2017年06月19日

うんち日記 神の采配か!?・・・編

20170607話題として取りあげるのは些か気恥ずかしさもあるけれど「排泄」という行為は生きとし生けるものにとって不可欠な行為よね。

ジョージア州にあるジョージア工科大学が実にユニークな研究を行い、ほ乳類の排便における所要時間は12秒という結論に達したの!!…しかも象のように大きな体を持つ動物もウサギのように小さな体の動物も時間は全く一緒の12秒・・・うーん、これは面白いわよね。

この結論に至るまでに、多くの動物の排便を観察してきたんですって…体が大きな動物は大量の食物を摂取し大量に排泄するから時間がかかるのでは??と思うけれど、その分直腸の粘液が多く排泄をスピーディにしているのだそう。

しかしながら、うんちタイムが皆平等というのはどういう訳なのかしら…専門家はその理由として、生命リスクとの関係性を指摘しているわ。排泄物の匂いは敵を引き寄せてしまうので、長くかかればかかるほど敵に見つかる危険が増してしまう…だから12秒という時間がそのリミットなんですって。

そう言われてみれば、うちの猫姉妹も排便後すぐうんちに砂をかけ走ってトイレを出て行くわ…更に排便しようとした際、自分が何か物音を立てるとすぐ中止してトイレから脱出・・・これも自分の命を守るための本能なのね。

うんちの所要時間が同じというのは神の采配、と言っても過言ではないかも…生命のリスクはうんちによって左右されるべきではない、そう考えれば猫トイレに散らばった沢山の猫砂を見ても憂鬱にはならないわね。

次回猫姉妹のトイレ時間を計ってみようかしら・・・ザッザッ。

pipopipotv at 17:10│Comments(0) 自分探し 

コメントする

名前
 
  絵文字