考えるとより一層楽しめると思う…しかし10代で傷心のアッシュにヨハンソンのハスキー・ボイスが若干気になる・・・ま、そこもご愛敬ということで。是非、音響の良い字幕版でご覧下さいね!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年08月01日

SING日記1 歌力場力編

201608018/11日本でも公開される話題のCG作品「ペット」…そのスタッフによる次作予告編が公開されたのだけど、これがまた面白いのよ。

都市に住む様々な動物達が擬人化され繰り広げられるエンタテインメント的大騒動…そのタイトルは「SING」

物語は経営難にあえぐ劇場オーナー(コアラ)が内気な男(羊)からの企画にのって劇場で大歌会を企画…その告知ビラを見た個性あふれる住人達が一気に盛り上がる「ピッチパーフェクト」的展開。

見所、いや聞き所はそれぞれのキャラに声をあててる俳優陣。実に完璧なのよ・・・ほぼ主役となる豚ママは鼻で演技する女優、リース・ウィザースプーン「Election」他近作では「キューティ・コップ」等コメディを中心にシリアスな作品まで幅広く演じる名女優。

彼女が演じる豚ママは子だくさんで家事に追われ自分の楽しみを犠牲にしながら子育てをし、実際のママ達をデフォルメして描写しているわ。

更にスカーレット・ヨハンソン演じる異端児なハリネズミもキャラそのまま、ロックなテイスト満載…元々彼女はトム・ウェイツの楽曲カバー等をアルバムリリースしているほどの歌好き。

他にもマシュー・マコノヒーやセス・マクファーレン等ツボをついたキャステイングが素晴らしい…先ずは予告編で各キャラの歌いっぷりを堪能して下さいな…北米の公開は今年のクリスマス…なんとか国内配給もきまってるらしく期待大よ。



pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年09月08日

ルーシー日記3 リュック・ベッソン復活編

20140915映画でとても大切な事は、先ず見たいなぁ~と思わせる事…その点、この「LUCY」の米でのパブリシティは良かったですね。特に予告編が素晴らしかったです。

米での興行成績は当初の倍の数字を出し予想外のスマッシュヒットと騒がれていましたが、こちらからすると予想外と表現する方が予想外で、出るべくして出た結果だと確信してます。国内でも先月末から公開中なのでTOHOシネマズ日本橋のTCXスクリーンで再確認してきましたよ。

なぜ「LUCY」の予告編が素晴らしかったかと言いますと、話としては奇想天外なんですが、表現をシンプルにまとめ、目覚めた女性がスーパーパワーで復讐劇か!?と思わせる内容になってますよね。それを演じるスカーレット・ヨハンソのやり過ぎない表情のカットが「LUCY」のヒットを既に決定づけていたのです。

実際のお話は、腹を切開され運び屋にされた主人公ルーシー(スカーレット・ヨハンソ)のブツが漏れて薬物の大量摂取で脳細胞が超覚醒して最終的には宇宙の真理をビッグバンまでさかのぼって完全理解してしまい、どうなってしまうのか・・な展開なんですが、久々リュック・ベッソン監督のジメジメしてないカラッとした演出が楽しめましたね。

リュック・ベッソンは90年代の「ニキータ」「レオン」「フィフスエレメント」が代表作とされ、2000年以降はプロデュース作品が多くなり、監督作品は今一パッとしていませんでしたが、この「LUCY」で復活した感。

彼は「レオン」に代表されるように女性の撮り方に特徴があって、その特徴が良く出たのが「LUCY」…バストアップのショットが多いので女優の力量が無いととてもつまらない画になってしまうのですが、ヨハンソをキャスティングした時点で成功を手にしたのも同然です。

ヨハンソは同時期にマーベルのブラック・ウィドウのキャラで世界的にブレイクしましたが役者としてのキャリアは長く好評価でした。ルックスは勿論なんですが、実は彼女の魅力は声質なんですね…ちょっとこもった独特な響が良いのです。それを証明するかのように「her:世界でひとつの彼女」ではAIの声(siri的な感じ)を演じて放送映画批評家協会賞の助演女優賞にノミネートされるなど、ちょっと他の女優とは違う武器を持っているのですね。そう言えば、あのトム・ウェイツのカバーアルバムをリリースしてるのでよね!ちょっとビックリ。

ネタばれになるので、お話の詳細には触れませんが、超覚醒した脳は感情から脱皮してどこに行くのか・・果たして神の領域に踏み込むのか・・それともMr.スポックが目指したコリナーの境地を一夜にして習得とか!?…そこのサブ的な展開として予告にあるようなアクションがアクセントで盛り込まれてるのですが、わかりやすいエンタメ感満載な作品である事は間違いありません。

