コスメ

2017年03月24日

スタートレック日記22 コスメMAC触手が伸びなかった訳・・・編

20170308

昨年発売され注目され大好評だったMAC限定「STAR TREK」コラボコレクション…全部とはいかなくてもリップは購入しようと思っていたのだ・・・けれど、毎回店頭で見ても今ひとつ触手が伸びないまま終了してしまったわ。

スタトレ50周年記念コラボでパッケージのデザインは良いけれど肝心のカラーがしっくりこなかったの。

「リップガラス」は仕上げ要員なので単体で使うと薄く、ネーミングも「カーーーン!」など本編に沿ってはいても色が何故ピンク?カーンならシルバーかゴールドでいいのではないかという気持ちも・・・。

スティックタイプのリップも色が薄付きで、逆に女性キャラをイメージした「ウフーラ」=チョコレート・ブラウンとか「チャペル」=ベビーピンクなどの方がわかりやすいし、使いやすそうな気がするのよね。

アイカラーは色もネーミングも良いけれど、これを使い切るには・・・という実用面を考えてしまった。色がどっちつかずで何かと重ねるという方向しか見出さなかったのよね…日本人の肌には難しいかもしれないけれど思い切った発色をドカーンと打ちだした方が逆にコレクション欲をかきたてたかもしれないわ。

もし自分なら「ポンファー」というグレーブルーのアイカラー…「ボーグ・クイーン」という細かいシルバーラメにマットなベージュのフェイスパウダーなどを提案するわね。そして「キャサリン」というオレンジに近い朱色のリップ・・・あ、これなら実用的だし華やかじゃない?

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年12月02日

MA LIP日記 クリスマスを過ぎても・・・編

201412021年を通して乾燥が気になる唇…お肌同様、冬の寒気だけでなく夏のクーラーなどに直に晒され痛む一方よ。

これまで「エテュセ」のリップエッセンスや蜂蜜成分が含まれたトリートメント効果のあるグロスなどを使っていたけれど、乾燥を感じる直前に何度も塗り直さなくてはいけなかったり、眠っている間に元の状態に戻ったりと散々な結果・・・。

鮮やかな色のリップを唇に乗せても、土台が荒れてしまっていては発色もままならずといった具合よ。

今年の冬はどんな対策をたてたらいいかと悩んでいたら、以前お仕事でお世話になったお洒落美女がこの悩みを即解決!ヘア・メイクアップアーティストの濵田マサル氏のオリジナルコスメブランド「ブラン・エトワール」のアイテムである「MA LIP(マリップ)」を薦めてくれたの。

とにかく効果覿面であるというので、早速表参道にある「ブラン・エトワール」本店に赴いたわ。白一色の店内は明るく、どこか近未来的。大きな鏡の横に濱田氏が開発した6つのアイテムが鎮座していたの。品数は少ないけれど、どの商品もじっくりと時間をかけて育まれたことが良く分かる。

そして念願の「MA LIP」は白い薄紙に包まれ、白い星形のカードとリボン付きの小さな手提げと共にお輿入れよ。手提げを持った瞬間、どこかウキウキとして忘れていた乙女心が蘇ってきたわ・・・これも濱田氏の美容戦略なのね、お見事。

リップは黒いチューブタイプで、表面に”1226”の文字が・・・この意味は、クリスマスを過ぎても綺麗で気分が上がるように、というメッセージだというから心憎いわよね。付けてみるとグロッシーで透明な美容液なのだけど、自分の肌の水分量で色が変わるの!水分が少ないと唇の色はややピンクよりに変化するわ。これならば口紅を塗らなくても、自分本来の持つ唇の色が強調されるので自然且つリトマス認識効果というお徳2段構え。寝る前に付ければ、翌日も保湿されているというのも素晴らしい。

唐辛子エキスやメントール、植物性オイルが水分を包み込むことで潤いが保持されるのだそうよ。使い始めてまだ1週間にも満たないけれど、唇は何事も無かったかのように潤い中。今はまだ薄ピンク色だけど、水分が増えた赤味のある色を目指したいわ。しかしながら、コンセプトといい、内容といい、女子の何たるかを知り尽くす濱田マサル氏・・・恐るべし!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年04月02日

インウイ日記 世界最高峰のパレット編

20140402女性を美しく彩るメイク・パレット…その中でも資生堂の"INOUI"シリーズは、アートの域に達していると思うわ!!!しかし残念な事に数年前から資生堂は収益率の低下を理由に、100近くあった同社のブランドを見直すと発表したの・・そして我が愛しのINOUIも絶版と聞き、大ショック!

