クリスマスケーキ

2016年12月26日

オーボンビュータン日記3 煌めく宝石たち編

20161214

今年のクリスマスケーキはどうしよう・・・と悩んでいるうちに当日…リサーチはしたもののどのケーキもパッとしないので原点に返り大好きな尾山台「オーボンビュータン」

今回はクリスマスケーキではなくプチフールとケーキを数点購入したわ。

プチフールはまさに宝石箱・・・!!赤い箱からズラッとお目見えのお菓子はどれもこれも可愛らしく、ひとくちでパクッ。相も変わらず果物は新鮮でジューシィ、ショコラは程よい甘み、砂糖菓子も甘すぎず口の中で蒸発し夢見心地よ…厳選された素材、爽やかなあと味・・・河田シェフのこだわりと哲学は健在であると確認したわ。

クリスマス限定の小型ブッシュドノエルも大人っぽいショコラで頂いた後も甘みが残らないの…そしてポロネーズ・・・ラム酒の効いたブリオッシュはしっとりシュワシュワ、アーモンドが恐竜の背の様にコラージュされていてビジュアルも愛くるしいわ。最後はバカボンの頬の如き、美しい苺のロールケーキ…苺の甘酸っぱさが主張しすぎず甘さを纏めているという風合いなの。

オーボンビュータンのケーキは幾つ頂いても嫌な甘ったるさは皆無で全てに於いて上品この上ない…最近はビジュアルやネームバリューだけで品物に似合わない金額を提示してくるお店も多い気がするけれど、こうして世間に流されることなく、多展開せず地に足をつけて作品を創り続ける河田シェフのアーティスト魂には敬意を表したいわ…ものを創るってなんでも同じよね・・・そんなことを気付かされたクリスマスでありました。ペロリ。
20161215


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年12月26日

ゴージャス・レッド日記 聖なる夜の競甘編

20141227

今年のクリスマスはちょっと趣向を変えようと思い立ち、シャングリラ東京のミルフィーユを注文したの…定番の「オーボンビュータン」のショートケーキは、厳選された素材に負担のない甘さが魅力で素晴らしいけれど、さすがに2年連続だと新鮮味が・・・。

もともとミルフィーユ好きであるし、シャングリラなら味も間違いないだろうと言う事もあり、何より小振りながらそのデザインの美しさに惹かれてチョイス・・・その選択は正しかったわ!新作であるミルフィーユは、3層のパイ生地で構成されているの。パイ生地、彩り豊かなラズベリー、そしてその横にちょこんと乗ったカスタードクリーム、すべてがまんまるで可愛らしい。

てっぺんに鎮座するチョコもこれまたまんまるで、食べるのが勿体ないほどのキュートさよ。ナイフを入れると指先にパイのサクサク感が伝わり、パイの裏にサンドされた北海道産の生クリーム”クレームシャンティ”がほどよい甘さを導いてくれるわ。

マキシム・ド・パリのミルフィーユは濃厚なクリームの多さが特徴だけど、こちらはクリームの加減が実に絶妙で品が良いの。多少時間が経っても、パイのサクサク感を損なわないクリームの量は完璧ね。実は自分、カスタードクリームが苦手なのだけれど、カスタードだと気付かないほどの爽やかで濃厚なクリームだったのにも驚かされたわ。

それまで頂いていた手の込んだオードブルやチキンなどが一気に霞んでしまうほど、美しく美味だったという事だけは強くお伝えしたいわね。ケーキのお供に、私が長年お世話になっている第2の父から頂いた「クラッハー、ツバイゲルトアウスレーゼ」というヴィンテージワイン」をセレクト…完熟した桃の甘さを感じさせるフルーティなワインで、貴腐ワインで有名なクラッハーが造った珍しい赤の甘口なの。

ケーキの程よい甘さにも相性抜群。父がお酒が強くない自分の為に選んで下さったのだけど、飲みやすくてついご陽気モードに・・・ちょっぴり反省。聖なる夜を迎えるにあたり、美味しいものを頂くというのは最高の贅沢ね。しかしこの素晴らしきスイートな競演の後、新年に向けて気を引き締めて行かなくては。今年もまもなく終了…皆さまはどんなクリスマスをお過ごしかしら??

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年12月25日

ブノア日記2 ノワールなイブ編

20141223さて、クリスマス…皆さまはどうのようにお過ごしかしら??…クリスマスと言えばやっぱりケーキ。近年で傑作ケーキをと言えばこの青山「ブノワ」かしら…ブッシュドノエルは定番だけど、今までこれ!というケーキに出会えなかったのでついホール型を選んでしまって自分。

でもこの「ブッシュ・ショコラ・キャラメル」はルックスもテイストも五重丸よ!外側はつやつやのビターチョコレートでコーティングされ、側面の切り株には板チョコ。装飾は同一のトーンでまとめられているから品があるわ。

一口頬張ると、中からキャラメルクリームとキャラメルショコラのムースが登場!キャラメルの甘さとチョコのほろ苦さが良い感じに口の中でとろけていく中、チョコのパイ生地"フィヤンティーヌ"がアクセントになって、幾通りもの味を楽しむことが出来たわ。

クリスマスケーキって、食べている時甘さが持続して飽きてしまうことが多々あるけど、このケーキは甘さと苦さのバランスが絶妙で飽きないし、嫌な甘さが残らないから凄い。

作品に緩急があるというのはやはり大事・・音楽も全く一緒だもの。そして明日は今年のクリスマスケーキを御披露するわよ…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年12月27日

オーボンビュータン日記2 聖なる夜に花咲くイチゴ編

20131233

早いもので2013年もあと僅か。年内最後のビック・イベントといえば"クリスマス"・・・もとい、クリスマス・ケーキよね!

年末からお正月まで殆ど休めないので、ちょっとした中休みも兼ねてクリスマスは家でゆっくり過ごす事に。主役は勿論、尾山台のケーキ店「オーボンビュータン」のショートケーキ!普段から売り切れ続出の有名店なので、今回は1ヶ月前からイチゴのショートケーキを注文していたの。

シンプルな生クリームたっぷりのケーキの上に、新鮮で大きなイチゴが鎮座…シフォンの中にも甘いイチゴがゴロゴロと顔を覗かせ、実に贅沢よ。こちらのケーキは新鮮なフルーツと甘すぎないクリームが特徴で、どんなに頂いても胃もたれしないのが嬉しい。量も丁度良く、久々に甘いものを摂取して大満足よ。家までケーキの箱を大事に抱えて帰るというシチュエーションも久しぶりで、何だか幸せな気分だわ。

素敵なレストランでお食事するのも楽しいけれど、こうして家でゆっくりするのが一番ね。皆さんは今年どんなクリスマスを過ごされたのかしら?さぁ、ラストスパートですよ!一緒に頑張りましょうね!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)