カシミール

2016年10月04日

ターラ・ブランカ日記 鮮やかな日常編

20161002

先日、友人エミリアが勤めるストールのお店「ターラ・ブランカ:TARA BLANCA」にお邪魔してきたわ。

「ターラ」は日本でも数少ないストールの専門店…ストールは全てインドのカシミール地方の熟練した職人達の手によって1枚1枚手刺繍で創り上げられ芸術的なオリジナル作品をシーズン毎に発表…工房はかつてマハラジャに献上するターバンを創る歴史ある工房で、その当時ヨーロッパの上流階級の人々が愛した幻のカシミール刺繍の技術を伝承し続けているそうよ。

その刺繍の美しさは勿論、糸の配色は纏うよりも飾っておきたい程の見事さ・・・更に肌に触れたときの生地の柔らかさは未体験の域なの…当然ながらお値段はかなり背伸びしても届かないクラスのものが殆ど…でも見ているだけでも華やかな気分になれるし、その色遣いは異国情緒たっぷりで素敵なのよ。

エミリアに新作のストールを見せてもらっていると店頭のクッションカバーが何やら気になって仕方ない・・・今回新作の動物モチーフである、象と鳥のカバーを見た瞬間一目惚れ・・・!!

家のソファはイタリアのフェラーリ内装シートと同じメーカーによるもので朱に近い赤色で発色が良く、なかなかピッタリくるクッションカバーが無かったのよ。

しかし「ターラ」のオリエンタルな刺繍は可愛らしいだけでなく個性的なのでソファの色合いにもぴったり!!…ソファにとってクッションはメイクと同様重要なアイテムだから、妥協は出来ない・・・という事で3点お買い上げ。

動物達の表情は愛嬌たっぷり…でも背景の糸遣いが手描きの縄かけの様になっていたりしてその技術力の高さを物語っていたわ…特にお気に入りはうひょひょ目の鳥で、色合いは象のディープブルーかしら。

「ターラ」の色彩の美しさには視覚だけでなく感性も癒やされるわ…贅沢かもしれないけれど毎日使うものだからこそやはり華やかで楽しいものをチョイスしなくてはね…次はストールを普段使い出来るようにしなくては・・・ふふふ。

【ターラ・ブランカ】
http://www.tarablanca.com

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)