ゴシック

2016年01月17日

メタルロゴ日記 その背景にある美景!!編

20160106「メタリカ」「ブラック・サバス」・・・そのネーミングは勿論だけど、攻撃的で挑戦的なバンドロゴは一度見たら忘れられないインパクトを持っているわ。まずバンドメンバーの顔よりロゴを思い出す場合が殆どかも。

昔クラスメイトが、休み時間メタリカのロゴを書けると自慢げ気にノートに書いてくれたことがあったのよね。その鋭利なラインを感心して見ながら「やっぱりメタルバンドはロゴと同様攻撃的なのだ」という印象を持った事を思い出すわ。

メタルバンドのロゴを何千も収集しているデザイナーによると、スラッシュメタルの美を象徴するデザインの代表格として80年代に登場した「スレイヤー」を挙げているの。

角張ったアウトラインに文字と剣が交差した星形五角形という見事なバランス。アリス・クーパーの初期のアルバムでも滴が滴るようなフォントが用いられていたりと、これらのデザインはどこか薄気味悪く残虐なイメージを与えるわね…まず聴き手が一目見てその世界観を直感出来るという事が最も重要なのだから、このデザインは他のジャンルと一線を画したと言えるかも。

メタル音楽やそこから派生する多くのジャンルは破壊、誇り、独立といった理想を常に受け入れ、それを外部に発している。ロゴは単にオーディエンスに見てもらうのではなくこういった精神を反映したものであり音楽の独自性を維持するという表れなのだと関係者は語っていたわ。

黒、死、蜘蛛の巣、血の滴りなどの不気味なアイコンはメタルバンドのアイデンティティとして表現されるけれど、その根源に当たるのはやはり「ブラック・サバス」だそう…彼らのアルバムに使用された泡のようなロゴは幻覚のような雰囲気でどこかサイケデリック・・・その流れは今なお受け継がれているわ。

スラッシュメタルバンドは彼らの音楽的性質を反映し直線的で角の鋭いロゴ、デスメタルバンドは凶暴性や宗教や死に焦点を当てる傾向があるので、血や体の器官、手足や頭蓋骨を合体、ブラックメタルは反キリスト教の考えやオカルトや異教徒がルーツなので、左右対称、渦巻きや円を用いた華麗なものが多い…どのロゴもしっかり主張しつつその芸術性の高さには本当に驚かされるわ。

デザイン的にもゴシックや古い英国のフォントのような鋭い文字、最初と最後は中間よりも大きくする方がバランスが良いそうよ…バンド名も然りだけど、やはりバンドのロゴやカラーというのは非常に大事なものだわ。メンバーと同等のイメージや哲学を背負っているのですもの。自分のバンド時代その部分がきちんと定められなかったことを悔いているのだけど、中央に自分の顔を・・・いや、やらなくて良かったかも…ふふふ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(6)

2015年02月20日

クリムゾン・ピーク日記1 ゴシック美本道編

20150216「パシフィック・リム」「パンズ・ラビリンス」等で確固たるポジションを築いたギレルモ・デル・トロ監督…それは主人公の独特の存在感を際立たせるキレのある描写でファンの心を掴みました…そんな監督の新作ゴシック・ホラー「クリムゾン・ピーク」の予告編が先週公開されたのでご紹介。

主役は「ソー」「アヴェンジャーズ」のロキ役お馴染みのトム様ことトム・ヒドルストンとミア・ヴァシコウスカ…お話は19世紀…ミア・ヴァシコウスカ演じる気鋭の作家は家族が悲劇にみまわれ感情的に不安定な日々…彼女に片思いの幼なじみのアランに優しいくされるも、彼女はトム・ヒドルストン演じるトーマスと結婚。

生活と仕事の拠点を彼の実家でもあるイギリス、カンブリアに移すのですが、そのお屋敷に嫉妬深い姉のルシールが何かと横恋慕的な行動・・・そして不気味なお屋敷に隠された姉弟の秘密を核に呪われたお屋敷でホラーな展開に・・・。

スプラッタ系のホラーではなく、ゴシック美を背景に過去の因縁と心の隙間に入り込む悪夢をギレルモ・デル・トロ的表現で見せてくれます。映像美的に期待大な「クリムゾン・ピーク」北米では今年の10月公開…楽しみでなりません!!

give me darkness.…フフ。


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)