幼い頃よく見ていた「ファッション通信」の番組の合間に流れていたINOUIのCMは、あまりにも美しく優美で未だに脳裏に焼き付いているの。



特に印象的なのは、夜の静寂に集まる"真夏の夜の夢"に登場するような妖精と美しい黒婦人…BGMは虫の声だけでナレーションは最後に一言だけ。CMが流れた瞬間、瞬時に画面の中の世界が変わる素晴らしさを味わったわ…その画面から漂う気高いまでの美しさと妖艶さに目を奪われたものよ。



メイクアップの持つ神秘的な意味合いと美しくなる事への憧れ…メイクアップの世界観が全面に出ていたこの"作品"は、今のようにタイアップの女優さんの色が全面に出てしまっているような庶民的な雰囲気ではなかったわ。

INOUIの魔法に掛かり大人の女性になることへの憧れを胸に秘め、20歳をきっかけに少しずつこのシリーズのアイシャドーパレットとリップを集め始めたのよ…どの色も発色が良く、日本では考えられない色遣いばかり・・ファッションショーの現場で使われていたというのは納得。



ゴールドや無彩色だけを集めたパレットはあまりにも先駆け過ぎて、今ようやく時代が追いついた感じね。最近慌ててリピート購入したのはリップパレット!ベージュと赤のバリエーションの2種類なんだけど、これが繊細なグラデーションで、日本人の肌にも凄く馴染むわ。アイメイクをきつくした場合はベージュ系、表情をハッキリさせたいときはレッド系なんだけど、この濃厚な赤のバリエーションは他のメーカーにはない"絶対的な美"よ!



これ程までの"究極のアート"を失うということは大損失ではないだろうか・・。メイクアップとはメイクが持つ世界観となりたい自分を融合させることであり、宣伝のモデルさんの完成体を模倣するのとは全く意味が違うわ!美容業界はもう一度メイクアップの意味を考え直して欲しいなぁ。そして日本発世界発信の作品を作って欲しい・・!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年11月21日

キールズ日記 やっと出会えた最強コスメ・・・!編

20131119この1年ほどの間、肌荒れが改善されず悩みの種に。皮膚科で処方された漢方薬は即効性が無いので、地道な努力を続けているわ。しかしながら肌の調子は一進一退を繰り返し…ため息の日々よ・・・。

そんな中もう一度スキンケアを見直そうと思い悩んでいると、新装開店した品川駅アトレ内に「Kiehl's (キールズ)」というドクターズコスメの直営店がオープンしていたので覗いてみたの。

白で統一された店内はシンプルな内装で清潔感があり、店頭にMr.ボーンズなる骸骨人形が・・・これは期待できそうな雰囲気!早速、スタッフの女性に肌の状態を見てもらうことにしたの。聞けば、「キールズ」は1851年にNYで調剤薬局として誕生したのが始まりなんだそう。創業当時、世界中から集めた天然由来成分を基に医療強壮剤や薬用軟膏を処方していたの。

1930年に起きた恐慌ではNY市民を救うべくハーブ治療や薬を提供し続け、地域に根付いた薬局として活動。その後は薬学、科学、ハーブの知識を基に皮膚科医などの協力を得て皮膚科学スキンケアラインを確立し、2008年に日本上陸・・・しかしながら160年もの長い歴史があったとはビックリよ。スタッフの女性は私の肌を見るなり、素早く基本ラインをチョイスしてくれたわ。

大抵化粧品メーカーの人は他メーカーの併用は苦い顔をするものだけど、こちらのスタッフは併用を肯定した上、足りない物だけを補ってくれたの。それは自分の商品に絶対の自信があるという表れなのよね・・・やはり期待大。肌荒れの最大の原因は乾燥なので、「ハーバルトナー」というマリーゴールドの花びらが入った化粧水と「コンセントレート」というピュアビタミンの入った美容液と使ってみることにしたわ。

少し浸しただけで、肌の奥まで潤いを浸透し維持させることが出来るの。更に肌の不要な角質を取り除く「エクスフォリエーター」というスクラブ洗顔料のサンプルを頂いたわ。通常は吹き出物がある場合スクラブは御法度だけど、この洗顔料はメラニン迄取り除く上、弱った肌のターンオーバーを促すという優れものなのよ。これで役者は揃ったわ。

更に「ミッドナイトボタニカル」という夜用の美容オイルのサンプルを使ってみると、暖房の強い中で眠ってしまっても乾燥どころか朝までふっくらとした肌をキープ!以前、数万円する美容液を使ってもこれほど短期間で効果が出ることは皆無だったわ。

キールズは「まず試す」という事を提唱しているので、サンプルもかなりたっぷりとしたサイズなの。これも自信の表れであると同時に、お客さんが余裕を持ってじっくり試せるようにという気遣いを感じるわね。使い始めてまだ1週間だというのに肌の状況は徐々に改善され、この冬は乾燥知らずで越せそう・・・こんな事初めてよ!

