アナ・ケンドリック

2017年01月13日

ピッチパーフェクト2日記 完璧なるビッチ編

20170103スマッシュ・ヒットとなった「ピッチ・パーフェクト」から3年後…2015年「ピッチ・パーフェクト2」

今回は製作・出演のエリザベス・バンクスが監督としてメガホンを取ったという事でも話題になったわ。更にパワーアップした歌姫たちの新たなる挑戦、将来や夢などがふんだんに織り込まれたストーリーに仕上がっていて、見どころ聴き所も満載よ。

全米大会初優勝を飾った女性アカペラチーム「バーデン・ベラーズ」はオバマ大統領の誕生日の式典のステージでライブを行うという栄誉を授かったけれど、メンバーの”太っちょ”エイミーの失態により活動禁止へ…名誉挽回のチャンスとしてアカペラ世界大会で優勝しようとチーム一丸に・・・と思いきや、卒業後の進路の不安、プレッシャー、憧れの仕事へのチャンスなどで全員の心はバラバラに。

そんな時元ベラーズの母親を持つ作曲家志望の新入生エミリーが新メンバーとして参加することになり、世界大会に向け特訓すべく元リーダー、オーブリーの経営するキャンプ場で全員合宿を行うことになったわ。

ストーリー的には展開もわかりやすくラストも想像通りの大団円だけど、これが”そつなく”仕上がっているのがさすが!!学生時代の甘酸っぱいエピソードはあるものの女性として如何に道を拓いていくか、それぞれの事情や生き様に焦点を当てているので好感が持てる。

日本だと卒業したらどうしよう、就職出来ないと世間的に云々・・・という甘えがあるけれど、どんな道であったとしても覚悟を以て臨む彼女達の意志の強さに襟を正される思いよ。

全編通しバンクス演じるアカペラ大会のコメンテーター2人組のどぎついコメントがスパイスになっていて良い…レベル・ウィルソン演じるエイミーも作品毎に存在感を増しボディ同様強靱なキャラクターよ。

今回オバマ大統領やスヌープ・ドッグなどゲストも豪華だけど、世界大会でベラーズ最大の敵となったドイツの男女アカペラ・デュオ「ダス・サウンド・マシーン」のステージもゴージャスで良かったわ…映像と見事にシンクロした”ドイツらしい”精度の高いパフォーマンス、衣装も見応え十分で実際に見てみたくなるほどよ。

バーデンの現リーダー、アナ・ケンドリック演じるベッカはDSMのメンバーであるピエターに何か挑戦的に言ってやろうと試みるもいつも褒め言葉になってしまう、というシーンが3回出てくるのが実に納得出来るし面白い…アカペラ大会では常に既存の曲をアレンジして行うものかと思いきや今回オリジナルの曲も初お目見えというのが興味深い。

その背景としてプロの歌い手を目指すベッカ、作曲家を目指すエイミー、それぞれの得意分野と音楽への取り組み方、ビジネスとして音楽をやっていく術や信念などもきちんと描かれているのも素晴らしいわ。

人に聴かせる以上技術や戦略はあって当然…しかし中心に存在するのは人の心を奮わせて止まない感情・・・その為に鍛えるべきは己自身、というこれまた当たり前ではあるけれど永遠のテーマが彼女達の生き方を通して伝わって来るのよ。

自分自身レコーディングの際、ピッチに注意をはらわなくてはいけないシーンに遭遇し、そこばかりに気を取られ思う様な結果が出せなかった経験があるの…確かに大事な事ではあるけれど、そんな部分だけに囚われずベッカ達のようにもっと先を見据えて作品作りに臨みたいと思うわ…良い意味で、ピッチも安定した格好良いビッチにならないとね!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年04月15日

ピッチ・パーフェクト日記 パーフェクト・キャスティング!!編

201604072012年公開当時米で話題になって見たいと思って見逃してた「ピッチ・パーフェクト」…昨年続編となる「ピッチ・パーフェクト2」も公開されたので早速前作をご紹介しなくっちゃ。

ストーリーは予想出来てはいたものの「ブライド・メイズ」ナイト・ミュージアム」でもその存在感が際立っていたレベル・ウィルソンが出演と知れば見ないわけにはいかないわ。

個人的には鑑賞前まで「Glee」好きのティーン向け作品というイメージだったけれど王道ながらきちんとしたツボが押さえられていて広い年齢層に受け入れられる仕上がりになっていたわ…「ハンガー・ゲームズ」でも好演のエリザベス・ハンクスが、とんでる司会者を演じつつ製作に参加という点も興味深いのよね。

主役は「マイレージ・マイライフ」で生真面目なリストラ宣告人を演じたアナ・ケンドリック演じる女子大生ベッカ…DJを志し、友人も持たない一匹狼的でクールな女性だった彼女は、女性ばかりのアカペラ部に渋々入部することになってしまう。

