ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

2017年06月01日

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー日記2 グッとくるリミックス編

20170601数々マーベル作品ではそれぞれの素晴らしさに唸らされてきたけれど公開中の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2:リミックス」には唸らされるというより首根っこを掴まれた感じよ!!

当初はあまり期待していなかったのだけれど評価の高いレビューや興行成績が物語る通り、これはかなりグルーブの効いた”名盤”だったわ…結局のところ立て続けに通常版と4DX版を楽しむという結果に・・・。

物語は前回ロナンの手から宇宙を救ったはみ出し者チーム「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が、強大な力を持つ黄金の惑星の指導者アイーシャから仕事を請け負う所からスタート…しかしチームの一員、アライグマのロケットのいたずらにより彼女からの怒りを買ってしまい総攻撃を受けてしまうの。

その危機を間一髪で救ったのは、なんとクイルの本当の父であるエゴよ…クイル達を追うアイーシャ軍団、クイルの育ての親である宇宙海賊のヨンドゥ、そして万能の力を持つ謎めいた父エゴ、それぞれの陰謀や思いが交錯、銀河に最大の危機が訪れてしまう・・・!!果たしてガーディアンズ達は再び宇宙を救えるのか!?という展開よ。

興味深いのはクイルとガモーラのラブロマンス云々というものは横に置き、これまで対立してきたクイルとヨンドゥの親子、ガモーラとその妹ネビュラの家族の絆もメインテーマながら、敵であるにも関わらず似たもの同士呼応したとしか言いようのないヨンドゥとロケットの結びつきね。

見終えた後、今回の主役は紛れもなくヨンドゥだったのだと思い知らされたわ…後半彼がロケットに、仲間を大事に思っているくせにわざと憎まれ口を叩いたり、困らせたり、素直に自己表現出来ずにいるのは心の奥底に大きな穴が開いているからだと言い放つシーンがあるのだけど、これは彼自身が己を自己認識しロケット自身もその言葉により自分の内面に気付くという重要な場面。

物書きとして思う事だけれど、この2人は紛れもなく監督自身であり、過去に色々と経験し乗り越えてきたからこそ彼らを描ききれるのだと痛感したわ。

どのキャラクターも魅力的で、ベビー・グルートのキュートさは勿論だけど、触覚テレパスのマンティスの素直な可愛らしさ、単細胞で筋肉バカのドラックスの開けっ広げな元気さ、姉を愛するあまり殺そうとするネビュラと、これだけ沢山のアクの強いキャラが登場していながら誰も薄まらず、それぞれの生き様や思いがしっかりと描かれているのが素晴らしい。
20170602
見どころも満載過ぎ・・・というか、どのシーンに於いても見どころがあるのよね…まず核になる部分が点で打たれて明確、続いてそれを絶妙なテンポで伝えてくる、更に少量のギャグで味を引き締めるといったような神業!!…しかもそれが、流れるような自然さで繰り広げられるのが恐ろしいわ…まずオープニングには度肝ね。

凶悪な生物に猛攻撃を仕掛けるガーディアンズ、その戦闘の最中クイルの好きな音楽に合わせて自分の世界に浸り駆け回る無邪気なグルート…その細やかな表情や動きに目を奪われるけれど、戦闘中にも関わらずグルートに注意を喚起する親のようなメンバー達が非常に良い。

そして今回敵となった黄金のアイーシャは「コードネームU.N.C.L.E」でも冷たい美女を演じたエリザベス・デビッキ!!これはまたはまり役よ。また、アライグマであることに嫌気がさしているはずのロケットが毛繕いしその姿に心を奪われたマンティスが「撫でて良い?」と手を出して噛まれそうになるシーンは絶対猫を飼っているに違いないと確信を得たほどの自然さ…更に捕らえられたヨンドゥとロケットを助けようとグルートがお使いをするドリフ的数段オチなど、前半笑い所が絶えず盛り込まれていたので後半の重厚さが更に胸に深く突き刺さってくる…この緩急こそが名作の証なのだと納得させられたわ。

そしてその名作に欠かせないのが音楽!!…今回も要所要所の音楽の使い方が素晴らしいわ。舞台は宇宙でも、クイルの母が残した70年代ミックステープからセレクトという形を取っているので、フリートウッド・マックやサム・クック、パーラメントなど当時の名曲が登場。選曲も良いのでシーンやキャラクターに深みが加わって更にひと味増しているのよね…エンディングもレコードの紙ジャケを意識したデザインや色味になっていてお洒落なの。

4DXだと仕掛けがフル稼働、というくらいのオンパレード…まずは落ち着いて通常版を楽しんでからリミックス・バージョンという順番で楽しむのが良いかもしれないわ…とにもかくにもキャラクターのセリフからだけでも、どれだけ監督は色々な映画を見て色々な音楽を聴いているのかと感心させられるばかり。