アクションシーンの見所の一つにパリでのカーアクションがあるのですが、これはあの「TAXi」を彷彿させる小気味良さで「ルパン三世」の実写はこっちだろって感じてしまいますね。

大袈裟に表現すれば精神的にも弱かったルーシーが自分のお役目を発見する24時間の物語とも言えますが、これはやはりスカーレット・ヨハンソの存在、そして脚本に沿って彼女を演出しきったリュック・ベッソンの勝利ですね…あ、モーガン・フリーマンも脳細胞覚醒研究第一人者として重要な役所なんですが、それはいつものポジションで(笑

リュック・ベッソン的ファンタジアがお好きな方は迷うこと無く劇場へ、科学的根拠にツッコミを入れたい方も是非劇場へ、タイアップしてるサムスンが好きな人も是非劇場へ、裏社会で拳銃美が好きな方も是非劇場へ、そして、スカーレット・ヨハンソ好きなあなたは毎週劇場へと、色々な視点から楽しめる「LUCY」でした。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年07月15日

ルーシー日記2 ベッソン的カーチェイス編

20140712米で間もなく公開される話題のリュック・ベッソン監督、スカーレット・ヨハンソン主演の超聴覚爆裂アクション「ルーシー」のカーチェイスの場面映像がリリースされてるのでご紹介。

ベッソンと言えば、パリ狭い街中のカーチェイスを撮らせたらピカイチなんですけど、今回もその才能を存分に発揮してるようですね

車を運転したことがないルーシーが超感覚で運転席をダッシュして敵を追っかけるのですが、ベッソン的カーチェイスですよ。

無表情なスカーレット・ヨハンソンはちょっと「キャプテンアメリカ2」ブラック・ウィドウとだぶる部分も多いですが、映像的に電波をを探るVFXはとてもセンスが良いですね。

このような場面は勿論合成ですけど、役者として撮影時は合成を前提として演じるので、近年の役者は今までとちょっと違った才能が必要になってきてます。特に何でも後付ができる今は、グリーンバックが細かく設置されて自分見失ってしまう役者も多いのです。

そんな中でスカーレット・ヨハンソンは同世代の女優のなかでもちょっと抜きに出たかもしれません。声だけの出演でもその存在感を出せる彼女は、正にこの作品とのマッチングは完璧ですね。この後に公開のSFスリラー「Under The Skin」も素晴らしいとの評判ですし。

リュック・ベッソンの新しい女殺し屋「ルーシー」楽しみです。


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(1)

2014年04月27日

ウインター・ソルジャー日記3 愛すべき、我らがキャップ!編

20140424我らがキャップが還ってきた・・・!「キャプテン・アメリカ」の映画第2弾である「ウインター・ソルジャー」が先週末から公開よ!

期待通り、いえ期待を遙かに上回るレベルの高さに、映画という枠を超越した"エンターテインメント"を体感させて頂いたわ。アクション、サスペンス、コメディ・・・全ての要素が絶妙の配分で確立されているので、ルービックキューブの如く完成させてはまた別の面を楽しむ事が出来るといった具合。

これまでのマーベル作品の中でも1,2を争う秀逸さ・・・しかしながら、毎回作品が公開される度に「参った!」と言わされ続けるのもファンとしては嬉しいものよね。

ストーリーは、「アベンジャーズ」の戦闘から2年後。国際平和維持組織"S.H.I.E.L.D"は新たなる防衛システムの開発に取り組んでいたの。キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウは長官ニック・フューリーの傘下で共に活動し、彼からシールドが巨大空中母艦ヘリキャリアで世界を監視するという計画があるという事を告げられたわ。

キャップはこの計画に疑問を持ち始め、やがてフューリーは、メタルアームを持つ暗殺者"ウィンター・ソルジャー"に命を狙われ重傷に。真相を突きとめようとするキャップとブラック・ウィドウは"ウィンター・ソルジャー"だけでなくシールドからも追われ、孤立無援状態。

そんな彼らに手を差し伸べたのは、今回初登場の元空軍のエリート・ファルコンよ。彼は任務中に親友を失っており、キャップは自分も親友のバッキーを同じ状況で失っていることから、すぐに心を通わせたわ。誰も信用できない状態で、3人の戦士が巨大空中母艦の真の目的を阻止することが出来るのか?そして"ウィンター・ソルジャー"の正体とは?前作からの様々な要因が絡み合い、見ている側がうまく欺かれては納得する、という繰り返しよ。

キャップとかつての親友バッキー、そしてファルコンとの友情、更に長官フューリーと彼と共にシールドを確立させたピアーズとの友情という2本軸を中心に展開しているわ。それぞれが「世界を守る」という同じ目的を持ちながら、考え方の相違から少しずつ歪みが出来てしまった事で悲劇が生まれてしまったの。

見せ場は多々あるけれど、まずはストーリーを色濃く表現する上で必要な"自然且つテンポの良い"壮絶アクションね。更に、フューリー長官の乗車していた最新の戦闘マニュアル付き車両や武器の数々・・・これも近い将来開発されるのかも。

20140428しかし、一番の見せ場はかつてキャップが恋した、シールドのエージェントNo.1ことペギーとの再会よ!

