エヴァ・グリーン

2017年02月17日

ミス・ペレグリン日記2 ダーク・グリーン・ファンタジー編

20170207公開中の「ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち」…予告を見る度に「300:帝国の逆襲」同様、エヴァ・グリーンありきの作品だな・・・と思っていたけれど、その良い予感は的中!!…更に要所要所に配置された贅沢且つ素晴らしいキャスティングには唸らされたわ。

ティム・バートンお得意のダークファンタジー・カラーで描き出された”奇妙”さは役者陣の演技力により実に自然で、ラストまで前のめり…個人的にはギレルモ・デル・トロが手掛けたなら「パンズ・ラビリンス」の様に更にダークさが増して面白かったろうなと思うけれけど、ティム・バートンのお伽噺的世界観も楽しめたわ。

主人公の16歳の少年ジェイク…彼は、幼い頃から祖父エイブに昔から奇妙な物語を聞かされて育ったお爺ちゃん子だったの。ある夜、ジェイクは両目を失って倒れているエイブを発見…虫の息で祖父は「ケインホルム島へ行け、鳥が全てを教えてくれる」と謎の言葉を残し亡くなってしまう…ジェイクは昔祖父が話してくれた物語を思いだしエイブ宛にきたメッセージカードを頼りにケインホルム島へ向かったわ。

そこにはハヤブサが人間の女性に姿を変えたミス・ペレグリンが管理する施設が存在していたのよ…軽すぎて重しなしでは飛んでしまう少女、透明人間、体内にハチを飼う少年、二口少女など、様々な能力と個性を持ちあわせた子供達がペレグリンの保護の元幸せに暮らしていたわ。

しかしホローガストと呼ばれる悪の異能者バロンが、ペレグリンを追い続けていたの…彼は永遠の命を得るため彼女の時間をループさせる力を欲していた・・・という物語…ベストセラー小説を映画で全てを描ききるのは難しいけれど、ホローと呼ばれる怪物が能力者の子供の目玉を食べると人間になれるのか、ハヤブサが何故人間の女性に変化するのか、などの気になる部分は深く描かれていない。

20170208しかしながらエヴァ・グリーン演じるペレグリンは圧倒的存在感…一瞬にして心を奪われてしまう。子供達を育て守ろうとする毅然とした姿は見物で懐中時計を瞬時に取り出す仕草、パイプをくゆらせる口元・・・俊敏な動きはやり過ぎると滑稽だけど、その速度が完璧で素晴らしい。何より彼女の特徴である大きな目がサッと動く様は脳裏に焼き付くほど。目の動きを強調する為アイラインが涙点までクッキリ描かれておりハヤブサらしさを残す束感のあるヘアアレンジ…何よりパワーショルダーのワンピースはまさに”ペレグリン”を体現していたわ。

子供達の衣装も同様にそれぞれの個性を表現し、軽い少女エマが身につけるドレスはシフォンの青くエアリーなワンピース、重し代わりに履いている重厚な靴はスチームパンク、片目から夢を投影するお洒落好きホレースのスリーピースは体にフィットし、彼のこだわりが見えたりと衣装やヘアメイクだけでもバートン・ワールドを垣間見ることが出来る。主役のジェイクは「ヒューゴの不思議な発明」で子役だったエイサ・バターフィールド。

でもやはり祖父エイブを「プリシラ」等でお馴染みのテレンス・スタンプ、ペレグリンと同じ仲間のミス・アヴォセットに「007」のゴットマザーMことジュディ・デンチ、悪役バロンに「アベンジャーズ」のフューリー長官ことサミュエル・L・ジャクソンという実力派が杭を打ち込んだことで物語に重みが出たのは間違いないわ。

子供達のキャスティングも素晴らしく子供らしくはしゃぎながらも日々悩み考えて成長していく微妙な過程が演じ切れているのが恐ろしい…当たり前だけど、ここには劇団ひまわりは存在せず、各自が各自の役を理解し演じきっているのよね。

劇中後半ペレグリンが子供達を助けようと彼らに別れを告げるシーンには言葉なし・・・その後スッと回転して鳥に変化する姿の美しさ、潔さは一見の価値有りと言いたい…ビジュアル的にも演出的にも存分に楽しめる作品であるという事は間違いないわね。

この映画を見て、ふと「Xファイル」のTVシリーズ「サーカス」に出てきた異形の人間達を思い出したけれど、この子供達にはそんな陰鬱さはなく、それぞれの生きる時間を楽しんでいるというのが良い…バートン・ワールドは常にハッピーでカラフル、それが救いになったのかなと考えさせられたわ…敢えて言うなら『ダーク・(エヴァ)グリーン・ファンタシー』ね。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年05月18日