その他にもベビー専用、ワンちゃん専用の製品もあり、全てが植物から抽出されたエキスで作られているの。もっと早く「キールズ」に出会っていたら肌荒れに悩まされることも無かったかも。でも肌がボロボロになったお陰で出会えたのだからついていたと思うべきね。

乾燥やトラブル肌で悩んでいる方、騙されたと思って是非使ってみて。これまでのコスメの常識を覆す最強のラインナップだと確信できるはずよ!これからはキール一筋でいきます!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年07月15日

草花木果日記 自然力アップ編

20130710「草花木果」…しばしばその名前を目にしていたけれど、試す機会がなかなか無かったのよね。最近肌荒れが酷く、先日家にみえたモデルの蓮沼月童さんのお薦めもあって即購入。

こちらの商品は柚子湯や菖蒲湯といった日本古来の薬湯に着目し、日本の自然が育んだ植物の力を引き出す知恵を現代の技術で商品化したものなの。通販のみでの取り扱いなので、とりあえず基本の"竹"トライアルセットを注文。

その他にも柚子、どくだみ、緑茶、よもぎと気になるラインナップが勢揃いよ。肌質に合わせてしっとりとさっぱりが選択できるので、迷わず前者をチョイス。早速開封してみると、開けた瞬間にほんのりと果実のような良い香りがしてほっとしたわ。

洗顔ミルクは洗い上がりも突っ張らず優しい泡で包まれる感じ、化粧水は手触りもよく肌馴染みが良いし、透明マスクジェルはべたつくこと無く染み渡り、直ぐメイクに移行出来るのが嬉しい。なんでも使い始めはドキドキするけれど、この香りと肌触りでリラックス出来る感じよ。

少し残っていた化粧水と併用しても馴染みがよく、使っているうちに肌になんとなく弾力が戻ってきた気がするのよね。ただひとつ失敗したのは、肌荒れ対策のどくだみを注文せず、ベーシックな竹ラインを注文してしまったことかしら・・・。

竹は古い角質を除去し毛穴とくすみに対応するシリーズなので、現在の肌にはやや刺激があったかも。2回目くらいで痛んでいる部分が少し痒くなったけれど、その後は全く問題無し。

このところ湿気が高いので鼻まわりが少々べたつくけれど、全体的に肌がもっちりしてきたのは天然成分のお陰かしら。もう暫く使ってみて、今度は肌荒れ対策のどくだみとハリを取り戻す柚子に挑戦してみるわ!種類が沢山在るから悩んでしまうけれど、香りからチョイスするのもリラックス効果倍増で、更に効果的かも・・・!?

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)

2013年04月26日

メディキュット日記 こりゃキュッと・・・編

20130423最近、足がむくむんでしまうのが非常に悩み。ややヒールの高い靴を履いたり、あちこち歩きまわっているうちに足がパンパンになってしまうのよ。

最近はなるべくスニーカーを履いたり、ヒールはここぞと言うときだけ履き替えているけれど、コーディネートや荷物などの問題で却下。あぁ、乙女の悩みは尽きない・・・このままだと更に足が太くなるばかり、と悩んでいると友人から「メディッキュット」薦められたわ。

このシリーズは、過去ハイソックスやタイツを試したことがあり、その時はあまりのきつさと痒さに数週間で使用しなくなってしまったのだけど、今回薦められた「寝ながらメディキュット」は、その名の通り寝ている間に使用するというので興味津々よ。寝ている間にその日のむくみをとってくれるなんてほんまかいな・・・と思いつつ、パッケージから本体を出してみると、薄ラベンダー色のトレンカ・ハイソックスがお目見え。

どことなくデザイン的に医療用といったルックスなので、なんとなく効きそうな雰囲気があるわ。早速2日連続でパジャマの下に着用してグースカ・・・そして2日目の朝、あれほど痛かった足のむくみが無くなっていたの!以前使用していたのは外で履くタイプだから着圧がきついと感じたけれど、今回は寝る姿勢を考えての適度な着圧できつくなく、つま先の部分が無いので熱を発散するらしく、痒さがまったく感じられなかったのが嬉しい。

今回インレイ糸という従来よりも細い糸に変えたコットンフィールの柔らか素材が、着圧はそのままに柔らかな肌触りを実現してくれたのが大きなポイントなんですって。この糸を横に編み込むことで、安定した圧力を段階的にかけることが出来たそうよ。だから寝ている間もフィットしたままだし、洗ってもヨロヨロにならないのが嬉しいわ。

女性の足はファッションの一部…少しでも細く見せたいと思うのは当然よね。お風呂でマッサージしたり足を高く上げて寝るというのは働く女性にとってなかなか実行しづらいことだけど、この新兵器があれば寝てる間に楽ちんリセット!調べてみたらかなりの人気商品…口コミに偽りなしよ。

ひとつわがままを言わせて頂ければ、このシリーズで猫柄なんかあったら嬉しいかも。さ、春だし、10㎝ヒールでも履いちゃおうかしらね!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年02月06日

ゆず蜜コスメ日記 体の芯からポカポカ・・・編

20130212こう寒い日が続くと、足の踵はガサガサするし、お風呂上がりの乾燥も油断ならないわ。

顔のケアは普段からまめにしているけど、ボディの方はついついサボり気味になってしまうのよね。なるべく肌に負担のかからないものはないかな・・・と探していたら、天然素材スキンケアの老舗「ハウスオブローゼ」でボディスムーザーとボディクリームを発見!

