2016年07月30日

ワンダーウーマン日記1 女神の微笑み編

20160717先日の「ジャスティスリーグ」のポスターでもしっかりとセンターを取ってるのがワンダーウーマン

数日前にその第一作目となる「ワンダーウーマン」の予告編がコミコンで公開され『すげえぇ~』と大好評なんですね。

スクリーン初登場となった「バットマン v スーパーマン」では完全に美味しいとこを持ってった感のあるガル・ガドット演じる女神はキャスティングとして完璧。

旧TVシリーズではどこか軽めのキャラクターでリメイク版でもそれを踏襲したのでサクッと打ち切られてましたしね。

でも今回のガル・ガドットは完全にキャラクターを確立させマーベルにおけるキャプテン・アメリカ的な立ち位置に既になってます…今回の舞台も第一次世界大戦下ですしね。

注目は女性監督パティ・ジェンキンス…アマゾン族の王女でゼウスの娘であるワンダーウーマンも女性だけの世界…そこに男の監督ではどうしても女性の心の機微に鈍感な部分もありますから成長するワンダーウーマンの女性的な葛藤がきっと描かれていると期待します。

パティ・ジェンキンス監督ははシャーリーズ・セロン主演の「モンスター」で有名になりまましたが、この「ワンダーウーマン」で更に飛躍して頂きたいですね。北米公開は来年の6月…女神があなたに微笑みます…フフ。

それにしても彼女の登場テーマのリズムがかっこ良すぎる…ドン ドン ドン !!


あ、忘れてました…主演男優はクリス・パイン…スタトレ艦長ですね…うす〜い存在感がワンダーウーマンをの引き立て役で素敵です。

pipopipotv at 00:00│Comments(2) 映画&TV 

この記事へのコメント

1. Posted by ソウルマン   2016年07月30日 14:12
昔、日本でもTVでやってた時見ましたよ。
その時のドラマの内容はショボくて面白いとは言えなかったけど、ミスワールド出身でもある主演のリンダカーターのナイスバディには子供ながらに興奮しましたよ。
何年か前にエイドリアンパリッキ出演でドラマがリメイクされようとしていたけどその時の衣装が嫌だなと思っていたらすぐに公開もせずに打ち切りになってやはりワンダーウーマンの実写化は難しいかと思ったら、今度のガルガドットでの映像化、なかなかいいですね。
イスラエル出身なだけあってなんか神秘的な雰囲気のある女優さんでソウルマンとしては期待してますね。
2. Posted by ピポ子   2016年07月31日 00:14
こんばんは、ソウルマン。
おっと歴代ご覧になられていたのですな。
今回は本当にドはまりではないかと確信しております。

コメントする

名前
 
  絵文字