ミス・ペレグリン日記1 エヴァ全開編

20160505ファンタジックホラーの分野ってホラーと言ってもファンタジックなだけに役者と監督の力量で評価が別れるカテゴリーよね。そんな中でも期待大なのが「Miss Peregrine's Home for Peculiar Children」

監督はTim Burtonなのできっと日本でも公開されるでしょうけど、きっと子供じみた副題がついてしまいそうな予感。

まぁ、それはさておき元は2011年に出版され子供のチャプターブックリストで1位にランキングされたベストセラーなの。

お話はウェールズ島に捨てられた孤児院が舞台…孤児院と言っても普通の子供達じゃありません…ちょっとブラックで人間の暗部を鋭くとらえた内容だけど主人公はその孤児院を仕切る館長のミス・ペレグリン…それを演じるのがエヴァ・グリーン。

エヴァ・グリーンと言えば「007:カジノロイヤル」「300:帝国の逆襲」他、目力だけで演じきってしまう独自の個性を放つ女優で大好きな一人よ…そんな彼女が演じるミス・ペレグリンの孤児院内での喜怒哀楽を予告編だけ見ても恐れ入ってしまいそうな雰囲気ね。

この孤児院に訪れる若者はあの「ヒューゴの不思議な発明」でヒューゴを演じたエイサ・バターフィールドなのだけど子役からうまく抜け出して成長してる感じ。精霊的なエヴァと純真な青年エイサとの絵的なバランスも見事ね。

さて、この孤児院には秘密があってそれは深夜に訪れるのよ…それは見てのお楽しみ。
【公式web】
http://www.foxmovies.com/movies/miss-peregrines-home-for-peculiar-children

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年01月22日

007日記6 カジノ・ロワイヤル、飾り結びは両結び・・・編

20160108最新作「スペクター」より前の007シリーズを逆行しダニエル・クレイグ初ボンドである2006年「カジノ・ロワイヤル」を鑑賞…やはり特筆すべきは、ボンドガールにエヴァ・グリーンという最強キャスティングかしら。

ダニエルボンドガールズの中で「スカイフォール」の”M”に匹敵する存在感の強さ・・・あの大きな瞳に魅入られたら最後、ボンドもイチコロよ。

以降ボンドガールの影が薄かっただけに、あの抜きん出たエヴァの美貌と知的さは007シリーズの中で伝説となり得るわ。彼女あっての新007幕開けといっても過言では無いかも・・・。

ストーリーは殺しのライセンスを得た若き日のボンドを描いたものよ…彼は国際テロ組織の資金運用ネットワークを絶つという任務を受け調査をすすめていくうち、ル・シッフルという男に行き当たるの。ボンドの横やりで資金を回すことが出来なくなった彼はモンテネグロのカジノで得意のポーカーにより資金を増やそうと目論むのだけど、そこにボンドと財務省のヴェスパーが乗り込みゲームに挑むいう007シリーズらしいゴージャスな内容になっているわ。

あれほどポーカーフェイスで洒落者であるというボンド像が”きちんと”初々しく描かれているのも本編の魅力のひとつかしら…人を信用し、愛を信じ、仕事に一生懸命打ち込む姿は、格好よさというよりも母性をくすぐられるひたむきさを感じるわ。

カーチェイスなどのアクションやポーカー対決などエンターテインメントな見どころは幾つもあるけれど、やはり見どころはボンドの純粋な愛情ね・・・エヴァ演じるヴェスパーへの好意を抱く冒頭のやり取りから生涯忘れられない愛へと移りゆく様は切ない。

ボンドに対しクールに対応していたヴェスパー・・・そんな彼女が銃撃戦後動揺し膝を抱え服のままシャワーに打たれ、そこに彼女を気遣うボンドがそっと彼女の横に寄り添うというシーンがあるのだけど、ロマンスの要素が強いこのシリーズでは必要な演出だろうし”一般的”にも気障すぎない美しいシーンなのだろうけれど・・・彼らの状況や内面を考えると少女漫画ぽい雰囲気を感じてしまったかも。

幸い自分のダニエルボンドは「スカイフォール」が初見なので、どうしてもボンド達の内面を掘り下げて見たいと思ってしまう。そういう意味合いで、伝統的な007らしい演出はちょっと鼻につく部分があるけど、ボンドのタキシードの着こなしと肉体美、ヴェスパーの外見だけではない真のゴージャスさは圧巻!!…そして彼女の大きな瞳と知的な口元が優美に物語る感情・・・美と魅力を具現化するというのはまさにこのことかもしれないわ。

