2015年03月14日

デンジャラス・バディ日記 全員プロフェッショナル編

20150312我らがメリッサ・マッカーシー嬢とポール・フェイグ監督の「ブライズメイズ」コンビがと強力タッグを組んだ、2013年「The Heat」…邦題は「デンジャラス・バディ」よ。

主演のサンドラ・ブロックは彼女の代表作のひとつである「デンジャラス・ビューティ」同様FBI捜査官を演じており、その時のイメージを彷彿とさせるという相乗効果もあって、この邦題は実にお見事。メリッサ嬢は今回サンドラ嬢とパートナーになる市警察の女刑事を演じ、彼女自身が持つ強烈なコミカルさを前面に出しつつも、サンドラ嬢演じる真面目なエリート女性のコミカルさも引き立たせるという、コメディ女王の実力を見せつけてくれたわ。

物語は優秀で真面目一辺倒のFBI捜査官アッシュバーンが麻薬組織捜査の為にボストンにやって来るところから始まるの…そこで地元市警の暴れん坊、マリンズ刑事と共に捜査をすることになるのだけど、あまりにも対照的な2人は衝突するばかり。

当初アッシュバーンは出世の為に事件解決に打ち込んでいたけれどマリンズが自分の家族を守り、ひいては警察官としての使命を全うしようとする姿勢に打たれ次第にうち解けていくの…人とは交われずどこでもはみ出し者だった2人は唯一無二の凸凹コンビとなり、遂に麻薬組織のトップを突きとめることに成功するのだけれど・・・というお話。

「ブライズメイズ」同様さすがだなと思うのは、脇を固めるサブキャラがかなり個性的でありながら絶妙な匙加減で配置されているのよね。アッシュバーンとマリンズのメインディッシュを中心に完璧なフルコースを堪能したような満足感があるわ。

見所は、やはりアクション・・・だけではなく、まず美人のサンドラ嬢がガードル姿や鼻からピーナッツを吹き出す姿・・・だけでもなく、イケていないピン留めをマリンズに指摘されて外したり、隣の家の猫を勝手に自分の癒やしにするキャリアウーマンの孤独と可愛らしさかしら。

そしてマッカーシー嬢のまんまるなボディが自由自在に飛び回り、テロかと思うほどの毒舌のあとに愛情の毒がふとこぼれ落ちるのも見所ね。アクションコメディはすっきりと、落ち着くところに着地がセオリーだけど、その点を嫌味無く、しかも所々に小さな仕掛けを作り飽きさせることなくゴールに向かわせるのはさすが!!

俳優陣のレベルの高さは言うまでも無いけれど全編通してのテンポの良さオープニングの70年代刑事もの風の構成、特に秀逸なのは音楽の使い方ね。『Boston』に『April Wine』や『Ted Negent』に『Dee-Lite』他・・・エンディングには『Kimbra』とピックアップするアーティストもツボながら、シーンに応じて組み入れてくるこの選曲は「サッカーパンチ」に匹敵するセンスの良さ!!

しかもエンディングの頭に突如挿入されたエピローグ、通常は簡潔に締めて再びエンディングテーマに戻るパターンが多いけれど、今作はそのセオリーを見事に打ち破り、更に間延びさせないという2段構えで魅せてくれました。

作品を創るというのは脚本も役者も編集も重要ではあるけれど音の使い方ひとつで更に粋に仕上がるのだということを思い知らされたわ。それはで、エンディングのキンブラ「Come Into My Head」でも見ながらもう一度エンディングを楽しもうっと・・・。


pipopipotv at 00:00│Comments(0) 映画&TV 

コメントする

名前
 
  絵文字