スムーザーは「Oh!Baby」というネーミングでロングランの人気商品なんだけど、限定で"ゆず蜜"バージョンが発売になったの。ゆずとスパイシーな生姜が配合され、肌に置いた瞬間良い香り!細かいスクラブが含まれているので、踵や角質が厚い部分をマッサージして洗い流せばあっと言う間にツルツルよ。

角質を取った後は乾燥しやすいから、お風呂から出た後はすぐボディクリームね。このクリームも同じくゆずと生姜が配合されていて、塗ってからしばらく香りが続くのが良いわ。伸びも良くべたべたしない、でも効果は持続するという優れもの。

これを塗った後にストッキングを履くとストッキングに香りが移って二次的な効果があるのも良い感じよ。スムーザーは350グラム、クリームは130グラムと量的にも丁度良くて飽きないし、無鉱物油だから適度に使い切れるのも魅力ね。

香りや効能もさることながらパッケージが可愛いので、ドレッシングルームに置きっ放しにしていても絵になるのが気に入っているの。改めてお肌の事を考るとマメなお手入れが必要だけど、ささっと済ませて効果を出したいというおサボりさんには超オススメよ。マッサージと香りで更にツルツル、ポカポカ・・・そしてグースカ。

【ワコールStore】
http://store.wacoal.jp/site/houseofrose/bodysm/yuzumitsu.jsp

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年12月19日

EGF日記 サバンナからの脱出!?編

20121228今年も肌のサバンナ期がやって参りました。暖房や北風に晒される機会も増え、肌は順調に乾燥の一途を辿っております。

数ヶ月前まで「OASIS INNNER MOIST」が気に入ってリピート3本目…というところで店頭から姿を消してしまい、次に勧められたのが「リセプトスキン」!この化粧水は「OASIS」同様お値段も低価格な上に、効果もバッチリよ。

手に取るととろっとしているけれど、肌に馴染ませた瞬間から染みこむ感じなの。モチモチ感は暫く続き、朝出かける前につけておけば夕方まで持続するわ。この化粧水、アメリカのスタンレー博士が発見してノーベル賞を受賞した話題の"EGF"が配合されていて、通常ならこのお値段で買うのは不可能なのよ。

"EGF"は上皮細胞増殖因子と呼ばれ、細胞の再生に関係する成分なんですって。年齢と共に遅れがちな肌のターンオーバーを促し、ハリ、つや、弾力を維持するという夢のような成分よ。今使っているのは化粧水と美容液だけなのだけど、紹介者が言うとおり冬の間この2本でも十分潤いが保てるわ。今までは乾燥が酷いとサロンに行ってパックをしたりビタミンを導入したりして多額の資金がかかってしまったのだけど、どちらも驚愕の1000円台…!あまりのお安さに疑いを持ったけれど、これは一生分購入しておきたいくらいね!

このシリーズに関しては、化粧水、乳液、美容液、泡洗顔というシンプルなラインナップ。うちはこれで勝負してます!という自信が感じられるのも好感が持てるわ。お陰でサロンに行く回数も減りそうだし、その分お肉でも食べに…いやいや、とにかく乾燥に悩んでる皆さん、一度お試しあれ!

【リセプトスキン】
http://www.ztcshop.com/products/list.php?category_id=28

pipopipotv at 18:00|PermalinkComments(0)

2012年09月10日

アンプルール日記 シミよ、さらば!編

20120912日焼け止めを塗っていても、襲いかかる日差しの魔の手から逃れるのは困難だわ。シミのようなものが見えてきたし、そろそろピーリングか・・・と思っていたところに紹介されたのが、アンプルールの「ラグジュアリーホワイト」シリーズよ。

これまでもシミ対策にSKⅡを始めとする化粧品を使ってきたけど、継続しないと効果が出づらいからお財布と相談しないといけないのよね・・・。今回ご紹介頂いた「ラグジュアリー」シリーズもそれほどお財布に優しくはないけれど、短期間に効果を出すという点ではお得かも。

この化粧品は皮膚科医が開発し、ハイドロキノンというシミの元やメラニンの生成を抑える効果が非常に高い成分が配合されているのが特徴。ハイドロキノンの効果は、一般的な美白成分の約100倍に値するそうよ。美容皮膚科ではシミの特効薬として使われているのだとか。このところ漢方薬で肌は落ち着いてきたものの、焼けてしまった部分の改善やニキビ跡のシミは気になるところ・・・。内部と外部からの徹底したケアは継続していかないといけないわ。

