LEGO Batman日記1 似すぎてそうろう編退屈日記 より良い関係を築くために・・・編

2016年04月15日

ピッチ・パーフェクト日記 パーフェクト・キャスティング!!編

201604072012年公開当時米で話題になって見たいと思って見逃してた「ピッチ・パーフェクト」…昨年続編となる「ピッチ・パーフェクト2」も公開されたので早速前作をご紹介しなくっちゃ。

ストーリーは予想出来てはいたものの「ブライド・メイズ」ナイト・ミュージアム」でもその存在感が際立っていたレベル・ウィルソンが出演と知れば見ないわけにはいかないわ。

個人的には鑑賞前まで「Glee」好きのティーン向け作品というイメージだったけれど王道ながらきちんとしたツボが押さえられていて広い年齢層に受け入れられる仕上がりになっていたわ…「ハンガー・ゲームズ」でも好演のエリザベス・ハンクスが、とんでる司会者を演じつつ製作に参加という点も興味深いのよね。

主役は「マイレージ・マイライフ」で生真面目なリストラ宣告人を演じたアナ・ケンドリック演じる女子大生ベッカ…DJを志し、友人も持たない一匹狼的でクールな女性だった彼女は、女性ばかりのアカペラ部に渋々入部することになってしまう。

保守的なリーダーや個性の強い部員たちとぶつかり合いながらも友情が芽生え、歌もパフォーマンスも上達していったの。やがてアカペラ全国大会の決勝を目指し、同大学の男性アカペラ部や強豪たちと対決することになり・・・といったストーリー。

とにかくキャスティングが素晴らしい…ベッカの所属するアカペラ部の仲間は良い感じの濃さ!!自ら”ファット”と名乗るレベル・ウィルソン演じるエイミーは、おいしい部分をすべてかっさらうキーマンで歌声もなかなかもものよ。次に気になったのは、声が小さすぎて聞こえないけれど歌いだしたら器用な菊地凛子に激似のリリー・・・しかも彼女は自分の双子の妹を食べて逮捕されたという過去の持ち主で、この笑えないブラックユーモアが良い味付けになっていてお見事よ。

そしていつでも保守的なリーダー、オーブリーはその顔つきや行動も見事なほど保守的(そう言えば「ヘルプ」でも同様に保守的な役でした)…しかも過度の緊張で嘔吐するという「サウスパーク」的な演出も爆笑ね。

とにもかくにも続編で彼女達がどんな事をしでかしてくれるのか楽しみき。改めてわかったのはアカペラは既存曲をどうアレンジしどう見せるかというのが個性に繋がる、という事…今回DJミックスをベースにアカペラで表現するという試みは非常に面白かったし人間の声さえあればどこでも再現出来るという強みもある・・・アカペラの奥深さ、人間の声の幅広さを改めて思い知らされたわ。

公開時に米で話題になったアナの歌だけでなく彼女お得意の『紙コップパフォーマンス』も垣間見ることが出来、俳優たるものその芸の幅の広さにはただただ驚かされるばかり…ボーカリストとしてはドキドキするタイトルだけど実に秀逸!!…更に役者陣のキャスティングもパーフェクト・・・という事で続編は後ほど!!

pipopipotv at 00:00│Comments(0) 映画&TV 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
LEGO Batman日記1 似すぎてそうろう編退屈日記 より良い関係を築くために・・・編