インジェニュイティ

2012年11月15日

インジェニュイティ日記 文字を書く楽しみ編

20121119今年の2月頃に購入したパーカーの自信作の第5世代筆記用具「インジェニュイティ」…かれこれ半年使ってみてその素晴らしさが更に増したわ。

万年筆のようなフォルムだけど、万年筆ではなく、水性グラフィックペンのようで全くそうではなく…確かにこれは第5世代筆記用具に間違いないのよね。ペン先 は筆圧を弾力で調整するので書き心地は万年筆…ペン先が特殊なラバーでできているので、書き手のクセに会わせて変形していくのよね。

このゴムが優れもので必要なインクだけを染み出すように仕組みで、万年筆にありがちなかすれやインク溜がおきないの。驚きなのがキャップを一晩ぐらい閉め忘れ ても乾かないののよね!不思議不思議…あまり細かな技術はわからないのだけど、書き出しのイライラが一切無いのが良いのよ!

それと、書いてると紙の質感までもダイレクト感じ取れるのも素晴らしいくて、これはもう手放さない筆記具になったわ。

ペン先はインクホルダーごと交換で、ブラック・ブルー・パープル他全6色…ペン先のサイズは細字と中字の2種類…好にもよるけど中字がいいわね!より万年筆に近くなるから!

お値段は実売価格で1万5千円ぐらいで、替え芯が1000円…筆記具としては決してお安くないけど、これは買って損の無い一品よ。巷ではユーザーからの口コミ徐々に売れ出したようだけど、この書き心地は体験してもらわないとお伝えできないのが残念。

PCで文字を打つだけで無く、上手いヘタ関係なく紙にダイレクトに文字を書くという習慣は必須にしたほうが良いと思うの。特に「インジェニュイティ」のような 滑らかな筆記具は、文字を書く楽しみと自分の今の気持ちを客観的に感じ取ることのできる貴重な一時を享受できるの。自分は字が下手だからと億劫にならず に、それは自分の個性表現への近道という事で是非、字を書く習慣をどうぞ!

と言う事で、久々に人に大推薦できる筆記具「インジェニュイティ」でありました(^_^)v


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年02月20日

アンドレア日記 次世代筆記具編

20120211ピンポーン!

いつものように宅急便のお姉さんが朝一でやって来たニャー。今日は何かな・・。

また機材かなと思ったら違ったらしい・・それはかなり高価な筆記具でパーカーの自信作の第5世代筆記用具「インジェニュイティ」と言うらしいニャーよ。

何でも万年筆じゃないのに万年筆のような弾力性で筆圧を調整してくれる優れものとの事だニャー。

ペンの先端が特殊なラバーでできていて、まるでミーの肉球を真似たような形状で書いてると紙の質感までもダイレクト感じ取れるらしいニャー。

このペンの事は後でしっかりレポートするって言いながら何かを描き続けてる・・ミーも肉球にインクつけて詞でも書いてみようかニャー!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0)