GLEAN日記 感性をくすぐる小物たち編日光浴日記 シミか寿命か・・・編

2015年08月22日

猫ハコ日記 どこでも入れます・・・編

20150811以前、猫が箱に向かって突進し入り込むというというCMが話題になったけれど、その可愛らしい姿は今でも記憶に残っているわ。うちの猫姉妹も全く同じで、特に末娘のアンドレアは箱や鞄を見れば直ぐに入り込んでしまうの。

YouTubeにもこうした猫達の箱ダイブ映像が沢山挙がっているし、何故彼らはこんな行動をとるのかしら?この疑問に対し、行動生物学者と獣医師たちがいくつかの興味深い理由を出してくれたのだけど、実際証拠を検証してみると、猫は箱が好きと言うだけでなく必要としていることがわかったわ。

まず、猫にとって箱やその他の囲われたスペースは、行動や心理に多大な影響をもたらしうるのだそうよ。オランダの猫ストレス研究者が、新しい猫グループ2組に対し一方には箱を与え、一方には取りあげるという実験を行ったの。すると箱を所有する猫の方が新しい環境に慣れ、初期のストレスが少なく人との交流に興味を示したんですって。

彼らにとって”隠れる”という行為は、環境変化とストレス要因に対処する為の行動戦略といえるようよ。これは野性猫でも家猫でも当てはまることなのだとか。猫の紛争解決戦略を立てないという気質が、この行動に繋がると言う指摘も挙がっているの。

元々猫は、他者を避けるか行動を抑えることで敵対する相手との接触を回避すると言われているわ。その為、箱は不安や敵意から逃れるための安全地帯であるという説も。しかしこれだと猫がストレスを感じてダイブするという事になってしまうので、母としては不安・・・アンドレアの姿を見ていると楽しそうだし、この点は納得しかねるわね。

そう言えばアンは体が小さかった頃、お鍋や靴の中など思いもかけない所に丸まっていたのよ。他の猫達も洗面所やボウルなど、これまた同じような密閉空間を好んでいるけれど、これにも理由が・・・。

猫が快適だと思う温度は30度から36度で、これは人間の場合より11度も高くなるの。すなわち段ボールは優れた断熱材であるから、結果猫の体温保持に繋がる、故に猫は箱を好む!と言う結論に。

世間では猫は気ままで独断的と言われているけれど、その突飛で可愛らしい行動の裏付けには紛れもない生存本能が隠されていたのね。しかしながら家では猫の快適温度を優先にしているので、今日も元気に箱ダイブするのは・・・ママへのサービスと考えて良いかしら?うふふ。

pipopipotv at 00:00│Comments(0) アンドレア 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
GLEAN日記 感性をくすぐる小物たち編日光浴日記 シミか寿命か・・・編