2016年12月21日

笑い日記 ガハハでわかる人間関係編

20161213喫茶店でひと休みしていると必ず聞こえてくるのがおばさま方の噂話や大笑い・・・聞きたいとは思わなくてもあちこちから耳に入ってきてしまう。

もともと人間の脳は人々の振る舞いを理解しようとし続けており、表情の認識を専門に担当する部位があるほどなので、これは自然な事なのかもしれないわね。

最新の研究では女性の声の調子から排卵の時期が推測出来たり、笑い声からは様々なメッセージが理解出来るというから興味深いわ…本来笑い声には同意を求める意図や心温まる友好関係が込められているけれど、バカにするような高笑いからは優位性、卑屈なクスクス笑いからは従属が含まれているそうよ。

中でも面白いのが2人同時に笑うという行為についてなの…この同時に笑うという行動はとりわけ女性同士に多く他人より友達同士に多く、この時の笑い声には人間関係に関する有益な情報が含まれているんですって。

この事実を証明すべく米国をはじめ世界各国の研究者30人による大がかりな実験が行われたのだけど、これがまた実にユニークよ…まずボランティアの大学生に笑えそうなネタを用意させ、友達同士、他人同士の2人1組で話をさせた上で同時に笑った部分を抜粋したの…その後、2人同時に笑った音声を24の文化に属する約1000人の被験者に聞かせてみたところ、どの被験者も友達同士か他人同士かをぴたりを言い当てたそうよ!!しかもお互い好意を持っているか否かまで良い当てたというからビックリね。

何故そんなことが確実にわかったのかしら??

友達も他人同士も2人が同時に笑い始めるタイミング、笑うタイミングも約1秒間で違いは無かったそう…しかし最新の音声調査によると友達同士の方が他人と比べて笑い声が低く、変化に富んでいたことがわかったの…そして実験のペアは男女、同性の組合せがあったのだけど、やはり正解率が高かったのは女性同士だということも証明されたわ。

人間の最も重要なコミュニケーションは言語だけれど、笑い声にこうした人間関係の手がかりがあろうとは・・・。笑うという行為が無意識のうちに相手をどう思っているかに繋がっていたなんて面白いわね。友人とお喋りしているとつい大声で笑ってしまうのだけれど、これは楽しいし明らかに相手に気を許して委ねているから・・・だと思うのだけど、もし違う意味を持っていたら・・・うーむ、Mr.SPOCKに聞いてみよう…あ、彼は決して笑わないか(*_*;;;;)

pipopipotv at 00:00│Comments(0) 自分探し 

コメントする

名前
 
  絵文字