2017年03月17日

エクソシスト日記 憑かれても立ち向かえ!!編

20170306ホラー映画の金字塔である「エクソシスト」・・・1973年公開されて以来”悪魔祓い”という存在を広く世の中に知らしめ、今なおオマージュされ続けているわ。

公開当時は122分という上映時間だったのだけど先日134分のディレクターズ・カット版が放送されていたので、恐る恐る・・・。

初めてこの作品を見たのは幼少の頃だけど映像の恐ろしさよりとてつもない悲しみを感じたのを覚えている…そしてマイク・オールドフィールドの名曲「チューブラー・ベルズ」の旋律は高潔で美しく全く色褪せることがないのよね。

ワシントンに住む女優クリスの娘リーガンの態度が急変し、卑猥な言葉を発したり容貌が恐ろしく変貌してしまうの。どんな医師に診せても回復せず、その間リーガンの行動はエスカレート。科学的検査では何も解明されず、医師の一人から悪魔祓いを勧められ、藁をも縋る思いでクリスは若きカラス神父に救いを求めることに。

カラス神父は古生物学者でもあるベテランのメリン神父に協力を要請しリーガンに取り憑いた悪霊と対決する・・・と、皆さんお馴染みの内容だけど、ラストで神父か悪霊かどちらが勝利したのかが曖昧で、悪霊が勝利したのではないかという解釈も出来る為世間に波紋を投げかけたわ。

ディレクターズ・カット版ではその結果をはっきりさせるべく、ラストがカラス神父の友人であるダイアー神父とキンダーマン警部の会話で終わっているのよ。そして名物、リーガンのスパイダーウォーク・・・!!これは本当に素晴らしい不気味さだわ。

当たり前だけどCGなどあるはず無いこの時代、ふとしたところでサブリミナル映像である悪霊の恐ろしい顔を挿入したり、BGMは殆ど入れずにドキュメンタリー風に進行させたりする演出には感動。更に神懸かったメイクで獣のような恐ろしいリーガンの表情にも凍り付くけれど、当時最新鋭であったろう様々な検査をするシーンには目を覆うほどの恐怖を感じたわ…非常にリアルな描写の中、悪霊という非日常的な存在が生々しく感じられるようになるのがお見事。

この映画には監督にまつわる様々なエピソードが残されてはいるけれど、この過剰な情熱が伝説的作品を生み出したのだろうと考えるわ…単なる”ホラー”というカテゴリーに留まらず、それぞれの人間が抱える問題や感情、そこにスッと入り込んできた悪霊は”招かれた”立場なのではないかと見る側に考えさせる人間ドラマこそが、この作品を伝説と言わしめる所以なのでしょうね。

ひとつ疑問なのはリーガンの枕の下に置かれた十字架は誰が置いたのか、ということ…下男カールもお手伝いもシェロンも知らないと言うし枕なら近しい人でないと不可能・・・もしかしたら、神父同様恐ろしい死に際を迎えた映画監督のバークかも。彼はリーガンの母に気があったし家にも来ていたので、彼女を心配してクロスを忍ばせ、その結果悪霊に・・・という解釈が出来る。

更にバークが下男カールに絡み罵るシーンが印象的だったのだけど、それには理由があるのではないかしら?カールはもしかして悪霊の下僕なのでは?などという解釈も出てくる…しかしながらリーガンが十字架で卑猥な行為をしたり猥褻な物言いをするシーン、更に悪霊が自分を悪魔だと偽るシーンで神父が彼に突っ込みを入れるなど、小説が原作とはいえ実にリアルでノンフィクションかと思えるほどよ・・・凄い!!

全ての人が悪霊と立ち向かう事で自分自身と対峙する結果になりリーガン自身も己の中にある寂しさや苦しみを憑依という形で思い知ることになったわ…この映画が永く語り継がれ、更に今なお色褪せないのは”ヒューマンドラマ”だからなのね。

以前ご紹介した映画「死霊館」もやはり人間の心をテーマに描いていて本当に素晴らしかったわ…世の中にはエンタメ色の強い脅かし演出のホラー作品が沢山あるけれど、それはお化け屋敷と一緒…人間の心の動きとその背景をじっくり捉えることで人外のものが存在する意味を理解出来るのかもしれないわね。あ・・・どこからか「チューブラー・ベルズ」が聞こえてくる・・・ひぃ。

pipopipotv at 00:00│Comments(2) 映画&TV 

この記事へのコメント

1. Posted by ラモー   2017年03月21日 10:43
ご無沙汰しております!ラモーです。覚えていらっしゃるでしょうか?
スマホに変えたらブックマークなども消えてしまい、ブログを探してまたブックマークさせて頂きました(^.^;
ピポ子さんのブログでまさかマイク・オールドフィールドが取りあげられるとは!とっても大好きなミュージシャンの一人です。チューブラー・ベルズはもちろん、歌物だとありきたりですが、ムーンライトシャドウなんかも好きです。でも、一番感動したのはやはりオマドーンです!最近、オマドーン2が発売されましたが、まだ買ってません💦新作を出してくれるのはファンとしてはとてもありがたいですね。
記事とはあまり関係ないコメントになってしまいすみませんでした💦
2. Posted by ピポ子   2017年03月21日 19:36
ラモーさん!
わあ、お久し振りです!お元気そうで良かった!!
わざわざ探してくださって嬉しいです!!!
おおお、さすがラモーさん、そこに食いついて下さるとは!
いえいえ、記事と関係なくはないですので。
またこれからも遊びにいらして下さいね(*^_^*)

コメントする

名前
 
  絵文字