作品を通じて監督自身のユーモアの裏にある真面目さ、人なつっこさ、思慮深さなどを垣間見たような気がするわ…物を創れば必ず自分というものが投影される…物語の中で己の分身達がどう息づき、どんな人生を紡いでいくのか・・・もしかしてそれが見たくて自分はものを創るのかもしれない…ロケット同様、色々なことを気付かせてもらったGOG・・・あと2回くらい劇場で見ようかしら。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年11月25日

レトロ&オルタナティブポスター日記7 死者の日編

20141116色々ポスターを見ていて、ハッとする色使いやタッチにアーティスト魂を感じ事がよくあるわね…今回は特に色による表情に特徴のある2作品をピックアップよ。

一枚目は日本でもヒットしたマーベル作品「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」で緑の暗殺者ガラモのバストアップ…イラストレーターのオーランド・アロセナ氏によるもので、独特の色彩だけど、これはメキシコの10/31,11/1-2の三日間に祝典『死者の日』の明るくまつられる祭壇をイメージした様子。

『死者の日』は11/1に子供が11/2には大人の魂が現世に戻ってくる事をお祝いしてるのね。日本のお盆と違ってとにかく派手なのよ…よくガイコツとダンスをしてる映像も流れてくるわ。

二枚目はF・コッポラ監督の名作「ゴッドファーザー」の有名な一場面…ドンが街で買い物をしてる背後から暗殺者が現れて撃たれてしまうところね。

物語としては、この事件をキッカケにファミリーの抗争に否定的だった2代目が目覚めてしまう重要な一場面…それをベルギーのローラン・ドゥリュー氏が描いた作品…迫る影の動きの対比が緊張感を生み出してるから凄いのよ。近年は過去の名作の一場面をアート化するビジネスが流行っていてとても興味深いわ。

『良い映画はポスター化した時にも同様に良い作品になる定義』…を以前からお話してるけど、その逆も大いに可能性があるから面白いかもしれないわね。挑戦してみようかしら…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年09月20日

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー日記1 アメリカ的ツボ満載!!!編

20140920公開中のマーベル最新作品「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」…予告編を見る限りこれまでの作品より若干色合いが弱い印象を受けたけれど、本編を堪能後その印象は払拭されたわ。

「アイアンマン」にせよ「キャプテン・アメリカ」にせよ物語のベースは重厚、笑いはあくまでエッセンスというスタイルだったけれど、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」はアメリカ的コミカルさを全面に打ち出し、その背景にあるシリアスな部分は程よく匂わし次へ繋げていくという妙技を見せつけてくれたわよ。

前後の作品に関係なく楽しめるストーリー展開がマーベル未体験者でも楽しめるけれど、好き嫌いが二分される挑戦作とも言えるかも・・・。キャラクターは個人個人はパッとせず、アメリカンフットボール的なチームプレイ戦略が見所になっているの(実際は戦略と言うよりも行き当たりばったりなんだけど)

主人公ピーターは飛び抜けてハンサムでもないし正義感と底抜けの明るさを持つアウトロー的な「STAR WARS」ハン・ソロそのもの。彼を中心に賞金稼ぎアライグマのロケット、情報と改造された体を持つ美しき刺客ガモーラ(「スタトレ」のウフーラ)、復讐に生きる荒くれ者デイブ、普段は弱々しくとも、ここ一番に力を発揮する優しき樹木型ヒューマノイドのグルートがそれぞれの特技を活かして最強チームを作り上げたわ。

個人的に惹きつけられる部分は多くなかったというのが正直な感想だけれど、こういったアメリカ的ツボが散りばめられているので、劇場内では絶えず笑いが起きていたの。更にユニークなのは主人公ピーターが持参する、敢えて"ウォークマン(SONY系の作品ではないので、ロゴが上手く隠されてるのが大人の事情w)"に入っていた亡き母の『最強ミックス』のセレクト!

ブルー・スウェードの「Hooked on a Feeling」、ザ・ランナウェイズ「Cherry Bomb」など懐かしの70年代サウンドが物語の進行に準じて彩りを添えているのが憎い感じ。ピーターがオープニングで宇宙生物をマイクに見立てる、という演出もこれまたツボ of アメリカンね。

物語は地球の少年ピーターが幼くして宇宙人に誘拐され、宇宙をまたにかけるトレジャーハンターへと成長…24歳になった彼はある惑星で銀河を滅亡させるほどの力を持つパワーストーン"オーブ"を盗み出し、それがきっかけで追われることになるの。

最初は敵対していたはずのガモーラ、ロケット、グルート、デイブが次第に団結し、オーブで惑星を滅亡させようとする強大な敵に立ち向かう、というものよ。簡単に纏めると、ハン・ソロ率いるデコボコ・チームが、敵ロナンから勝利を得ようと団結し、銀河の秩序を司るザンダー星のノバ軍がクライアント的な立場にあると言えるわ。

今までのマーベルヒーロー系と比較するとかなりの新機軸ではあるけれど、底抜けにポップな明るさに酔うというのもたまには良いものね。気になるのはピーターの本当の生い立ち・・・さて次回作はその点にも注目かしら!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)