このシリーズ、基本はクレンジング、洗顔、化粧水、昼と夜用のシミの集中ケアなの。

一番懸念していたクレンジングの洗顔後は、申し分無しのモチモチ感。クレンジングミルクなので、お肌に負担が少なくまつげエクステにも優しい。洗顔料もクリームタイプで突っ張らないし、シミのスポット集中ケアの美容液もべたつかず翌朝もふっくらしている感じよ。

夏場はクーラーによる乾燥が怖いけど、パックをすると汗をかいてしまい効果的ではないわ。かといってべたつく乳液をつけるのも汗のもと。でも「ラグジュアリー」はどのケアも程よいしっとり感があり、翌日もその感触が続くのよね。シミは乾燥にも大きく影響してくるから、薄くなってきたのもこの潤いのお陰なのかも。使い始めてまだ一ヶ月だけど、最近鏡を見るのが楽しくなってきたわよ。トライアルセットもあるので、気になる方はシミ非常警報がなり始める前にいかが?

【アンプルールweb】
http://www.ampleur.jp

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年07月13日

漢方薬日記 有難う、Vタワー先生!編

20120716去年の暮れからまったく肌荒れが治らなかったピポ子。有名な皮膚科に通ったものの、予約を取っても2時間待ちは当たり前で1日病院の為につぶれることもしばしばだったの。でも、灯台もと暗し。

家の周りはタワーマンションが多いのでその中に入っている病院なら間違いないはず!と思い、ご近所のVタワーにある皮膚科「クリニックいとう」へ。

電話でも予約が可能で、受付はテキパキ、先生は安心感満載の女医さんよ。前の病院では診察時間が非常に短いので、質問事項を頭の中でまとめてから先生に聞かなくてはいけなかったけど、こちらは説明もきちんとしてもらえるし、女性なので色々話しやすいわ。あなたの肌荒れは老廃物の滞りや冷えなどから来ていると判断した先生は、漢方薬を処方してくれたの。

「桂枝茯苓丸」と呼ばれるその漢方は血流の流れを良くしてくれるもので、頭痛や生理痛も緩和するという優れもの。食前に1日3回服用するのだけど、飲みやすく香りも気にならないから嬉しいわ。肌荒れはストレスによる要因が大きく、顔の半分に吹き出物が出来たら、又その半分に出来・・・というのを繰り返し、肌が白い分痕が残り気味なのでその痕の処置もしないといけないのよ。

女性ならお化粧で隠せる場合もあるけど、やはり人に会う時憂鬱になるわよね。でもこのタワー先生こと、いとう先生は「大丈夫よ、痕も薄くなるからフェイシャルはしばらく避けてね。」と明るく言ってくれるので気分的にも安心。通い始めて2ヶ月。ようやく肌が落ち着いてきたし、頭痛も激減したので嬉しい限り!

病院って出来たら行きたくないし、早く治したい!って気持ちが先走ってしまうけど、こうして前向きなエネルギーを与えてくれる先生には感謝よ。今まで続かなかった漢方も今は続いてるし、先生はキャスティングの名人かもね。さて、美は一日にしてならず・・・頑張ります!

【クリニックいとう】
http://www.hifuka-clinic-ito.com/


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2)

2012年07月12日

ほっとサロン日記 足裏から体質改善編

20120713夏は女性にとって緊張感溢れる季節。特にサンダルを履く機会が増えるので、足裏のお手入れは完璧にしなくてはいけないわ!という訳で、冬の間サボり気味だった足のお手入れに行って来たの。

恵比寿の駅から10分という場所にある「ほっとサロン」は一軒家で完全予約制のサロンで、フットケアだけで無く体質改善に力を入れた施術を行っているのよ。

こちらの名物は"遠赤外線のドームサウナ"で、身体に溜まった老廃物や脂肪を汗と共にデトックスし、ダイエットや基礎代謝アップに貢献。今回はフットケアとサウナを両方試してきたわ。担当してくれたフットケアセラピストの眞乃香さんはとにかく美しい方で、この人に足の裏を見せるのかと思うと緊張。踵の角質を専用の器具で綺麗に取ってもらい、あっという間につるつるあんよに早変わり!でも柔らかくなったところに足のツボを刺激してもらったら、痛いのなんのって・・・どうやらピポ子の臓器は若干弱っていたらしいわ。

ま、これだけ食べてばかりじゃ仕方ないか、おほほ。

痛さを乗り越えると次第に全身に血が通ってきたような爽快感が訪れたの。足裏と臓器は非常に密接な関係に有り、場所によってどの臓器が疲れているかがわかってしまうそう。そして、次はお待ちかねのドームサウナ・ルームへ。ちょっと恥ずかしいけど生まれたままの姿でドームに入ると、じわじわと汗が噴き出してきたわ。30分間というとちょっと長い気がするけど、お茶を飲んだり体勢を変えたり、少し風を入れて温度を下げたりと自分のコンディションで試せるのが良い。

普段から汗をかきやすいけど、とにかく滝のように汗をかき、最終的に何とも言えない爽快感が!この爽快感は岩盤浴とは異なり疲れも一気に吹き飛ぶという感じなのよ。その後は酵素たっぷりの美味しいお茶を頂いて失礼したけど、その後から急激に代謝が良くなってお肌の調子も徐々に回復してきたから嬉しいわ!