保守的なリーダーや個性の強い部員たちとぶつかり合いながらも友情が芽生え、歌もパフォーマンスも上達していったの。やがてアカペラ全国大会の決勝を目指し、同大学の男性アカペラ部や強豪たちと対決することになり・・・といったストーリー。

とにかくキャスティングが素晴らしい…ベッカの所属するアカペラ部の仲間は良い感じの濃さ!!自ら”ファット”と名乗るレベル・ウィルソン演じるエイミーは、おいしい部分をすべてかっさらうキーマンで歌声もなかなかもものよ。次に気になったのは、声が小さすぎて聞こえないけれど歌いだしたら器用な菊地凛子に激似のリリー・・・しかも彼女は自分の双子の妹を食べて逮捕されたという過去の持ち主で、この笑えないブラックユーモアが良い味付けになっていてお見事よ。

そしていつでも保守的なリーダー、オーブリーはその顔つきや行動も見事なほど保守的(そう言えば「ヘルプ」でも同様に保守的な役でした)…しかも過度の緊張で嘔吐するという「サウスパーク」的な演出も爆笑ね。

とにもかくにも続編で彼女達がどんな事をしでかしてくれるのか楽しみき。改めてわかったのはアカペラは既存曲をどうアレンジしどう見せるかというのが個性に繋がる、という事…今回DJミックスをベースにアカペラで表現するという試みは非常に面白かったし人間の声さえあればどこでも再現出来るという強みもある・・・アカペラの奥深さ、人間の声の幅広さを改めて思い知らされたわ。

公開時に米で話題になったアナの歌だけでなく彼女お得意の『紙コップパフォーマンス』も垣間見ることが出来、俳優たるものその芸の幅の広さにはただただ驚かされるばかり…ボーカリストとしてはドキドキするタイトルだけど実に秀逸!!…更に役者陣のキャスティングもパーフェクト・・・という事で続編は後ほど!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年12月28日

マイレージ・マイライフ日記 彼が最後に交換した物は・・編

20131230年末家族愛テーマのピックアップ2作品目はアカデミー主要5部門にノミネートされたものの残念ながらオスカー獲得は逃してしまった2009年作品「マイレージ・マイライフ」…でも、授賞式終了後にアカデミー会員が作品賞の1位に投票したのが多かったのが実は本作と言われてたのよね。


オリジナルのタイトルは「Up In The Air」で、年間300日以上を飛行機の中で過ごすビジネスマンのお話なのよ。主演は俳優業よりもプロデュース業の方が忙しいかもしれないジョージ・クルーニ。彼が演じるのは、様々な企業からの依頼でリストラ宣告を代行するという、ちょっと複雑なお仕事。だから、北米を股にかけて飛行機で飛び回り、滞在ホテルと飛行機の中が我が人生。

それを嫌がるのではなく、楽しみ、励み、人にアドバイスし、人生を語る生きる達人。彼にとってリストラの宣告はされる側を新たなステップへのガイドと考え、ポジティブシンキングなこれからの生き方を布教する愛ある宣教師のようないい人。そんな彼が、同じように飛行機で飛び回る女性と出会うのね。その女性も慣れた者。同じ匂いの彼との縁のない一時の愛に興じるわ。これがとてもサッパリしていて「だよね~」と共感してしまう。

その女性と対比するように一人の若い女性が登場するの。それはリストラ宣告代行の会社にエリートとして入社してきて、全てを机上的に処理しIT全開で会社を効率化させるの。そして出張業務も無くなるのだけど、その前に研修と言うことでクルーニの最後の出張に付いていくことに。理論専攻型の彼女は初めて、生身の人間と接することで壁に突き当たるのだけどクルーニが優しく諭す・・。そして先ほどの彼女とこの女性の出会いから彼の人生の見つめ直しが始まるというお話。

人間臭さをひたすら追いかける作品が良いわね…孤独の達人とストレスレスな達人と理論の達人はそれぞれが心のどこかに愛の欠片を隠しているのよ。それがふとしたキッカケで第三者に気付かれてしまった時の気まずさと嬉しさ。でもそれ以上踏み込めない人間の寂しさを見事に表現しているわ。

人は自分探しをする時、必ず故郷に戻り自分のルーツを確認しにいくもの。これこそBackHomeだけど、そのBackHomeとリストラされる側のBackHome、二人の女性のBackHomeが無理なくシンクロできてる。映画だからどこかで盛り上げなくっちゃなんて気負いもなく、ただただ自然に物語が進むのよ…素晴らしいわ。

キャスティングも完璧でクルーニは辛い宣告役を冷酷ながらも優しさを充分に表現してるし、お相手の女性もどこか影のある部分をしっとりと表現してる。部下の女性も快活さと若さ故のもろさをお見事な間を使って見せてくれる。そして、この3人の背景にある家族の存在…孤独の中に描写される家族は見えないレイアーのようにそれぞれの心に宿っているのよね・・。

この三人が最終的にどんな生き方を選択するか内緒だけど是非覧になってね。果たして彼のマイレージはどうなるのか・・見物よ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)