2015年02月16日

三島由紀夫日記4 「禁色」の究極退廃的美学編

20150214数ある三島作品の中で最高傑作を挙げるとすれば、迷わず「禁色」と答えるわ…文庫本で580ページという大作で、昭和26年に連載されてからというもの、そのセンセーショナルな内容から文壇界では”否定的な口吻というより理解の埒外”という感想が飛び交う程の問題作品だったそうよ。

確かにこの時代にこんな作品を発表するなんてサイバー的とでもいうべきか・・・しかし時代が追いついてからというもの、今作は三島文学の金字塔的作品であるとようやく世間が認めたわ。

個人的に彼の作品に惹かれる理由は、読者に対してどこまでも挑戦的であるということ、レントゲンを通す以上に人間の内部を見ていること、そして何より想像を超越するエンタテイメントであるからなのだけど「禁色」に於いては麻薬のような中毒性があり、何度読んでも新たな発見と愉しさが湧き上がってくるから・・・やめられない!

内容は簡単に言ってしまうと、醜く老いた著名な作家、檜俊輔が絶世の美青年”悠一”を使って自分を欺いた女性に報復しようと企むのだけど、悠一が己のセクシャルに開眼してからは周囲は彼に惑わされ、俊輔自身も彼の虜になっていたことに気付くの。

老いていく自分の醜悪さに嫌気を感じつつ美を求め続ける老作家、美青年を愛するあまり子供の様な振る舞いをする元侯爵とその妻、夫の本質に気付きつつも母性で強く成長していく美青年の新妻…登場人物は誰も彼も、美しき悠一の愛情を得ようと片端になってしまった。その原因であるアドニスは徐々に自己愛に目覚め、結果的には本当の意味で自由を手に入れたわ。この作品のテーマは「老いと美への執着」であり「美が導き出す解放」なのではないかと思う。

三島作品の殆どは美に対して呪いのような執念を感じるのだけど、それは彼自身の追い求めてきた人生のテーマになぞらえているからなのかも。本編を読み進めていくと、性別に関係なく美しい人は美しい、でもそれは時間という条件がついているからこそ成立するものであり、美しさは汚れていく過程で更に研ぎ澄まされていくのだと気付かされるわ。

「禁色」に登場する女性は必ず酷な目に遭うのだけれど、最終的に自分の行くべき方向を見極められる精神的に"自立した”アマゾネスばかりなのよね。これはもしや女性に対する三島風エールなのか・・・それとも償いなのか。作者の思想をふまえた上で更に想像、いや妄想は膨らんでいくわ。

魅力的な女性陣の中で最も注目したいのは、悠一の美しさに一目惚れした元公爵夫人ね。彼女は聡明で美しいけれど、公爵家の威厳を保つために夫と共謀して美人局をしていたの。常に商品として自分を磨きポーカーフェイスを保っていたけれど、悠一に恋してからはそんな偽りの自分を保てなくなってしまったわ。やがて夫が悠一と関係を結んでいる事を知りショックを受けるけれど、裕一が窮地に立たされた際には、最も頼もしい友人として救いの手を差し伸べるという男前な一面を持ちあわせているのよ。

悠一と肉体的には結ばれずとも、精神的には最も強く結ばれた相手と言えるわ。彼女もまた悠一の美によって己を解放できたひとりなのよ。本当はひとりずつ解説していきたいところだけど、彼女ひとりとってもその背景が複雑・・・機会があればじっくりお話したいわ。ページ数が多い分、今作は特に登場人物達の心の推移が丁寧に描かれている上、複雑に絡み合って面白い。読む度にどの人物に自分をシンクロさせるかで楽しみ方が変わってくる、まるでロールプレイングゲームよ。

三島氏はキャラクターを息づかせる天才ではあるけれど、実話ベースと言って良いほどの細密な描写に全員モデルがいるのではないか、という考えは拭い去れない。今でこそ同性愛に対してオープンになってきたけれど、この時代に自身のセクシャルを露呈し、果敢に世の中に挑んだ作者の覚悟とパワーにはただただ敬服するばかり・・・。やはり作品とは己を削って生み出すものなのだと思い知らされたわ。この作品に初めて触れた初代腐女子達は、果たして何をインプットしたのかしらね・・・そして次の世代は何をアウトプットするのかしら・・・。

因みに上記の写真は海外版の表紙なのだけれど、見事に内容を表現しているのでこちらをチョイスしたわ。作品同様表紙もそれにふさわしいものを用意して欲しいものよね・・・これは禁書ではないのだから。

pipopipotv at 00:00│Comments(0) ご本 

コメントする

名前
 
  絵文字