どんなフェイシャルを施しても、結局根本の体質を改善せねば真の美は得られないわね。こちらのサロンではボディチューニングも試せるそうなので、気になった方は是非!

【ほっとサロンweb】
http://www.jewelspa.jp/

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年07月09日

スキンケア日記 毒をもって美を制す!?編

20120707最近バラエティストアで色々な美容パックを見かける事が多いわ。

かたつむりとかプラセンタ入りはレギュラーの部類になってきたけどだけど、この間"毒"配合パックというのを見かけてビックリ。なかなか勇気が出なくて買うには至らなかったけど、蜂の毒はスキンケアに適しているそうよ!

古代で蜂毒は医薬品として使われていたそうで、皮膚を滑らかにしシワを伸ばすコラーゲンの生成を刺激する作用も有り、消炎性があるメリチンと呼ばれる物質が含まれているそう。英国のキャサリン妃がウィリアム王子との婚姻前蜂毒スキンケアを使用していたり、女優のグウィネス・パルトロウが古い傷に蜂毒の治療を施して傷が見えなくなったと発言したりして、世界ではやや話題になりつつあるけど日本ではまだ浸透していないわ。

臨床実験において、蜂毒は癌や関節炎に効果的という事は立証されているものの、美容についてはまだ未知の部分が多いとか。はちみつは肌の保湿に効果があるけど毒の方はどの程度の効果があるのか、新しもの好きの猛者の情報に頼る部分は多いかもね。

業界によると、主要生産地であるニュージーランド産の蜂毒1グラムは1万回分のハチ刺されに相当するんですって。値段は約304ドル、薬2万4000円。毒にこれだけのお金をかけるというのも妙な気分だわ。毒はダメージを与えるし、時として薬にもなる・・・この極端さが私達の興味をそそる部分なのかもしれないわね。残念ながら勇気が出ないので、使ったことのある方、レポート求む!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年06月22日

ラフラ日記 レスキュー・オレンジ編

20120621気温の変化とストレスで、一進一退を繰り返すピポ子のお肌。大人ニキビがぷつっと現れたかと思うと、毛穴の汚れも目立ってきたり・・・これではエステのケアなんて付け焼き刃になっちゃうわ。

どうにかホームケアで元の肌に戻せないかと悩んでいたら「ラフラ」というシリーズを紹介されたの。オレンジのパッケージが特徴的なこのシリーズ、全てオレンジの香りが調合されているのよ。オレンジはネガティブな心情を改善したり、気持ちを高揚させる効果があるんですって。つまり美肌成分としてだけで無く、肌に最も影響する心情的な部分をケアしてくれているということなのよ。なるほど、一番大事な部分ね。

ニキビが出来ると肌が乾燥していることが多いので、先ずは潤いが重要だわ。市販のクレンジングは洗い上がりがやや乾燥してしまうのが難点なのよね。"バームオレンジ"と呼ばれるクレンジングは、手に取った瞬間ほんのり暖かくなり、そのまま肌をマッサージしながら汚れを落としていくの。洗い上がりはしっとりでダブル洗顔不要という優れもので、ニキビにも優しいわ。

そして忙しい朝の洗顔には"マシュマロオレンジ"。こちらはムース状の泡になっていて、ワンプッシュ顔に乗せマッサージすれば洗い上がりはもっちり。通常の洗顔だとそうしてもグイグイ力を入れて洗ってしまいがちだけど、この方法ならエステで教わるお手本の洗顔が出来るわ!力を入れずに泡に汚れを吸着させて洗い流す・・・これで毛穴にも負担がかからない。

「ラフラ」は肌に付ける化粧品は少なく、自分の肌を育てるというのをモットーに開発されているの。ファンデーションを塗った肌は美しいけれど、これって肌本来の美しさがあって成り立つことなのよね。肌が衰えるとそれをカバーしようとして付ける物が増える、でもそれは厚着をしてるだけに過ぎないしお金も半端なくかかってしまうわ。肌本来の美しさを見直し、再生していけば年を重ねても美しいし節約にもなるのよね。50歳、60歳になって外で素肌に近い状態でいられたら・・・あぁ、理想だわ。

