2016年01月22日

007日記6 カジノ・ロワイヤル、飾り結びは両結び・・・編

20160108最新作「スペクター」より前の007シリーズを逆行しダニエル・クレイグ初ボンドである2006年「カジノ・ロワイヤル」を鑑賞…やはり特筆すべきは、ボンドガールにエヴァ・グリーンという最強キャスティングかしら。

ダニエルボンドガールズの中で「スカイフォール」の”M”に匹敵する存在感の強さ・・・あの大きな瞳に魅入られたら最後、ボンドもイチコロよ。

以降ボンドガールの影が薄かっただけに、あの抜きん出たエヴァの美貌と知的さは007シリーズの中で伝説となり得るわ。彼女あっての新007幕開けといっても過言では無いかも・・・。

ストーリーは殺しのライセンスを得た若き日のボンドを描いたものよ…彼は国際テロ組織の資金運用ネットワークを絶つという任務を受け調査をすすめていくうち、ル・シッフルという男に行き当たるの。ボンドの横やりで資金を回すことが出来なくなった彼はモンテネグロのカジノで得意のポーカーにより資金を増やそうと目論むのだけど、そこにボンドと財務省のヴェスパーが乗り込みゲームに挑むいう007シリーズらしいゴージャスな内容になっているわ。

あれほどポーカーフェイスで洒落者であるというボンド像が”きちんと”初々しく描かれているのも本編の魅力のひとつかしら…人を信用し、愛を信じ、仕事に一生懸命打ち込む姿は、格好よさというよりも母性をくすぐられるひたむきさを感じるわ。

カーチェイスなどのアクションやポーカー対決などエンターテインメントな見どころは幾つもあるけれど、やはり見どころはボンドの純粋な愛情ね・・・エヴァ演じるヴェスパーへの好意を抱く冒頭のやり取りから生涯忘れられない愛へと移りゆく様は切ない。

ボンドに対しクールに対応していたヴェスパー・・・そんな彼女が銃撃戦後動揺し膝を抱え服のままシャワーに打たれ、そこに彼女を気遣うボンドがそっと彼女の横に寄り添うというシーンがあるのだけど、ロマンスの要素が強いこのシリーズでは必要な演出だろうし”一般的”にも気障すぎない美しいシーンなのだろうけれど・・・彼らの状況や内面を考えると少女漫画ぽい雰囲気を感じてしまったかも。

幸い自分のダニエルボンドは「スカイフォール」が初見なので、どうしてもボンド達の内面を掘り下げて見たいと思ってしまう。そういう意味合いで、伝統的な007らしい演出はちょっと鼻につく部分があるけど、ボンドのタキシードの着こなしと肉体美、ヴェスパーの外見だけではない真のゴージャスさは圧巻!!…そして彼女の大きな瞳と知的な口元が優美に物語る感情・・・美と魅力を具現化するというのはまさにこのことかもしれないわ。

ボンドが007を辞してまで愛を貫きたいと決心させたヴェスパー・・・それは決して若気の至りでは無く、運命としか言い様が無い…最終的にボンドは彼女と最も苦しい決別をする事になってしまうけれど、それがクールな007を生んだ要因だとするとかなり切ないわ・・・最後にMが母親のようにさり気なくボンドを気遣うのが良い感じなのよね。

ヴェスパーの身につけていた愛の飾り結びは真実を突きとめるためのヒントとなるのだけど、決して片結びではなかったという事が救いかも…この恋はボンドにとって生涯忘れられ得ぬものであり、教訓であり、傷であり、安らぎなのかもしれないわね・・・ふぅ。

この後180度旋回し、あの「300:帝国の進撃」では見事残忍な女王を演じたエヴァ・グリーン…ボンドの後はギリシャの猛者を堕とした模様よ…これからも彼女から目が離せないわ!!

pipopipotv at 00:00│Comments(0) 映画&TV 

コメントする

名前
 
  絵文字