山口小夜子日記 永遠のファッション・アイコン編東京湾日記2 夕焼け日々是絶景編

2015年05月05日

桜庭一樹日記2 ポップとインモラルの狭間編

20150501以前六本木アカデミーヒルズで、いやに気になる本を発見。桜庭一樹著の「私の男」…タイトルから恋愛小説であろうという匂いはしたのだけど、期待通りあっけらかんとした内容ではなかったわ。

簡単に言うと、父と娘が親子という枠を超えお互いを求め慈しみ合うという禁忌的なストーリーではあるのだけど、これは彼らが"究極の血の繋がり"を欲した結果に過ぎないの。

身体的でもなく精神的でもなく、細胞レベルと言うべきか・・・これ程までに人間同士が深く繋がり合えることがあるのだろうかと、羨ましい気にさえなってくる。物語は6つのチャプターに分けられており、娘の視点、父の視点、父の元彼女の視点で描かれ、ストーリー自体が少しずつ逆行して構成されているのよ…各登場人物の心情を知る事で、より深くこの親子の心情の変化を理解することが出来るわ。

不思議な事に舞台は現代の日本のはずなのに、読み進めて行くうちに何だか現世ではない様な錯覚を覚えてしまう。9歳の時両親を事故で亡くした花は、27歳の淳悟に引き取られ、嫁ぐまでの10数年間奇妙な親子生活を送るの。実は本当に血のつながっていた2人は強い絆で結ばれ、自分たち以外に全く興味を持たなかった・・・しかし世間の"モラル"が彼らの関係を打ち壊そうと襲いかかり互いを守ろうとした親子は罪を犯してしまう。

幾つもの重い秘密をもった事で、本来ならドロドロの荒んだ状態になっても不思議ではないこの2人は、不思議なほど優雅にひっそりと、そして清々しく生きているのよ。どんな男女が訪れようとも自分たちの血に勝るはずが無い、という揺るぎない自信が自分たちの愛を貫かせている。これほどまでに人間同士が愛し合い、溶け合う事が出来るのだろうか・・・これはもはや、人類への挑戦と言っていいかもしれない。リアルであって夢物語、夢物語であってリアル・・・一種浮遊感を覚えるかも。

この不思議な小説は直木賞受賞で注目を集め2013年に遂に恐れていた映像化を果たしたわ。淳吾役に浅野忠信がキャスティングされたということでイメージ的には近いものはあれど、骨を折りその奥にある内臓まで食らわんばかりの貪るような愛情を理解し描ききれるのだろうか、という懸念は残るのよね。

この物語は決して興味本位のインモラルな恋愛ストーリーではないわ。人間としての本能を呼び起こされ試されるという事を覚悟して挑むべきね。生きるとは食らうこと・・・その一言に尽きるかも。

pipopipotv at 00:00│Comments(0) ご本 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
山口小夜子日記 永遠のファッション・アイコン編東京湾日記2 夕焼け日々是絶景編