驚くべき事にこのシリーズは、日焼け止めはあれどファンデーションは開発してないの!それは、自然な皮膚呼吸する肌を作ることを目指しているからなんだそうよ。エステに通うのは最後の仕上げ、まずはおうちでじっくり自肌を見つめ直さなくてはね。ペタペタ・・・。

【ラフラweb】
http://www.rafra.co.jp/

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0)

2012年05月22日

パックマン日記 もち肌王になれ!編

20120523この季節、肌の乾燥がまだまだ続くわ。毎日フェイスマスクをするようにしていたら、ようやくエステで乾燥を指摘されなくなったので、やれやれよ。

最近は、美容液に浸された30枚から40枚ほどのパックが2000円から3000円ほどで売られているけど、どれを買ったらいいか迷っちゃうのよね。この間まで@cosmeで人気があるという「ルルルンマスク」を使っていたら、保湿力が高くモチモチ肌に変わっていたの。

気に入って追加分を求めると、なんと売り切れ!そこで次に人気があるというマッコリのフェイスマスク「マッコリコ」を入手したの。もともとマッコリは体質に合うので、肌とも相性が良いはず・・・と早速試したわ。パックにはマッコリの他に薔薇水、カタツムリの分泌液、キュウリやパパイヤの果実エキスなどが配合されており、韓国の美肌ブームの代表的な成分がてんこ盛り。

10分くらいして取り外す頃にはもち肌の完成よ。しかし、いつも思うのはマスクをしている時に宅急便屋さんが来たらどうしよう、という事ね。一旦取り外すのは嫌だし、いっそのことパックマンとして、そのまま対応しちゃおうかな・・・なんて、いたずら心も沸いてきたわ。どちらにしても女性は大変!マッコリを飲みながらマッコリパックをして、真っ白ぷるぷるお肌を目指さなければ・・・!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0)

2012年05月14日

シルク日記 つるぴか肌への道!編

20120503クレンジングは色々とこだわるけど、洗顔料となるとなかなか良いものが見つからないわ。毛穴の汚れ取りをを重視すると洗い上がりが若干突っ張ったりするし、素材の柔らかいものだと逆に洗えているのか心配になるしと、きちんと汚れを落としつつ潤うものがありそうでなかったのよ。

でも先日美容マニアの友人から勧められた「初絹」はすべての条件を満たしてくれたわ!

この洗顔料はその名の通りシルクが原材料なの。シルクの成分は私達の皮膚の成分と大変よく似ていて、肌の浸透に優れなじみやすく小じわやたるみにも有効という優れものよ。

原料の絹は国内飼育された繭から作られており、化学系原料を極力用いず高品質なシルクのみを使用するというこだわり。日常の洗顔は勿論だけど、顔にのばして1~2分おけばパックになるし、その後マッサージをすれば角質取りになるので非常に楽よ。1本で3つの働きをしてくれるというのはお得感倍増ね。

ちょっと肌に乗せてすぐ洗い流してもつるつるモチモチに!しかもその効果がずっと続くからビックリよ。これからはクーラーという恐怖の乾燥要因が追加されるけど、常に潤いツルピカ肌を作っておかなくちゃ・・・だって、これから出会いの季節ですもの!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2)

2012年04月18日

イヴロム日記 キング・オブ・クレンザー編

20120403頂いてからずっと使わずに保管していた化粧品「イブロム」。

実はクリームなのかゲルなのかわからないまましまい込んでいたのだけど、vogue誌で「世界一のクレンザー」と評されていたのを知り、手の届く場所へ移動。最近ピポ子の肌は乾燥が酷く、なるべく負担がかからないものを必要としていたので早速使ってみたわ。

ケースを開けると薬草のような独特の香りがして、ざらっとした手触りのクリームが・・・。顔に付けてみるとあっという間になめらかな感触に変わり、洗い流すと肌にもちもちっとした弾力が戻っていたわ。汚れが落ちるというより肌本来の機能を正常に戻してくれる、という感じね。

調べてみると、イヴロムは英国を代表するフェイシャルセラピストで、少ないケアで多くの恩恵をもたらすフェイスケアを推奨してるの。クレンザーを使う時は、耳から鎖骨、こめかみからあご、口の周りの指圧を行い、肌本来の美しさを取り戻す事を目的にしているわ。

マッサージをしているうちに毛穴に詰まった汚れが自然に落ちているし、何より潤いと弾力が残っているというのは嬉しいかも。これは確かに世界一のクレンザーと言えるわね!ただ、100mlで15000円というお値段も・・・キング級であることは間違いないわ…トホホ。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0)

2012年03月27日

美肌日記 隠れ家サロンにて・・・編

21120326最近お肌のメンテナンスをサボり気味だったので、代官山のサロン「Bell Espace」へ行ってきたわ。ここは1回に1組という完全予約制なの。

サロン自体はマンションの1室だけど、非常に広々とした間取りで贅沢。施術前のカウンセリングは長い時間をかけて行われるし、押しつけの説明や勧誘が全く無いのも好感度アップよ。