彼女はもう既に孫もおり、かなりの高齢でベットに臥していたわ。「長かった・・・」とキャップに告げるペギー、そんな彼女に「今でも君はベスト・ガールだよ」と告げるキャップを見て、こんな再会のシーンを組み入れた監督はヒューマン・ドラマとしてしっかり描きたかったいうことが良く分かるわ。

ペギーは前作でキャップを失う悲しみを味わい、今作で若い彼を前に今度は自分が先立つという悲しみを味わっている・・・2度の悲恋を味わうペギーを思うと、切なくなってしまう。今でもキャップの懐中時計にはペギーの写真が入っており、この最も美しく悲しい恋の物語は「キャプテン・アメリカ」のテーマと言って良いかも。

本編の冒頭部分で、ブラック・ウィドウがキャップに「統計科の誰々と付き合ったら?」とフランクな提案をするのだけど、キャップは「忙しいから」と断るの。しかし、後半ではそれを受け入れようとするそぶりを見せるのよね。それがペギーとの再会のフリに繋がっていたとは・・・誰が予想出来たかしら!?

公開前はウィドウとキャップのロマンスを匂わせたりして、実にお見事!これ以上語ると夜が明けてしまいそうなので、この辺で。あとは、ご覧になった皆さんが間違いなく楽しめる事を保証させて頂くわ。

世界を愛し、ペギーを愛し、友人を愛し、愛で満ちあふれた、世界で最も強く優しい男…キャプテン。「ウインター・ソルジャー」を鑑賞した後、自分が一体何を愛しているのか、愛するべきなのか考えずにはいられなくなる、ということも付け加えておくわね

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年04月12日

ルーシー日記1 久々リュック・ベッソン世界編

20140412

1994年の「レオン」は衝撃的な作品でしたよね…リュック・ベッソンを知ったのもこの時でした…その後は「フィフス・エレメント」や「ジャンヌ・ダルク」で独自のSF感や歴史観で魅了し、監督業からプロデュース業へ軸足を移し、よりエンターテイメントな作品を提供してきたリュック・ベッソン。

そんな彼が久々にSF的要素満載のアクション映画を監督したのよ…それが「ルーシー」

主役はブラック・ウィドウで一躍グローバルに有名になったスカーレット・ヨハンソン…物語は強制的に薬の運び屋として利用…手術でお腹の中に薬物を仕込まれ運ばされるのですが、運ばれた先で手下のケリで薬物の入った袋が体内で破損…直接摂取された薬物により彼女は超能力を身につけてしまうのです。

その能力たるや、電波の盗視から瞬間即知力にマインドコントロール、更には痛みや苦悩も感じない完全なサイキック戦士に変貌してしまうのですね。

そのビジュアル表現が予告編を見る限りリュック・ベッソン全盛期を思わせるキレ味のある映像で期待が膨らみます。北米公開は8月…久々のリュック・ベッソン世界に浸りたいですね!


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(4)

2014年03月11日

ウインター・ソルジャー日記2 BWはストレート編

20140310北米で4月に公開される「キャプテン・アメリカ」の続編「ザ・ウインター・ソルジャー」の冒頭部分の長尺映像が公開されてるようなのでお届けしましょう。

何やら貨物船が乗取られて、キャプテン、ウィドウ他が奪還する場面を5分程度にまとめてあるようですが、キャプテンとウィドウの何ともオフィス的な会話もさることながら、気になるのがブラック・ウィドウの髪型なんですよね。

「アヴェンジャーズ」ではくるっと巻いてあった髪が見事にストレートなんですが前の髪型の方がキレ味鋭くて、トゲ刺すわよ!的な魅力で良かったのですが、ストレートになると負けん気がちょっと薄れて優しい感が…(笑)

まぁ、そんな話は別にして、これを見る限り本編は期待大。日本公開が楽しみです!

【The Winter Solder 長尺映像】
http://www.traileraddict.com/captain-america-the-winter-soldier/extended-sneak-peek


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)