アンドレア日記 猫と薔薇編シルク日記 つるぴか肌への道!編

2012年05月12日

ドラゴン・タトゥー日記 刺青に宿る無垢なる黒髪の天使編

20120513ご招待を受け「ドラゴン・タトゥーの女」限定公開版の試写会へ行ってきたわ。作品についてはポスターのデザインのみで全く予備知識が無く臨んだのだけど、結果それが良かったかも。

いきなりミュージック・ビデオを思わせるオープニング映像はとにかく凄すぎ。フィンチャーここにあり!とその存在感とセンスに脱帽よ。

メタリックな質感で統一された画面・・・回路の中を温かな流動物が這い回ったかと思えば、ケーブルが生き物のように蠢き迫り来る。やがて女性の顔が幾重にも 重なった手に捕らわれると花が咲き出し、束縛するものに抗するように蜂が飛び出して・・・という抽象的な映像にナイン・インチ・ネイルズ世代としては嬉し い、トレント・レズナーとカレン・オーの強力タッグ版「移民の歌」が強烈な印象を放っていたわ。

本編を見終わって、このオープニングが物語の全てを示唆していたのだと気付いた時にはやられた!のひと言ね。ここでは主役のリスベットの純粋さと強さが表現されていたのよ!!

物語はスウェーデンが舞台。財界汚職の告発記事を書き、誉棄損裁判で敗訴し四面楚歌のミカエルのもとへスウェーデンの財閥ヴァンゲルの元会長ヘンリックか ら依頼が来たわ。彼はミカエルに家族史の執筆を願うも、真の目的は40年前に失踪した親族の娘ハリエットの真相究明だったの。ミカエルはヴァンゲル一族の 暗黒の歴史を紐解きに難航し、天才的な情報収集能力を持つ少女リスベットをアシスタントにつけることにしたわ。

一見パンキッシュで人嫌い、風変わりなリスベットはこの事件に関心を示し共に調査を進めて行くけれど、徐々に血塗られた真実が浮かび上がり・・・という息飲む展開よ。

注目すべきはリスベット!彼女は見た目こそ人を寄せ付けない風貌だけど、非常に知的で純粋な女性よ。人並み外れた能力を持つ者特有の孤独、うまく表現出来な い感情・・・そのせいで人から利用されてしまうの。なんだかこれでは救いがないと思いつつ、彼女のがむしゃらで真っ直ぐな生き方に羨ましさも感じてしまっ たわ。

本作では目を覆いたくなるほどの暴行シーンがいくつかあったけれど、どのシーンも細部に渡ってリアルに描かれ、その重みや見てる側 の感情移入がスムーズに伝わって来たのもお見事ね。後見人に暴行をうけたリスベットがブレードランナーばりのメイクで復讐するシーンは、残酷ではあるけど 同じ女性として救われた気がする。

そして唯一友と認めたミカエルの為に走り回る姿は、本当に健気で愛おしさが募ってきたわ。まさに守護天使と言って良いかも。この作品も聖書にまつわるキーワードが至る所に登場するけど、それだけ宗教と国が深い繋がりと歴史を持っているのね。

日本にいるとあまりピンとこないけど、宗教がそれだけ生活と密接な関係にあるのだと痛感。サスペンスが苦手な自分にとって、複雑に幾重にも折り重なった状況 に翻弄され常に緊張していたけど、人物の背景が奥深く描かれていたので非常に楽しむことが出来たわ。そしてリスベットのメイクや髪、スタイルがとにかく クールで目が離せない!次回はリスベットのどんな一面が見られるのか、今からドキドキして待つとしましょう。

尚、6/13にリリースされるBlu-ray/DVDには日本では劇場未公開のこの本編が収録されるので必見よ!

[オフィシャルサイト]
http://www.dragontattoo.jp/

pipopipotv at 00:01│Comments(2) 映画&TV 

この記事へのコメント

1. Posted by トキ   2012年05月14日 23:07
いい映画でした!
2. Posted by ピポ子   2012年05月15日 11:02
5 こんにちは!トキさん。

> いい映画でした!

本当にのっけからやられました!
2、3部作彼女主演で見たいですね!
又遊びにいらして下さいね!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アンドレア日記 猫と薔薇編シルク日記 つるぴか肌への道!編