対応してくれたエステシャンの方も大変な美人で、始める前からリラックスできたわ。数々のフェイシャルコースの中でお薦めは「エレクトロポーション」!"エレクトロポーション"というのは、皮膚上層部の細胞と細胞の間に一時的に穴を開け美容成分を導入する施術の事なの。

高分子美容液を皮膚の奥に浸透させ、肌の張りや潤い、頑固なシミにも効果があるというから、早速チャレンジしてみたわ。機械が皮膚の上を這い回りながらつまんでいく為、痛いようなくすぐったいような今まで味わったことの無い不思議な感覚が・・・。その後はパックとデコルテマッサージという王道メニューが続き、気付けば高いびきという恥ずかしい状況に。

オプションメニューも充実していて、目元集中ケア、リフトアップマッサージ、石膏パックなどコースにプラスして気になる部分を集中ケアできるのも嬉しいわ。

コースは1万円台、オプションも2000円からというのもお手頃ね。珍しい機材があるというのは魅力だけど、それに勝るエステシャンの細やかな心遣いと技術に大満足よ。エステの醍醐味は短時間で理想の肌に近づけられる事だけど、何よりも大切なのは緊張を解いてリラックスさせてくれるという事ね。

お肌は正直だから、ちょっとした身体や精神の緊張を感じ取ってしまう。だからこそ恋をする女性は美しいのよ!そんなお相手にまだ巡り会えないあなた、次のチャンスに備えてこの隠れ家的サロンへ・・・うふふ。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2)

2012年03月15日

つけまつげつけ日記 女っぷりも増量!?編

20120313最近ばっさり髪を切ったので、どうしても視点が顔に集中してしまうのよね。特に気になるのは目!・・・ビューラーとマスカラで際立たせても、まだまだ足りないわ。そこで数種類のつけまつげを購入し、どの形がどんな風に瞳の印象を変えるのか検証したの。

目の際だけタイプ、全体的に毛量の多いタイプ、長さがランダムなタイプ・・・種類が多いからビックリよ。

少し前までは、家で商品を付けてみないとわからないから失敗することもしばしばだったけど、このところ需要が多いのか店舗によって試しまつげが置かれているので助かるの。ピポ子は若干垂れ目なので、意外と際につけるタイプが合ってるみたい。

忙しい朝に下地、マスカラ、コーティング、という一連の作業をカットし、ビューラーの後すぐ糊、まつげ、の一瞬で完成するのも嬉しいわ。イベントでドールの様にバサバサに仕上げたい時もあれば、ビジネスでクールに見せたい時もあるし、シーン毎に表情を変えられるのは魅力よ。

まつげ専用糊は、透明以外にアイラインに馴染むように黒いタイプがあるから自然な仕上がりになるし、キープ力もあるので「あれ?まつげとれてるよ。」なんていう悲劇は少ないわね。目元が華やかになると気分が上がるし、シンプルなお洋服でもカチッとした印象に仕上がるから本当に助かるわ。女っぷりを挙げるにはまず目元から!ですわよ。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2)

2012年03月08日

コスメ日記 安くても強者編

20120309暖房からくる乾燥で、肌荒れに悩んでいるピポ子・・・。肌に負担をかけないクレンジングと、保湿力が持続する化粧水を求めて行きつけのバラエティショップへ。

普段使っているコスメは使い勝手が良いけど乾燥に特化している訳ではないので、新たな逸品を求めてあちこち彷徨っていたの。そこで目に留まったのが"グリーンティ・ディープクレンジング"そして"オアシス・インナーモイスト"化粧水よ!

前者は、その名の通り抗酸化作用の高い緑茶ポリフェノールが配合されたクレンジングで、濡れた手でも使えるという優れもの。肌触りが非常に優しくて負担が少なく、しかも400mlで1680円というからお買い得よ!後者は角質培養を目的とされた化粧水で、肌本来の水分保持力を高め肌力を上げてくれるの。

普段は化粧水を付けてから乳液で蓋をしないと潤いをキープ出来ないけど、このインナーモイストは付けた瞬間から肌の潤いが持続するからびっくりよ。決してべたつかず、かといってサラサラせず、付けた後明らかに肌がもちもちしてくるのがわかるわ。しかも・・・200mlで1000円という奇跡的なお値段!!

クレンジングも化粧水も出来ることなら1度に沢山使いたい・・・でもお値段を考えるとなかなかそうはいかないものよね。しかしこの2つのアイテムは、普段の10分の1以下のコストでエステ並の効果を出してしまった。日々化粧品も進化しているけど、まさかここまでとは・・・お安いからといって侮るなかれ!@コスメもとい、@ピポ子コスメとして本年度1位に認定致します。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0)