2016年11月26日

ダサいポスター日記2 情報か想像か?編

20161114サルマ・ハエック主演「五日物語」…オリジナルタイトルは「tale of tales」

半年ほど前程オフィシャルのポスターがリリースされた際、あまりのインパクトに何事!?と感じたのがこの作品…主演のサルマ・ハエックが何やら得体の知れない物を食している様子が強烈で、見る側の想像を掻き立ててくれたのよね。

どうやら、彼女が食べてるのは海獣の心臓らしく、一体どんなお話なの????と?が39個整列し始めたほどよ。

実際のお話は17世紀初頭に書かれた民話「ペンタメローネ:五日物語」で、なんと!あのお話だったのか!と今度は!が37個整列する始末。

でも、今回はこの面白いお話ではなく、最悪な国内版ポスターの話題を。

国内版のポスターはオリジナルと比べ、なんでこうパチンコ屋の看板になってしまうかは以前もお話したけど、この「tale of tales」に関しては酷すぎよ。オリジナルのタイトルとデザインからはかけ離れ、いかにもな構図に活字だらけのいつもの状況。

作品の神秘性もなくなりハリポタのスピンオフか・・・と言われてしまいそうな幼稚さで本来作品の持ったダークファンタジー感は微塵も感じないわ。タイトルもこれまたありがちなサブタイトル付きでダサさ上書き。

近年国内ポスターの酷さは色んな所で指摘されているけれど関係者は一向に気にしないようで、明らかに映画を知らず映画を仕事としてこなしてる感がアリアリ。直のデザイナーは指示書通りに作成してるので、彼らも不満を抱いてるのが現状。

日本の配給の言い分としては「いつ・どこで・だれが・なにを・・・」的な情報を織り込むのが宣伝と勘違いしている為仕方のない状況だけれど、人には想像力・妄想力をキッカケとした情報収集力があるのですよ。そして最近多いのが、サブタイトルでのネタバレ・・・もういい加減にしないと本当に怒りますから(`ヘ´)

因みに、この作品は今日から日本公開です…作品はとても素晴らしいのでまた後日に。

pipopipotv at 00:00│Comments(0) 映画&TV 

コメントする

名前
 
  絵文字