SING日記1 歌力場力編ゴッサム日記2 シーズン2はヴィラン達の目覚め・・・編

2016年08月03日

精神日記 本質か演じるか!?

20160702精神的な強さ・・・常日頃から考える事だけど自分は果たして強いのか、単に強いふりをして乗りきっているのか悩むところ。

社会に出れば様々な人と関わりを持ち色々な出来事に遭遇…そこで自分がどう考え行動するか冷静に判断を下せることこそ精神的に強い人だと思うのよね。

ある作家が本当に精神的に強い人とふりをしている人とでは決定的な差があると言うことで幾つかピックアップしているのだけど、これが実に興味深い。

まず「欠点」…ふりをしている人ほど自分不信を抱えており、己が一番という考えに囚われるけれど、強い人は己の欠点を認識し自分自身の向上のために時間やお金を投資する・・・人間は完璧でないから、まずは認める事から始めないといけないわね。

次に「失敗と表現」…これもふりの人は失敗を恐れ自分に備わったスキルだけで勝負し他人にどう見られているかを気にするけれど、強い人は自分の力を信じ失敗しても学ぼうという意欲が強く、他人に己の意見や信念を晒すことを気にしない・・・こうなると、正直に自分を表現する事こそが視野を広げ真の強さを備え持っていると言えるかも。

更に「感情」…ふりの人は喜びや悲しみを出さずに怒りのみだけはストレート…しかし強い人は自分の感情を認識した上で周囲に影響が出ることを考慮する事が出来る・・・感情は抑えこむよりも使い分けるという事が重要になってくるということね。

そして「成果と過程」…ふりの人ほど自分の能力を過大に目標に至るための努力を過小評価し、強い人は目標達成への準備と道程をきちんと見据え障害も対処していく・・・夏休みの宿題同様、もはや勝負ありという感じだわ。

最後は「支配と協調」…強がる人ほど他人に対して傍若無人な態度をとり人を支配下に置こうとするけれど、強い人は己の意志や感情に自然でいながら他人と協調し生産性を上げる工夫に労力を費やす・・・どの項目も、自分にも周囲の人にも思い当たる事がいっぱいよ…自分の内面は他人から見える外見に一致するわ。

まず自分の強さを身につけるためには多くのチャレンジと失敗を経験し、自然体で判断、行動出来るようになるしかない…何でもそうだけれど自然体でいるというのは年を重ねれば重ねるほど難しくなっていく気がするのよね…しかし自己防衛のための鎧は見た目ほど頑丈ではない事に気付かないと、あっという間にひと突きされて・・・!!くわばら、くわばら。あぁ~Mr.SPOCKのような冷静さが欲しい~。

pipopipotv at 00:00│Comments(0) 自分探し 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
SING日記1 歌力場力編ゴッサム日記2 シーズン2はヴィラン達の目覚め・・・編