ボンドが007を辞してまで愛を貫きたいと決心させたヴェスパー・・・それは決して若気の至りでは無く、運命としか言い様が無い…最終的にボンドは彼女と最も苦しい決別をする事になってしまうけれど、それがクールな007を生んだ要因だとするとかなり切ないわ・・・最後にMが母親のようにさり気なくボンドを気遣うのが良い感じなのよね。

ヴェスパーの身につけていた愛の飾り結びは真実を突きとめるためのヒントとなるのだけど、決して片結びではなかったという事が救いかも…この恋はボンドにとって生涯忘れられ得ぬものであり、教訓であり、傷であり、安らぎなのかもしれないわね・・・ふぅ。

この後180度旋回し、あの「300:帝国の進撃」では見事残忍な女王を演じたエヴァ・グリーン…ボンドの後はギリシャの猛者を堕とした模様よ…これからも彼女から目が離せないわ!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年06月28日

ライズ・オブ・エンパイア日記3 残虐な女王の為のパヴァーヌ編

20140628スパルタの男たちの壮絶な死闘を描き、ザック・スナイダー監督の名を一躍有名にした映画「300」…公開から7年の時を経て、ついに続編「300-RISE OF AN ENPIRE(帝国の進撃)」が日本公開となったわ!勿論R指定でね。

100万の兵を率いてギリシャ侵攻を目論む、自称"神の王"クセルクセスと、たった300人の精鋭と共に戦い、『テルモピュライの戦い』で命を散らしたスパルタのレオニダス王。

彼らの戦いは終わったかのように思えたけれど、レオニダスの遺志を継ぐべく、アテナイのテミストクレス将軍は一般市民からなるギリシャ連合軍を率いて、ペルシャ連合軍に立ち向かっていく。

前作同様にフランク・ミラーのグラフィックノベルが原作…「300」の続編ではなくて『テルモピュライの戦い』と同時期に起こった『 アルテミシオンの海戦』がテーマ…前作の映像が所々にインサートされてるのが面白いわ。

何と言っても物語の要は、クセルクセス王の右腕であり、残忍且つ美しきエヴァ・グリーン演じる海軍指揮官アルテミシアね…黒髪に黒いアイライン、クリンゴン戦士のような背中に突起のある軍服を身につけた彼女はクール・ビューティー、画面に登場する度に目で追ってしまう美しさよ。

何故アルテミシアが女だてらにペルシャ軍を率いて残虐の限りを尽くすのか・・・その理由は、彼女の悲しい過去に所以しているの。

予告編を見た際、今回はクセルクセス王の過去にスポットを当て、女兵士アルテミシアとの残虐コンビの内面的なものをじっくり描くのかと予想を立てていたのだけれど、意外や意外!ひと言で言うなら「女王アルテミシア」物語に仕上がっていたわ。

とにかく主役のギリシアの将軍テミストクレスの影が薄く、兵士達の士気を上げようと力強い言葉を発しても何も伝わってこないのよ…「300」はレオニダス王のスパルタ魂がしっかりと描かれ、民族や人間の絆の深さを感じ取れたのになぁ・・と不安に思っていたところ、レオニダス王の妻である王妃ゴルゴがその役割を担ってくれたので、全体的に締まって一件落着…もう一人の主役を挙げるとするならば、王妃ゴルゴかもしれないわ。

見所は戦闘シーンで、ザック・スナイダー独特のビジュアル・エフェクトが多用されるのだけど、冒頭から連続なので辟易感は否めない。監督はスナイダーでは無くノーム・ムーロ…前作のヒューマンドラマから一転、ゲーム的なビジュアル重視という感じが強いのがちょい残念…もう少しクセルクセスを掘り下げてくれていたらなぁ・・。

「300-RISE OF AN ENPIRE」は完全にエヴァ・グリーンが本当の主役で彼女を見せるためにその他のキャストは付録的な感じ…結末に関して中途半端感が残るけど、とにもかくにもアルテミシア演じるエヴァ・グリーン嬢の熱演には大満足かしら。見方を変えて「アルテミシア物語」とするならば納得がいくかも。

そして、スピンオフで「300外伝 クセルクセス黄金の王」なる作品を是非見てみたい!

PS…米本国ではフルサイズのIMAX仕様があるのだけど日本でもフルのIMAX導入して欲しいわぁ〜

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)