2016年12月04日

ハイヒール日記 フェティシズムのメカニズム編

20161204

ハイヒールといえば、女性の象徴・・・履く側にしてみれば足長効果、女性らしさの強調という意識が高くなるけれど、男性にとっては魅力的に映るようね。

近年米大学の心理学の教授が「何故ハイヒールを履いた女性が魅力的に見えるのか」を数字で証明する研究を行ったのだけど、これが非常に興味深い。

まず12人の女性を連れてきて、動きを際立たせるべく彼女達の脚、脛、お尻に反射マーカーをつけ、下半身だけ見える様にしてウォーキングマシンに乗せたの…そして反射するポイントが見えるよう照明を当て、最初は全員バレーシューズ、その後6センチのハイヒールで歩いてもらい男女110人に評価してもらったんですって。

結果は当然の如く、男女ほぼ全員がハイヒールで歩く方が魅力的と回答したわ。

実際歩いたモデルは全員女性だったけれど、もし男性が混じっていたとしても同じ結果だったのかしら?

この問いに関しては数字が全て物語ってくれたわよ…ハイヒールは歩幅を平均1.24メートルから1.20メートルに縮め、歩き方を寄り機敏なものにする。更に腰の回転を3.06度から4.16度に増やすんですって。数値は細やかな変化に過ぎないように思われるけれど、男性にとっては難解な女性ならではの動きだそう…この細やかな動きが女性らしさを強調しより魅力的に見せるメカニズムという訳ね。

又性科学者達によれば女性の腰の回転は排卵のサイクルによって変化しており、回転が大きければ私達の脳により性的欲望の対象であると伝達されるそうよ…これでハイヒールを履くという事は自然の中に存在する刺激を更に強靱なものにするという結論に至ったわ。

ベティちゃんがハイヒールを履いて腰をフリフリする姿は可愛いけれど、これが人類の存亡に繋がると考えると何とも壮大よね…素敵なパートナーを見つけるには髪やお肌のお手入れも大事だけど、まずはヒールの似合う脚作りが先?かもね。

pipopipotv at 00:00│Comments(0) ファッション 

コメントする

名前
 
  絵文字