ゼロ・セオラム日記3 世界では公開済編ミッドライフ・クライシス日記 人生の折り返し地点編

2014年12月04日

低音日記 声が低けりゃ世界制覇も夢じゃない!?編

20141204「低音の魅力」とはよくいったもので、男性の低音は落ち着いた印象を人に与えるわ…聞いていると、どこか威厳に満ちて説得力もある。

名作TVドラマ「刑事コロンボ」を演じたピーター・フォーク氏本人の声はやや高めの声だけど、吹替の小池朝雄氏の低音があまりにもしっくりきた為、日本ではオリジナルの声の方が違和感があると言われた程よ。それほどまでに低音の声というのは安心感を与えるものなのかもしれない。

ある新しい研究で、低音の声と成功の関係性について調査したところ実に面白いことがわかったの。

まず、男性のパートナーを選ぶ際にバリー・ホワイトの様な低音の声が好まれ、選挙での有権者は低音ボイスの政治家を支持するという結果に。

最新の調査では、決算報告や投資家へのプレゼンテーションにおけるCEOの声の基本周波数を調査し、彼らの企業規模や報酬、在職期間などから成功度合いを計ったの。その結果声の周波数が125.5ヘルツで報酬は370万ドル(約3億6500万円)、時価総額24億ドルの企業で年齢は56歳という中間値が算出されたわ。

より低い声を持つCEOは平均で18万7000ドル報酬が多く、経営する企業資産が4億4000万ドルも多いそうよ!あくまで研究者達は人の特徴と相関関係を調べただけで、その因果関係を示しているわけでは無いと発言しているけれど、非常に興味深い事よね。

更に女性CEOに関しての調査も気になるところ・・・ただ、名だたる500社もの会社が存在しても、女性CEOはわずか21社に過ぎず統計学上の意味を持つだけの人数が存在しないというのが現状なの。うーん、ようやく女性も台頭してきたと思えどまだまだなのね。

もしかしたら今後は、銀座のママばりに低音の女性CEOが世界の舞台を賑やかすことになるのかしら。そういえば、私も低音ボイスの持ち主・・・まずは1曲、聴いていただこうかしら?勿論、暗黒面を支配したベーダー卿には負けますが・・。

pipopipotv at 00:00│Comments(2) 自分探し 

この記事へのコメント

1. Posted by rainmans iPad   2014年12月13日 20:48
5 こんにちは。
私は声が低いのでカラオケとか歌える曲が少なく苦手です。
そんなことから自分の声にいい印象は無かったのですが、
ちょっと考えが変わりました!
嬉しいです。
2. Posted by ピポ子   2014年12月14日 12:17
rainさん!
すっかり寒くなりましたよね。
お声が低いというのは魅力的なことなんですよ。
自信をおもちになって!
カラオケはキーチェンジしちゃいましょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ゼロ・セオラム日記3 世界では公開済編ミッドライフ・クライシス日記 人生の折り返し地点編