2016年02月27日

SPY日記1 世界をおデブに託す編

20160212

ゴールデン・グローブ賞他、権威ある賞でノミネートされた作品「SPY」…主演はあのキレ味の良いデブキャラで世界を圧倒しているメリッサ・マッカーシー…監督は「ブライドメイズ」デンジャラス・バディ」のポール・フェイグ。

きっと日本でも公開され話題になるかなと思いきや、配給会社からは完全に無視されてる状況なのでその予告編をお届けよ。物語はメリッサ演じるCIA職員スーザン…職員と言っても現場のエージェントではなく、それを本部から補佐するアナリスト…ある事件をキッカケにそんなスーザンがあろう事か武器商人の世界に潜入するハメに…世界の危機が彼女に託されてしまったのです・・・。

共演はあのジュード・ロウに「ブライドメイズ」でも強烈な嫌味の女性を演じきったローズ・バーンと、たまらないキャスティング。

どうも日本の配給会社は女性主役の作品を見下す傾向が強く、同じく「ゴーストバスターズ」女性版に関しても国内企画現場ではやる気の無さがアリアリなんですよ…ここだけの話。因みにこの作品にもメリッサはバスターズのメンバーとして登場しますから楽しみ。

それと2年前にピックアップした「エクス・マキナ」も同様に現在様々な映画賞でノミネート&受賞してるのに結局配給されませんでしたよね。よく洋画は右肩下がりと言ってる人多いですが、メリッサも含め新世代の役者や監督を紹介しないので自ら自分の首を絞めてる事にそろそろ気付いた方が良さそうです。海外の友人からも『日本って遅れてるんだね〜』と・・・。

それはさておき、この「SPY」…ポスターも007「スカイフォール」と数々のSPY映画がオマージュされていてそれだけでも早く見たいです。

pipopipotv at 00:00│Comments(0) 映画&TV 

コメントする

名前
 
  絵文字